CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< うつ病治療 常識が変わる(NHK 本日2月22日(日) 午後9時) | main | 安易に精神科にかかるものじゃない >>
NHK「うつ病治療 常識が変わる」に、がっかり
2月22日(日) 午後9時に、NHK「うつ病治療 常識が変わる」が放送されました。
精神科の誤診誤治療の本質に迫るのかと期待していましたが、がっかりしました。

がっかりした理由は、精神科の一番大きな問題「除外診断」には、全く触れられなかった事です。
安静は必要でも、薬は不必要という方も多いでしょう。
それでも、精神科に行くと、必ず薬を処方されます。
薬には副作用があり、薬が不要な方が飲むと、今度は副作用の地獄になります。
薬を止めて、元に戻れば良いのですが、多剤併用を長い間続けると、薬を止めても、とてもしつこい後遺症が残ります。
このことは、ほとんどの精神科医は知りません。
精神薬は、麻薬と同じ成分でとても危険な劇薬です。
私たち被害者で心や身体の異変が薬の性だと気づいた方だけしか知らないことが、とても大きな問題です。
このような被害者を出さない為にも、精神科には、「あなたには、薬は要りません」という診断もしていただきたいものです。

少しは、前進したのは、次のことを言った事です。
・誤診誤治療をする医者も多い。
・多剤併用は、良くない。薬は1種類単剤であるべき。
・薬が多すぎる場合は減らして、元もとの症状を見極めて新しい薬を出す。
番組の結論は、やはり薬でした。
「薬の種類や量が適正でなければ、合う薬を適量飲めば、回復します。」
というのが、番組の主張だったと思います。
これで、番組で紹介したような良くった人もいらっしゃるでしょうが、回復しない方も多いでしょう。
もともと薬が不必要な方も多くいらっしゃいます。
番組では、精神科に通って良くなった方の割合などの本当のデータを調べ紹介してほしいものです。
出演していた精神科医は、かつてSSRIを夢の薬と宣伝していた張本人らしいです。
不必要な方にSSRIを出すケースがふえ、誤診誤治療がネットで騒がれるようになり、
きっと、誤診誤治療のことを抑えきれなくなったのでしょう。
この番組は、「誤診誤治療も、薬を変えれば直る」と宣伝する為の製薬会社や医者の宣伝に利用されたのではないでしょうか?
こうやって薬を正当化し、精神科医は、まだまだ薬を出し続けるのです。

医者側からみた番組ではなく、患者側からみた番組の方が真実が現れるのではないでしょうか?
次には、被害者の目から見た番組を期待しています。

まだまだ、夜明けは遠いと思いました。
| 薬害 | 13:51 | comments(13) | trackbacks(0) |
コメント
精神薬の影響で一方的に話すというだけの理由で躁うつ病とされているのを見て、結局躁うつ病というのは薬に反応する対応で診断が下されてきているんだな思いました。薬を飲まなくてもよく話す人と話さない人がいますがそういった行動の差を見て精神疾患に認定してきた医師が多いと思います。躁うつ病にしようされるリチウムは甲状腺に影響を与えます。リチウムを使うのは甲状腺の働きを落として甲状腺低下症の症状を作っているのではないかと思われます。断薬して
2年したときに検査をしました。カルシウムが正常いかでしたが医者は大丈夫だといいました。全身にでてきた症状からはんか垂体機能低下症、甲状腺機能低下症、と同じような症状です。
野口先生は単剤を行っていましたがSSRIがいいということを暗に示しているように思いました。
| 橋本みゆき | 2009/02/25 5:18 PM |
>橋本みゆきさん
抗うつ薬で躁転したのを見て、躁鬱と診断する。
私も、これで一度躁鬱と言われたことがあります。
病院を5箇所変えたら、診断が全て違いました。
それだけ、この領域はいいかげんなところということですね。
| 仮福真琴 | 2009/02/25 7:17 PM |
精神科医と名乗る生き物の主観的判断で
病名が決まってしまうというのも…。
除外診断のことには触れていませんでしたね。
精神科医の行いが明らかになってしまうので
除外診断は触れることができないでしょうね…。
| 年金太郎(うらちゃむ) | 2009/02/25 7:59 PM |
私も、がっかりしました。
と言うのは何ら「治る」道筋がなかったからです。
夢の特効薬としてSSRIが使われて早10年になりますか?
それについては明確な回答もなく患者を馬鹿にしていると思います。
また、病状なども解りもしないで誤診されるのは当然です。たった5〜6分の目の前の患者の中からどんな情報が得られるのでしょうか、普段の生活の中で患者をみないと
解らないと思います、往診してはじめて診察料が得られるのではないでしょうか、医療器具も何もなく、机一つに精神科医一人で出来るコストがかからない分、手をかけないといけない分野ですよね。
テレビの最後の頃に製薬会社社員が顔を隠していってましたね、他科の医者がコストのかからない精神科をやりたいから
宜しくと言われていると..。
「さもしい」医者が実に多いですね。
最近は、医者を見ると「金の亡者」に見えて来ます(笑)
ホント、夜明けはまだですね〜
| さゆ | 2009/02/25 8:20 PM |
僕は「復職のためのデイケア」をしている、
「某クリニック」の宣伝にも見えました・・・

たとえ「復職のためのデイケア」であっても、
患者さんの普段の生活は見えていないですし、
(職業生活のシュミレーションのごく一部)
そもそも「協調性」を医療側が押し付ることは、
果たして「治療的行為」なのでしょうか??
「個性」という捉え方は出来ないのでしょうか??

