CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 精神薬害の動画 | main | なぜ精神医学会は患者から学ばない?? >>
発達障害は昔なら普通の子
軽度の発達障害は、昔ならちょっと個性が強い普通の子のことです。
昔なら、こういう子を受け入れる土壌があり、障害扱いにはしませんでした。
例えば、私の母の年代のおばあちゃんが見れば、
「なに、普通の子じゃない。なにが障害なの?」
ということでしょう。
それが、現代は、人と違う事や場の空気が読めない事が、とても問題にされます。
製薬会社や精神科医が仕掛けた罠です。
こういった子どもにターゲットを絞り、必要ない病名をつくり、薬を飲ませ金儲けしています。

最近、「彼女の名はサビーヌ」という映画が上映されています。
WOMEN'S DEMOCRATIC JOURNAL femin 2009年4月5日(日曜日)の ぴーちくぱーちく VOICE に載っていたコメントが良かったので転載させていただきました。

***** WOMEN'S DEMOCRATIC JOURNAL femin から転載 *****
『彼女の名はサビーヌ』映画評について
              堀江朝子
 この映画で監督であるサビーヌの姉が訴えたのは、周囲にとって「困った患者」を拘束し、多種多量の薬を与え、残りの人生を施設に閉じ込めている入院と施設処遇への告発である。
 サビーヌが「自閉症」というのは誤りで、発達障害または自閉症スペクトラム障害が正しいと思う。思春期になり、発達障害が二次障害を呈し、精神病院に入院。そこで病人がつくられたのである。『精神科セカンドオピニオン』(シーニュ社)という本で患者と家族が告発しているのが同様の事例である。
 欧米や日本で思春期の子どもたちの15%が何らかの精神病様体験をしているとされる現代。この子どもたちが精神病院やクリニックにおいて薬でおとなしくされ、病人に仕立て上げられていく。その行く先は施設。いつ肉親が会いに来てくれるかという切ない思いを自傷にしか向けられない毎日。これを「安住の地」と表した専門家のコメント(映画配給会社のチラシ)に慄然とした。「患者や家族が直面している自閉症治療の困難さ」という「ふぇみん」の12月15日号の映画評は自閉症への誤解を増幅させる。発達障害の本人、家族の声をまず聞いてから批評して欲しいと思う。
           (東京都世田谷区)
***********************************
映画『彼女の名はサビーヌ』公式サイト
| 薬害 | 22:20 | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
昔だと「軽度の発達障害」などであれば
「個性の強い子」ということで周囲が受け入れるだけの
土壌があった感じがします。
周囲がおおらかに見守ってくれることで、
社会と接点を持つことも可能でしたよね。

今はそれだけの余裕がなかったりするのでしょうね。
(別の理由もあるような気がしていますが…)
「病気」ということで治療の対象に…。

| 年金太郎 | 2009/04/12 10:30 AM |
全般性不安障害、社会性不安障害、人格障害なども
すべて病気にしちゃうのもおかしいですね。
あれは普通の人でもチェックリストに入る人も多いかと思います。
また近隣被害など、人に迷惑かけて平気で居る人の方が
病名はつけられないものの問題だと思います。
産業カウンセラー、心理療法士、精神福祉士、肩書きは立派ですが、精神科医に患者を導く為の受け皿的存在ではないかと考えています。
そして、カウンセラーなどで、この病気が治るとは思えない事。
認知行動療法など各種療法があるけど、人の考え方を変えて
治して行くというものですが、人の性格や考え方など変えられるものでもないし、薬物中心から効果が見られないために
カウンセラーに医療の丸投げをしていると思うのです。
効果があるというなら、やはり数字で実績を示してもらわないと納得出来ないですね。
SSRIだって「新薬だから副作用が少ない」これも、こぞって
多くの患者に使い、多くの被害者を出しました。
薬による激越、攻撃性、暴力なども今になって、やっと報道される程度です。
精神医療は未だに患者を拘束したり、入院中に謎の死があったり、薬を飲んで凶悪犯罪があったり、謎のなかに包まれたままです。

| さゆ | 2009/04/12 11:16 AM |
>年金太郎さん
おひさしぶりです。
昔は、軽度の発達障害でも受け入れる土壌がありましtね。
昭和の時代には、淀川長治さん、渥美清さん、岡本太郎さん・・・こういう個性的な方が活躍されました。
今なら、アスペルガーと診断されるかもしれませんね。

>さゆさん
こういったチェックリストは、善良で真面目な人が引っかかるようつくってありますね。
本来は、悪い人・迷惑をかける人のチェックリストを造るべきですね。こういう人たちは、製薬会社・精神科医と同類なので、手口がわかり、引っかからないのですね。
| 仮福真琴 | 2009/04/12 7:51 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/955850
トラックバック