CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
安易に精神科にかかるものじゃない
8年前、長女が家庭内暴力の頃(後からカルテを開示しパキシルSSRIによる暴力性と解りましたが)、次女は高校受験を控えていました。長女の荒れ狂う中での受験勉強は、かなりのストレスだったのでしょう。毎日、「お腹が痛いよ。頭が痛いよ。」と、訴えました。
私は、かかりつけの小児科へ連れて行きました。先生は、
「自律神経性の癲癇かも知れないので、専門医へ行ってちゃんと調べてもらってください。」
と、紹介状を書いてくれました。
自律神経性の癲癇とは、あの泡を吹いて倒れてしまう癲癇とは違います。私は、この頃都立M沢病院に通っていたので、外来の日、主治医に、
「次女が、自律神経性の癲癇のうがたいがあって、色々大変で。」
と、言いました。すると、
「それは、大変だね。えーと、M沢病院で癲癇の専門家は・・・。自律神経性の癲癇も、M沢で診れるよ。」
と、外来担当医の表を見て、探し出しました。私は、この頃になってようやくM沢を精神科自体を疑いだしていましたが、まだ薬までは疑っていませんでした。まだ、私は、ネットが出来ず、こんなに情報があるとは知りませんでした。
私は、
「M沢ですって!!冗談じゃありませんよ!!長女と私がこんなに壊され、次女まで冗談じゃない。」
と、主治医K医師は、はげ頭を光らせ、脂ぎった顔でふてぶてしく、
「あっ、そーう。M沢は、駄目・・?」
今頃、気がついたかのように言うのです。
「次女はまだ、14歳です。」
と、私が言うと、K医師は、
「ご長女だって、M沢に来たときは、14歳だったじゃないですか。」

私は、精神科医という人種が、恥らうのを反省するのを見たことがありません!!

数日後、次女を連れて「小児科」「内科」「神経内科」の看板の出ているクリニックに行きました。
精神科医ではないちゃんとした医者が診て、睡眠中の脳波もとって、
「大丈夫です。自律神経失調症でした。受験のストレスでしょう。」

この時、次女も、M沢の癲癇の専門家??とやらに渡していたら、また、なにをされていたか解りません。多分、次から次に、14歳の脳に精神薬の人体実験が始ったかもしれません。

主治医K医師の「精神科でも診られますよ。」という、こんな言葉を信じなくて、本当に良かったと思っています。
| 精神科医にプロはいない | 13:13 | comments(15) | trackbacks(0) |
精神科の誤診誤処方は陰に隠されている
最近、私のブログやホームページを読んで、誤診誤処方を抜け出すきっかけになったと、お礼のメールを頂くようになりました。
ありがとうございます。
このような声を聞きますと、今日まで4年続けてきて、良かったと思います。
精神科には、他科と違い、明るみに出されないもう一つの事実があります。
この間も、書いたように、ファースト医でうまく行った事実のみ明るみに出ます。
こういった教科書通りの方の処方は簡単です。
この方達は、実は少数です。この少数のうまく行った事例が、主流の事実と宣伝されていることがおかしいです。
精神科に行くと、病気でなくとも病気のレッテルを貼られ、
ほぼ100%精神薬を処方され、誤診誤処方の餌食になってしまいます。
ここで必要なのは、「除外診断」という事でしょうか?

それと、近いうちホームページを整理します。
医者の指示通り飲んだ処方薬で、断薬後後遺症で、
苦しんでいる方も、やはり大勢いらっしゃるようです。
おたよりやコメントをいただき、良く解りました。
私も娘もそうです。
そういう方の事例も多くの方に知っていただき、
一人でも多くの方が精神科の誤診誤治療の餌食から救われるよう願っています。
精神医療の荒廃を少しでも食い止められればと思います。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
| 精神科医にプロはいない | 17:05 | comments(11) | trackbacks(0) |
薬を売る為に病気は造られる
製薬会社は、次々と病気診断のチェックリストを造ります。
次のチェックリストをためしてください。

双極性障害自己チェックリスト

きっと、ほとんどの人が「双極性障害」か「うつ病性障害」になってしまうと思います。
それも、調子が悪い時ほど心配になって、精神科に行ってしまうでしょう。
「薬を売る為に病気は造られる」、ですね。

皆さん、騙されてはいけません。
精神科の敷居は高くあるべきです。

精神科での誤診誤治療は、日常茶判事です。
次の本を読めば、いいかげんな精神科の実情がわかります。
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎

| 精神科医にプロはいない | 22:21 | comments(14) | trackbacks(0) |
精神科医を信じてはいけない
明けまして、おめでとうございます。
今年も、宜しくお願いします。