職業面からだけのアプローチだけでなく、
その他の生活面でのアプローチが無ければ、
患者さんのよい生活は成り立たないのでは??
そんな風に感じた今回の番組でした・・・
| Shimachin. | 2009/02/25 9:24 PM |
精神科で除外診断したくても彼らは各科を網羅していないのでできないと思います。
「医者も知らない甲状腺異常症候群」O・B・バーンズ著
中央アート出版社
幻聴や幻覚は統合失調ということになっているが甲状腺機能低下症の初期のときに幻聴、幻覚が起きるとあります。
20世紀の初頭、甲状腺機能低下症に最初、粘液水腫とつけられたそうです。患者は考えや反応が遅く、記憶能力も低下し、半数のものは幻覚などを持っていたり、狂気そのものだったりする。そして神経質やいらいらが共通した特徴だった。しばしば最初に現れる症状は、倦怠あるいは理由のわからないけだるさで、それ以外は、何の努力もなしにやれていた日常的な仕事がうんざりするものに感じられてくるという。そしてしばしば寒さに対する過敏症が、その後に続いてくる。マーレイ博士は病気の初期には幻聴、幻覚が起きるという。いらいらも共通の特徴がある。多くの患者が他人との接触を持ちたがらず、自分の中に引きこもりたがる。早めに治療を始めないと偏執狂、ゆううつ症、痴呆症などに発展してしまう可能性がある。
バーンズ博士は幻聴をよくきいていた少女を検査したら甲状腺機能の低下がわかったので甲状腺療法をしたら幻聴が消えたとあります。
また、甲状腺機能低下症の患者を
 彼女はパジャマに厚いバスローブをまとい、さらに厚い毛布にくるまっているのに、私の目の前で寒いといって震えていた。この女性は食欲もなく、体重も減り、不眠になっていて、眼に炎症を起こし、神経質になり、記憶力も低下、思考もまとまらなくなっていた。また声もしゃがれ声だった。人ごみを怖がっていて家から出ようとしない、料理もできなくなっていたが、それは自分が何の材料を加えたかを覚えていられないから。
甲状腺治療をしたら数ヶ月のうちにすべての症状ががきえ、人ごみを怖がる恐怖もなくなった。
と書かれています。
幻覚幻聴の原因に甲状腺機能低下症を上げているものはなくやはり多くの人に知ってもらいたい。軽い甲状腺低下では検査で正常範囲ということにもなりうるが、甲状腺の異常を考えたほうが良いと思う。

躁鬱病の躁病は甲状腺亢進症によく見られ、リチウムで効いたというのはリチウムが甲状腺を低下させる働きがあるため
はないかと思う。
精神科が精神症状や身体症状を起こす原因をきちんと分析し研究しないために本来の原因となっている疾患を見落とし、精神疾患とひとくくりする診断しかできないと思う。

| 橋本みゆき | 2009/02/26 2:41 PM |
精神科と通常の医療行為には大きな隔たりがあって、
精神科では『身体症状を起こす原因をきちんと分析し研究しない』
ように組み立て上げられた学問です。

だから彼らに何を望んでも無理。

精神的異常な状態に陥った場合は、本当によく身体の状態を
分析的にみる必要があります。
そしてそれは精神科以外の医師にしっかり見てもらうべきです。

そのようなアプローチのできる医師はすでに
精神医学を捨て、分子整合精神医学という別学問を立ち上げているようです

既存の精神医学の内情を知れば何も改善できない業界だってことを
よく知れると思いますし、中にいる人でもある程度わかっていますよ。

それでも辞めたりはしないのですから変わった方々です。

| satoshi | 2009/02/27 10:29 AM |
真琴様
NHKを見てもあまりにもばかばかしく幼稚な診断を鵜呑みにした自分の馬鹿さかげんに恥ずかしさを感じます。
真琴様、断薬した時、熱っぽい症状が出始めてから1月で体重が12キロ減っています。その後、寒さを感じたのですが。甲状腺ホルモンが関与しないと急激にやせるのは難しいでしょう。精神薬が脳下垂体の働きのバランスをくづす原因になっていますので、1度アンチエイジングのホルモンドックでホルモンの状態を調べたほうがいいと思います。普通の病院だと病的に下がらない限り正常とみなされるので。
甲状腺ホルモンや成長ホルモンの分泌が少ないと筋力の低下や難聴をひきおこします。都会にはアンチエイジングの病院が多いので調べやすいと思います。
| 橋本みゆき | 2009/02/27 12:04 PM |
>年金太郎(うらちゃむ)さん
精神科医は、自分の主観で、とにかく薬を出し、金儲けする生物ですね。

