CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 安易に精神科にかかるものじゃない | main | 精神薬に蝕まれた脳 >>
NHK「うつ病治療 常識が変わる」再々放送(本日深夜)
2月22日 21:00から放送されたNHKスペシャル「うつ病治療 常識が変わる」が25日の午前1時05分〜2時18分(24日深夜)に再放送されました。

あまりの反響の物凄さに、NHKは再々放送することを決断したそうです。

再々放送の予定は下記の通りです。見逃された方は是非ご覧になってください。
NHK総合は、本日(4日深夜)です。
2009年3月5日(木) 午前0時45分〜1時58分(4日深夜)総合
2009年3月7日(土) 午後1時30分〜 BS2 あなたのアンコールサタデー内

私から見れば、内容は物足りないものでしたが、まだまだ、世間では精神科の実態が知られていません。
精神科の診断のばらつきや、多剤で状態が悪化する事などはわかりますので、
精神科に通っていても良くならず、処方に疑問を持っている方は、是非ご覧ください。

そして、ご覧になられた感想やご自身の体験などを是非NHKに送ってあげてください。
続編に繋がるかもしれません。
NHKスペシャル用感想・お問い合わせ
| - | 17:00 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
歯の噛み合わせを直すことによりADHDを治した木村ヒロシと申します。ほんの少し歯の高さを変えるだけで、悩んでいた腰痛や膝の疲れ、姿勢の改善(曲がった膝が開いてきた!)目眩、睡眠不足、だるさなど身体が改善された他、頭のほうも、1:集中力欠如2:物事の処理3:考えずいきなり行動する
4:他人と上手く会話ができない等々のADHD症状が消えていき、今では会社で機械加工機のオペレーターを一人で任されています。噛み合わせと精神や身体の関係を調べると、歯や顎によって頭蓋骨の収縮・膨脹の不調により、脳の動きが制限され、精神、神経、骨格、内臓も影響を受けるということでした。残念なことに、この医学はまだまだ一般には浸透してません。なので大概の人は大袈裟な手術をしたり、症状を一時的に緩和する薬物療法をダラダラ続けているのが現状です。身体や育児に悩む人々にそれを伝えてあげたいのです。
とてもメールでは書ききれません。

| 木村ヒロシ | 2009/03/12 10:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/914236
トラックバック