CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 3月20日に「青少年の命と健康を守ろう」デモ行進とパネル展示会 | main | 発達障害は昔なら普通の子 >>
精神薬害の動画
匿名の方からお便りを頂きました。
You Tube に、精神薬の薬害の動画がいっぱい投稿されているのを教えていただきました。
例えば、次の動画があります。

精神医療のCMその1
精神医療のCMその2
精神医療のCMその3
Weeds: 抗うつ剤
双極性障害の治療薬で4歳児が死亡 その1
双極性障害の治療薬で4歳児が死亡 その2(続き)
閉鎖病棟 薬物依存との戦い
オーバードーズ
SIRA: Dangers of Sleeping Pills

皆さん、精神医学の隠されている裏の事実を知ってくださいね。
| 薬害 | 21:54 | comments(7) | trackbacks(0) |
コメント
はじめまして。
精神安定剤の害について調べていたら
こちらにたどり着きました。

貴重な情報をありがとうございました。
とても勉強になりました。

仮福さんのHPやブログを 私のブログで
紹介させていただきたいのですがー。
よろしく御願いいたします。


| Sofia | 2009/04/06 11:25 PM |
お世話になっています。

改めて薬って怖いですね。

是非私のブログでも紹介させて下さい。
| さゆ | 2009/04/07 10:43 AM |
酷い、許せないです。
息子は慢性疲労で起きていられないと思っていたら薬による副作用で食事の時間以外は寝ている状態でした。

ただ辛うじて生きている。
まだ死んでいない。

今は起きていられる状態になりましたが、これでは働くことも出来ない。

少し良くなってくると将来の事が...
こんな廃人にされ悔しいです。

パワハラ、仕事の過労からですから今だったら労災になるのでしょうね。

労働基準監督署の担当の対応が酷かったです。
藁にもすがる気持で電話しているのに笑って相手にされませんでした。

今も薬の副作用で多くの人が苦しんでいるのでしょうね。ひとりでも多くの人に見て欲しいです。

真琴さんありがとう”
| は〜ぶ | 2009/04/07 2:29 PM |
>Sofia さん
はじめまして。ようこそ。
Sofia さんは、産業カウンセラーになられたのですね。
産業カウンセラーから精神科を紹介され、薬漬けになってしまう人も、多くいらっしゃいます。
事実を知って、正しいカウンセリング、お願いしますね。
どうぞ、ブログで紹介してください。
これからも、よろしくおねがいします。

>さゆさん
こちらこそ、いつもお世話になります。
どうぞ、おつかいください。

>は〜ぶ さん
うちの娘も、薬の後遺症で拗れ、働けるかどうかは、はるか遠くです。悪い薬を抜いて、ゆっくり、回復していくしかありませんね。
今まで隠されていた、精神科領域の事実、ネットのお蔭で見えてきました。多くの方に、知っていただきたいです。


| 仮福真琴 | 2009/04/07 7:32 PM |
人を助けたいという思いで
産業カウンセラーになられること
大変すばらしいと私は思うのですが

その中の体制で見られるものは非常に興味深いものです。

実際には、"精神医学"というものの強力な呪縛によって
次のような仕組みが出来上がっています。

臨床心理士や精神保健福祉士に対して
「○%の人は精神病だからなるべく早く治療するために
 専門医に見せましょう」
「あるチェックリストに当てはまる人は障害なので
 治療するために専門科医に見せましょう。」
という情報が徹底的に与えられているので

カウンセリングがうまくいかなかった場合や
重度の悩みがある場合は
精神科につれていくという流れが作られます。
もちろん、何が重度の悩みなのかの定義は主観で変わります


そうすると、覚醒剤と類似した物質が与えられ
患者は短期的には、少し元気になったように見え...る場合がありますが
その後、薬物依存、副作用によって、どんどんだめになっていく、
という仕組み。

その時には、患者は薬依存になっているために精神科医には逆らえず
クリニックから逃れる事もできず、
そもそもが自分が不調に陥っている事すら認識できなくなってきます。

元のカウンセラーは医師に紹介したために責任をとる必要も
ないと思い込めます。

患者は、覚醒剤依存による気分の変調で起きている事が
"精神病が悪化した"と、思い込ませられていたりします。

このような裏舞台を知った上で、
産業カウンセラーとしてできる人助けは
非常にたくさんあると思いますので
がんばっていただきたいです。

産業カウンセラーや介護士さんセラピストさんから
精神医療のひどさには、あきれ、そして怒る声をきいた
ことがあります。

産業カウンセラーとして、精神医学の営業マンのようにならないために
お気を付けください。

| satoshi | 2009/04/10 11:38 AM |
To satoshiさん

これは 私に対してのご忠告ですよね?
ありがとうございます。
とてもありがたい意見だと心から思います。

実は 私の周りにもたくさん、
この安定剤を飲んでいる人がいるのですが、私から見ると
飲み続けることよって、かえって
病気をひどくしているように見えるのです。
それでいろいろ調べていたらこちらにたどり着きました。

ただこちらは仮福さんの場所なので
また私のところで、私の感じていることを書きたいと思います。

ありがとうございました。
そして 仮福さん 失礼しました。<m(__)m>

| sofia | 2009/04/11 1:44 AM |
>satoshi さん、sofia さん
私も、satoshi さんのおっしゃること、その通りだと思います。
このような事実が書かれている本が、「精神科セカンドオピニオン」(シーニュ社)です。
是非、一読をお奨めします。
どうぞ、また、いらしてください。
| 仮福真琴 | 2009/04/11 10:15 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/951664
トラックバック