>さゆさん
そうですね。昔は、精神科医はプチ公とバカにされていたそうですが、今は簡単に金儲けできるので、能力のない医者がこぞって、やりたがるのですね。

>Shimachin.さん
患者さんの本当に困っている事は、診察室やディケアでは、わかりませんよね。それを見抜いて治療できるのが、本当の名医ですね。(そんな人は日本に数人しかいませんが・・・)

>satoshiさん
精神科医は、能力のない人が多いので、精神科医を止められないのでしょう。医者と名乗る以上は、他科の勉強が必要ですよね。

>橋本みゆきさん
甲状腺ホルモンですか?
私は、ある精神科では、この検査をしました。異常はありませんでした。検査をするだけでも、少しはまともな病院だったのでしょうか?それとも、金儲け主義だったので、色々な検査をしたのかどうかはわかりません。
別の信頼できる精神科ではない病院で、ホルモンの検査をしてみようかと思います。色々ご心配いただき、ありがとうございます。
| 仮福真琴 | 2009/02/27 1:57 PM |
わたしも検査をしてやったのですが大丈夫と言われました。極度の低下がないと正常ということになり、軽度や中程度の機能の低下は見過ごされるようです。甲状腺ホルモンのものさしになるのが体温で、わきの下の体温で36.5度〜36・8度が正常な範囲のようです。体温が低くなるのは脳下垂体や副腎の働きの低下などもあります。
なぜ検査しても正常になるかというと極端な症状のクレチン病と粘液水腫がおきているい以外は甲状腺の機能の低下なんて存在しないという誤った考えがあるようです。甲状腺機能低下の軽度な症例や典型的な症例はほとんど文献に書かれて来なかった。軽度ないしは仮面の下に隠れた甲状腺機能低下症は粘液水腫やクレチン病とまったく違ったものとあります。
アンチエイジングのホルモン検査だと広範囲なホルモンを調べるので病気とまではいかなくても低下の状況がわかると思います。筋肉の痛みや疲労はDHEAのレベルト関係し、低いと繊維性筋痛症と関連があるようです。
ヨーロッパではスイスをはじめヨードの少ない土地柄であり、ホルモンの働きなども最近の研究であり、そんなことが躁うつ病とか統合失調とか空想の精神疾患を作っていったのではないかなと思います。
| 橋本みゆき | 2009/02/27 5:40 PM |
精神科ではよくリチウムを処方します。リチウムは重金属なのでリチウム中毒を引き起こすために血液検査を行ってリチウムの濃度をあげないようにしています。リチウムは基本的に甲状腺ホルモンの合成を阻害する働きをします。また、甲状腺機能低下症を起こします。リチウムを呑んでいると甲状腺の働きが落ちると思います。病気だと診断される場合、症状として重いし、少ないようです。私も1番ひどい状態のとき検査すればよかったのでしょうが、その時はホルモンの異常の可能性があるとは知らなかったし、自分で病院に行けるようになったときには正常範囲でした。甲状腺ホルモンを低下させて良くなったというのは甲状腺亢進症しか当てはまらないでしょう。薬を服用してからまぶたがむくんだり眉毛が薄くなったり、毛が細くなったの甲状腺ホルモンが低下させられたせいです。断薬後むくみや夏気温が33度まで上がらないと暑く感じませんでした。
娘さんにはリチウムは処方されていなかったのですか。
| 橋本みゆき | 2009/02/27 7:58 PM |
甲状腺ホルモンが低下するとムコ多糖体ができ、水分を取り込み、皮下にたまりむくみを起こし、臓器の働きの低下や便秘、難聴も引き起こすそうです。
知れば知るほどこんな健康を損ねるひどい薬を飲まされていたのかと思います。
| 橋本みゆき | 2009/02/27 8:27 PM |
ご心配ありがとうございます。
私は、今都心のしっかりした内科に通いだしました。
血液検査もしましたので、今度行った時に、甲状腺ホルモンのこともよく聞いてみます。
私もリチウムは、朝昼晩と何mgか17年間飲みました。
便秘は勿論の事、難聴にもなったことがあります。
私は、もともと暑さには弱いですが、薬を摂ってからも暑さは敏感に感じていました。
私も、すこし甲状腺ホルモンについて勉強してみますね。
| 仮福真琴 | 2009/02/27 9:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/906712
トラックバック