CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 精神薬の断薬後症状(後遺症)その8 | main | 哀れなチンパンジー(精神安定剤の犠牲に) >>
精神薬の断薬後症状(後遺症)その9
今日も、橋本みゆきさんのコメントを紹介します。
これで、橋本さんのコメントのシリーズは一段落です。


昔はうつ病なんていう病気などなかった。薬を売るために病気を作ったというのは本当ですよね。
他の薬剤であれば薬の飲みすぎで黄疸が出てもすぐ治りますが、薬を飲まされ頭が痴呆にされていて、治らない。
こんな毒性の強い薬を黙って飲まされていたかと思うととても悔しい。目が見えないのは不自由だが、頭がうまく動かないのもこれほど不自由とは思わなかった。
| 橋本みゆき | 2009/02/08 8:59 PM |


こんばんは。
本当ですよね。
私も悔しい限りです。
いずれ、ホームページは整理し、橋本様のコメントを出させていただきたいと思いますが、
昨日、YさんとYさんの友人に、このコメントの事をお知らせしました。
知り合いの報道関係の方にもお知らせしました。
私が14種類の多剤併用の頃、アナフラニール一粒を床に落としたことがありました。
その時、うちの犬(ミニチュアダックス)が、食べてしまいました。
その後、うちの犬は1日半眠り続け、起きると水をがぶがぶ飲み、フラフラしていました。
それ以来、薬を落としても見向きもしなくなりました。
犬には、本能的に「毒」と、わかったようです。
多剤で出され、徐々に増やされ、リチウムを入れられ、副作用止めを打たれたりすると、
犬のような本能が鈍るのだと思います。
ある方に伺ったのですが、
薬剤が結晶として体内に残留するというのは本当で、特に、血管周辺の脂肪質や神経細胞内におけるニューロンとニューロンの間の脂肪質部分には相当蓄積するそうです。これは覚せい剤やLSDなどでも同じことがおこり、フラッシュバックはこの蓄積した薬物が再反応を起こすことにより、更に増幅されて起きているそうです。
私も、フラッシュバック以外頭があまり働かず、以前から夫が不甲斐ないという所だけ、良く働いています。
思考もまとめる事が出来ず、ほんとうに不自由でもどかしい毎日です。
| 仮福真琴 | 2009/02/08 11:32 PM |


精神薬が薬物乱用より重い症状が起こることは飲んだ人でないとわからないと思います。ごみの分別が行われた時、分別の仕方が理解できず、苦労しました。
私たちは製薬会社の巧妙に仕組んだ薬物中毒で苦しんでいるわけです。
| 橋本みゆき | 2009/02/09 4:32 PM |


>橋本みゆきさん
本当ですね。
私も、いまだにごみの分別はできません。
いつのまにかこうなりましたが、洗濯物を取り込んで畳んで家族の分を分けるのが、
頭の中では解っているのに、手がぐちゃぐちゃになって分けられないのです。
| 仮福真琴 | 2009/02/09 10:08 PM |


夫は早く死にたいといっている。いい加減な精神科医によって体や生活や人生はめちゃくちゃになった。
投薬による体の悪化から実際に精神疾患になったと思い込んでいた。
同じ医師にかかっても悪化し家事ができなくなり離婚話が出され、通院をやめた人は回復している。強い薬が出されたことが幸いとなっている場合もある。頭の中がもやがかかっている状態だったといっていた。
| 橋本みゆき | 2009/02/12 11:08 AM |

>橋本みゆき様
そうですね。医者の言いなりになるとろくな事はありませんね。
副作用を精神疾患が悪化した事にしてしまうのですから・・・
| 仮福真琴 | 2009/02/12 5:16 PM |


この橋本様のシリーズをお読みいただいた皆様!!
どのように思われたでしょうか?

目覚めよ!!精神科医療!!!
このままでいいはずがない!!!

| 薬害 | 21:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
断薬したときに、頭痛、食欲不振、吐気と筋肉の痛みがあらわれたが、激しい痛みの後、尿が真っ赤だった。あれは横紋筋融解症だったのではないかと思われます。呼吸が苦しいとか物がのみこめないとか筋肉が痛み、筋肉に力が入らない。
薬を服用している時疲労感や筋力の低下を感じていましたが
薬によって横紋筋に異常をきたしていたのではないかと思います。横紋筋融解症を検索すると引き起こす薬は抗不安薬、
リチウム等かなり向精神薬の名前が連なっています。

私のような不幸な人間は毎日作られているのでしょうね。
福田実さんは裁判を引き起こしましたが、精神薬の場合それがうつ病の症状、躁うつ病の症状、統合失調の症状といわれ薬に問題があるという証明ができないと思います。裁判官が同様の薬を飲まない限り証明が難しいと思うのです。
薬を飲まして依存や心身の異常を起こし、薬を減薬して治ったとしているに過ぎないと思います。
減薬するところはまだ良心的で一生飲まないといけないと信じている医師もいます。
| 橋本みゆき | 2009/02/18 3:44 PM |
>橋本みゆきさん

>断薬したときに、頭痛、食欲不振、吐気と筋肉の痛みがあらわれた

私もなのですが、頭痛と神経過敏と「肩こり」と思っていましたが、
「筋肉の引きつ」れと言ったほうがいいのかもしれません。
これらは、断薬して5年経ちますが、今もあります。
断薬後、体重が3ヶ月くらいで15kgくらい痩せましたが、
その時から、横隔膜が午後になると膨らんできます。
今も、ワイヤーのあるブラ、つけられません。
横隔膜が膨らみだすと、背筋が引きつれるような感じで痛みを感じます。
足は、ずっと筋肉がこわばっています。
私は、苦手なタイプの方(厚顔無恥ズケズケ物を言う方)にあうと、フラッシュバックが起こり、
一気に首筋や横隔膜、全部筋肉が引きつるようです。
私も、一時期、麺類しか食べられませんでしたが、
物が飲み込みづらいのは、今もあります。
特に、神経過敏になると、ますます飲み込みづらくなります。

これらの症状で、随分大学病院、内科、整形外科、
婦人科を受診しましたが、病名はつきませんでした。
1年ちょっと前、急に吐き気と目眩で何も食べられなくなり、
総合病院で血液検査をしましたら、肝臓の値がかなり悪かったです。
値が悪いので1週間後に追加検査しましたが、正常に戻りました。
原因は、わかりませんでしたが、断薬と関係あるかもしれません。

>横紋筋融解症

初めて伺いました。私も、これだったような気がします。
断薬のとき、私も尿が濃いなと、ちょっと気にはなりました。
その年の、人間ドックでは、特に引っかかりませんでした。
毎年人間ドックに行き、今年も時期が迫っているのですが、
相談してみようかと思います。
| 仮福真琴 | 2009/02/18 8:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/898936
トラックバック