いつも、このブログに来てくださいます皆様は、
精神医療に対して意識の高い方と思います。

精神科医にかかっている方、
「どうぞ、医者に丸投げせずお勉強してください。」
は、よく言われる言葉ですが、
言葉は悪いですが、どうぞ、裏の勉強をなさってください。
事実を見てください、事実を知ってください。
われわれの常識を覆す事実があります。
医者の言う事は正しいと思い込んでいるのが、
間違いだという事に気づきます。
精神科医は、ほとんどいいかげんです。
特に、長年症状が改善しないどころか、どんどん悪くなっている人、
精神科医を信じていると、人生を棒に振ります。
まともな精神科医は、砂の中からダイヤモンドを探すくらいの確率です。

皆さん、今年が良い年になりますよう、祈っております。

次のサイトで勉強できます。
毒舌セカンドオピニオン
NPO法人泉州精神看護研究会
精神科医の犯罪を問う
CCHR(市民の人権擁護の会日本支部)

お奨めの本です。
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
| 精神科医にプロはいない | 18:10 | comments(7) | trackbacks(0) |
「境界性人格障害」という診断に思う
「境界性人格障害」なんて病気はあるだろうか?

私に、15年間プレゼントされた病名だった。
初めは、産後欝状態だった。
保健所に相談に行ったのがきっかけで、精神医療につながった。
初めて出会った精神科医が、分析マニアだったのだろう。
分析の結果が、一過性の統合失調症の症状が出て入院し、
(医原性)境界性人格障害の名前をいただいた。
退院後は転院し、都立の巨大でおおげさな精神病院に行ってしました。
そこからが、薬漬けの地獄だった。
いったん、境界性人格障害の名前が付き薬漬けになると、
転院したいと思って紹介状を持って他の病院を回っても、追い返されることになる。
境界性人格障害は差別用語で、これだけ多量に薬を飲まないと
この患者は暴れて強暴だととられるらしい。

境界性人格障害とは、医者がやりたいほうだいやって、
悪化させた患者を入れるゴミ箱だと、私は思っている。

この間、TVで境界性人格障害の特集をやっていた。
この人たちは、精神科医にかかる前からこのような生き方だったら、
こういう人たちもいるのかな?と、思った。
私とは、全く違う。
私は、若い頃から、人に迷惑をかけること、
ましてや異性関係で問題を起こすなど一生の恥と思っている。

境界性人格障害と診断されて、薬漬けになっている方、
なら、現実にはどのようにしたら良いか。

薬歴が長いと自分で薬を急に切る事は危ないです。
かと言って、この診断書を持って他の病院を回っても、
逃げ腰になる医者ばかりです。
これは、個々に事情が違うので、無責任には言えませんが、
ただ言えるのは、もう一度良く思い出し、考えていただきたい。
精神医療につながった時の症状は、何だったのか?
薬を飲んでから、どんな症状が出て、今に至っているか?
そして、疑っていただきたいのは、
「軽度発達障害」「アスペルガー症候群」「LD」はもっていないか?
人中で、いつも違和感を感じなかったか?
違和感は離人感や疎外感に発展しやすい。
「感覚過敏」「対人過敏」は、ないか?
境界性人格障害など、めったにいないと思う。
軽度発達障害、アスペルガー症候群、これなら結構いると思う。
今の時代は、不器用なアスペルガーが生きにくい時代だ。
精神薬を飲み始めると、あっという間に10年20年が過ぎていく。

過ぎた日々は、取り戻せない。
当事者が薬を摂っていて具合が悪いなら、ご家族の方、
面倒でも当事者に代わって勉強してください。
精神科領域は、ほとんどでたらめです。

特に、若い方、どうぞ、命を人生を大切に!

ケアをひらく発達障害当事者研究-ゆっくりていねいにつながりた
ケアをひらく発達障害当事者研究-ゆっくりていねいにつながりた
医学書院
| 精神科医にプロはいない | 13:02 | comments(8) | trackbacks(0) |
患者や家族が訴えても精神科医や精神学会は無視
今日の読売新聞「医療ルネッサンス」の「これ、統合失調症?9」は最終回で、
「誤診 多くは初歩的ミス」でした。

「精神科セカンドオピニオン」の味酒心療内科、笠先生が登場しました。

・精神科の誤診が多い事
・誤診の多くは、診断基準 DSM- に症状を当てはめるだけで、
患者さんの話を聴かず病名をつける初歩的なミスである事
・診断に疑問をもち他のクリニックを回っても、診断名が変わらない事
・向精神薬は、統合失調症でない人が飲むと幻覚や妄想が出てしまう事
・患者や家族が訴えても精神科医や精神学会は無視している事

などなど、お話しくださいました。
かなり控えめな表現でしたが、公の場でここまで話された事は今までなかったと思います。
読売新聞の担当者(佐藤光展さん)は、圧力に負けずよくやってくれたと思います。

私は、統合失調症ではないのに、向精神薬をたっぷり飲まされた被害者の一人です。
断薬しても、未だに薬の後遺症に苦しんでいます。
向精神薬は麻薬以上に断薬しても、苦しみが長引くようです。
この次は、誤診の多剤併用は、精神医学の中核の問題で、
薬の副作用や後遺症がどんなにひどいものかをテーマに
書いていただきたいと訴えています。

多くの方が、読売新聞に電話や感想を寄せれば、続編も期待できます。
どうぞ、読売新聞の佐藤光展さんを応援してください。

みなさん、精神科のこの酷い事実に気づいてください。
この新聞記事の笠先生の言葉が、日本中の精神科医に届きますように。
そして、私たち親子のような犠牲者をこれ以上つくらないでください。

この連載は、医療ルネサンスの「シリーズこころ これ、統合失調症?」に1週間遅れでアップされています。今日は、10月29日から11月4日分まで載っていました。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
| 精神科医にプロはいない | 20:41 | comments(4) | trackbacks(0) |
読売新聞「医療ルネッサンス」の「これって、統合失調症?」を読んで
読売新聞の朝刊に掲載されている「医療ルネッサンス」の「シリーズこころ」で
「これって、統合失調症?」が連載されています。
10月29日(水)〜11月11日(火)(土日除き)

精神科医療の「誤診」がテーマです。
今日で、3回目ですが、静かにスタートし段々核心に迫ってきました。
これまでは、精神科医が患者の話の奥にある事実を探らずに、
表面的な症状だけで「統合失調症」と誤診するケースが書かれています。
薬を飲むと益々症状がひどくなるのに、主治医は
「薬を続けないと、もっと悪くなります。」
と、殺し文句を言います。私たち親子の場合と同じです。
自分で誤診をしておきながら、薬で出た症状は、病状が悪化した事にしてしまうのです。
一応精神科医はプロですので、プロに言われればたいていの人は、怖くて薬を止められません。
それで、深みに入ってしまうのです。
私の周りにも、これで、一生を台無しにされた方が多くいらっしゃいます。

私は、15年も精神科医の被害にあいつづけてやっと気づいたため、
今では、数分話せば、その医者の本性を見抜けるようになりました。
誠実な精神科医は、まず、メディアでは有名ではありません。
ホームページも、もって居ない方が多いです。
そういう方は、ひっそりと黙々と誤診誤治療で犠牲者になった方々を救っています。
大多数の精神科医の犯罪的治療の尻拭いをしています。
大きい病院にもいらっしゃいますが、かなり異端児扱いされています。
砂の中にダイヤモンドを探すくらいの確率です。

有名さや立派なホームページと、「誠実さ」(立派な精神科医)は反比例します。
一般的に、有名な大病院は、軽い病気でも大袈裟な治療(誤診)になります。
有名な先生ほど、メディアに顔を売るのに忙しく、だいだいロクな治療をしていません。

読売新聞には、良くぞ、書いてくれたとエールを送っています。
皆さん、読売新聞に感想を出しましょう。私は、もう3回感想を出しました。
多くの人に精神科の誤診誤治療の実態を知らせていただきたいと思っています。
この調子で、10回連載していただき、連載が終わっても、
次の連載を企画してほしいものです。

誤診誤治療に気づいていない被害者が、一人でも多く気づくことを願ってやみません。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
| 精神科医にプロはいない | 18:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
精神薬は毒でも名医が処方すれば良薬になることもある
読売新聞で「精神科セカンドオピニオン」の本を紹介を書いたら、サイクバスターさんからコメントを頂きました。
サイクバスターさん、コメントありがとうございます。
サイクバスターさんのご意見から色々考える事がありましたので、まとめて見ました。

薬は使わないに越した事はありません。
サイクバスターさんが問題にしているように、
今の精神科医は、薬の事を理解せず、多剤併用のヤブ医者ばかりです。
精神科に行けば、本当は薬が必要ない人も病名をつけられ、精神薬を飲まされてしまいます。

私の周りには、数人だけいらっしゃるのですが、
最初から少量適量な薬で、副作用もなく調子よく日常生活を送れている方がいます。
この人たちには、薬が効をなしていると思います。
こういう人たちは、どうも教科書通りの典型的な統合失調症や鬱のことが多いようです。
典型的な症状があれば、いくらヤブでも間違えようがなく、処方した薬が効きます。
いくらヤブでも、副作用も出ず快方に向かった人には、
薬を増やす理由がありません。
ですから、典型的な教科書通りの病気の方は、ラッキーで、
結果的に適用少量の薬のままで済むのだと思います。
少量適量で、快適に過ごせる方がいらっしゃいますので、
薬が全て悪いわけではないと思います。

ところが、大抵の患者は、何病と何病の間なので、教科書の応用問題になります。
したがって、ヤブには治療は無理で、的外れな薬または、的外れな薬の量を出すことになります。
薬は、一時的に効いたように見えることも多いですが、
薬が的外れだと、麻薬と同じで、次第に副作用が出だします。
それを抑えるために薬がどんどん増え、多剤併用へとつながります。
このように、ほとんどの精神科医は、誤診で間違った薬を投与し、
そのために出た副作用を更に薬でなくそうと、どんどん薬を増やす事しか知りません。
結果、多剤併用で薬害性精神病も作ってしまいます。


「精神科セカンドオピニオン」の笠先生のところに行き着いた人は、ほとんど多剤併用の犠牲者です。
多剤併用の副作用や薬害による精神病を直すには、
代替療法もありますが、効果が出るまで通常長期間かかり、効果がない人もいます。
現在、多剤併用で苦しんでいる人たちには、
原疾患(精神科に行く前にあった治したかった症状)を見極め、
正しい減薬の指導と適正な薬を処方してもらうのも、とてもよい方法と思います。
減薬は、勇気のいる事ですが、過剰な薬を飲んでいるたいていの場合、
減薬で良くなることはあっても悪くなる事はありません。
減薬後、適正適量の薬で症状が安定すれば、しばらくしてから断薬につなげる事も出来ます。
笠先生は、こういう指導をなさっています。
サイクバスターさんの危惧するように、笠先生といえども誤診はあるかもしれませんが、
カルテはネットに公開されており、公明正大です。
患者かその家族が書いているカルテなので、医者がご都合で書いたものではなく真実です。
笠先生は、患者の書いたカルテに対して、減薬(断薬)や、
最も合うと思われる薬の指導をされていいるだけです。

笠先生のような、砂の中のダイヤモンドのような名医は、日本に数人しかいません。
精神科医は、ほとんどがヤブ医者なので、精神薬は毒という事になるのです。

最初から、ダイヤモンドの先生に掛かれば、毒も良薬という事になるのでしょう。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
| 精神科医にプロはいない | 09:21 | comments(2) | trackbacks(0) |
「心の健康大切にしていますか?」展示会(かながわ県民センター)
また、CCHR(市民の人権擁護の会日本支部)主催の「心の健康大切にしていますか?」の展示会が開催されます。

青少年も、大人も薬漬けにされる!?
精神科の診断や鑑定って、いいかげんなの?
というテーマです。
展示パネルとプラズマテレビで、発達障害やうつ、統合失調症など、
子どもに対する精神科の診断や治療の実態、
向精神薬の問題点に関する情報を知ることが出来ます。
皆さま、どうぞ足をお運びください。
そして、スタッフから話を聞き、精神科治療の事実を知ってください。
多くの精神科医の治療はでたらめです。
正しい知識は、あなた(ご家族)の心と体を守ります。

9月20(土)〜23(祝日)です。(時間は予定)
9月20日(土)     15;00〜18;00
21(日)、22日(月) 11:00〜18;00
23日(祝日)     11:00〜15:00

場所: かながわ県民センター(横浜駅から徒歩5分)
住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2
電話:045-312-1121(代表)
| 精神科医にプロはいない | 20:57 | comments(3) | trackbacks(0) |
子供を精神科に連れて行ってはいけません
不登校・引きこもりなどで、安易に子供を精神科に連れて行ってはいけません。
そこには、必ず、精神薬漬けが待っています。
思春期の子供など、年齢が小さければ小さいほど、精神薬が脳に作用する影響は大きく、その後の人生が大きく狂います。
医者の言う事を鵜呑みにして、「任せておけばいい」などは、とんでもない。
精神科領域は、そのほとんどが医原病です。
精神科には、何年も何十年も通い続けている患者さんが沢山います。
精神科に通って良くなるのならいいですが、多くの方はどんどん悪くなっています。
これは、薬が効かないばかりか、副作用がどんどん増え、それを症状と勘違いし更に薬を増やすいいかげんな医者ばかりだからです。
(ほんの少数、良い精神科医もいらっしゃいますが、砂の中でダイヤモンドを探すような確率でしょう。)
今まで長い歴史の中で隠されていた精神科の中核の問題が、ネットの発達により暴かれ、本当のことがこの本「精神科セカンドオピニオン」に書かれています。

精神科に掛かる前に、是非、一読をお薦めします。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
| 精神科医にプロはいない | 23:33 | comments(6) | trackbacks(0) |
<< | 2/4PAGES | >>