CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 精神薬の断薬後症状(後遺症)その2 | main | 精神薬の断薬後症状(後遺症)その4 >>
精神薬の断薬後症状(後遺症)その3
今日も、橋本みゆきさんのコメントを紹介します。


茨城で医療ミスから自殺に追い込まれた方がいます。
病院の前で焼身自殺をしました。
私や家族の人生が医師や製薬会社のわずかな利益のために
崩壊されたことにどこに怒りを出したらいいのか。
苦悩と戦う日々です。
| 橋本みゆき | 2009/01/22 4:40 PM |


>橋本みゆき 様

貴重なご自身の経過を詳しく書いていただき、ありがとうございます。
私と同じ様に、断薬後の症状で苦しまれた事、良く解りました。
とても、貴重な内容なので、コメント欄に埋もれさせるのは、とても惜しい気がします。
もしよろしかったら、この文章をブログでご紹介しても、よろしいでしょうか?一人でも多くの方に、精神薬がどんなに恐ろしいものか、お知らせできればと思っております。

それと、私宛にメール連絡できるようにしました。
このブログの右上の方に「連絡メール」の項目を作りましたので、「仮福真琴に連絡」の文字をクリックしていただければ、連絡フォームが開きます。ご連絡して頂ければ、嬉しいです。

| 仮福真琴 | 2009/01/22 5:43 PM |


返信ありがとうございます
「精神科医の犯罪を問う」のブログの管理人Yさんから
真琴様のことをうかがっていました。
メールをして連絡をしたいのですが、メールで主人の逆鱗に触れ、使えない状態なんです。
ここに書かれたことは本当です。ブログに転載したりできるだけ多くの人に知っていただきたいと思います。以前Yさんにいわれレポートを書きましたが完璧にかいてはいません。
実際にはもっとたくさんの症状がありました。
筋肉の異常は胃腸だけでなく心臓や横隔膜やのどにあらわれ、水を飲むのもできにくくなり痛みがともないました。
4年ぐらいご飯を食べてものどに詰まることがありました。飲み込めないというかのどで移動しないというか。

断薬のときに体温が下がり、夏だというのに電気毛布に包まっていました。
真琴様は頭痛が残っているとのことでしたが、私は金具で頭を締め付けるような痛みで何年も苦しみました。
私が声を大にして薬害といえるのは全く病気だといえるものがなかったからです。

真琴様のブログで自分だけでないのかと思いました。
精神薬を飲む前この飲むときちがいになるのではと心配しましたが、不幸にもあたってしまいました。
薬で何が起こるのか知識があったなら、精神科に行くことはなかったと思います。
娘の友人で眠れないからと精神科で睡眠薬を飲み、おかしくなっていく友人に私のことを話し、とめたそうです。周囲からも薬を飲み始めてからおかしいといわれていたので、薬はやめ、不眠の原因の仕事をやめ、眠れるようになったそうです。

首の引き攣れや肩のこりは漢方薬の半夏厚朴湯でだいぶ楽になりました。
特に肩の凝りは1回で潮が引くように痛みが消えました。
断薬した時、一月で12キロやせ生理がとまってしまいましたが3年たって婦人科に行って治療をしました。ホルモン治療をして体が少し楽にはなりました。

首の引きつれが苦しく、整形外科から心療内科に行きました。メイラックだったら副作用もなく安全といわれましたが、症状は改善せず、息ができなくなり、あわてて信頼ある整形外科に行きました。医師は今までの事情を聞き、漢方薬を勧めてくれました。院内にありましたから。

気分がどうしても沈んだままなので懲りずに精神科に行ったこともありましが、家庭の不満を話したら、適応障害と診断されました。薬は効くまで1週間ごとに効く薬が見つかるまで変えるといわれました。薬はもらったものの飲まず、通院はしませんでした。

人間が健康に生きる要のホルモンの分泌の異常を起こさせる精神薬は毒としかいいようがありません。

真琴様のブログには本当に感謝しています。
多くの方が薬と体の因果関係がわからないと思います。どこに行っても薬の後遺症だという医者はいませんでした。

| 橋本みゆき | 2009/01/22 9:19 PM |
| 薬害 | 11:35 | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
夫は早く死にたいといっている。いい加減な精神科医によって体や生活や人生はめちゃくちゃになった。
投薬による体の悪化から実際に精神疾患になったと思い込んでいた。
同じ医師にかかっても悪化し家事ができなくなり離婚話が出され、通院をやめた人は回復している。強い薬が出されたことが幸いとなっている場合もある。頭の中がもやがかかっている状態だったといっていた。
| 橋本みゆき | 2009/02/12 11:08 AM |
頭の中がもやがかかっている状態。よく解ります。私も薬を飲んでいる時は、まさにその状態でした。
私は診察の中でよく、「そんな出来事大した事じゃない、俺でもよくある」とか、「甘えてるだけじゃないのそれ?」とか散々言われてきました。(当時の私の年齢が子供だったのもあり、余計そう言い易かったのでしょうが)性格の問題と言うなら、何で多剤大量処方する必要があるんですかね。終いには「甘えてる事自体が病気、色々気にし過ぎる事自体が病気」と言ってくる。精神科医の言う事なんて、矛盾だらけです。こっちの話なんて聞いちゃいません。
| はな | 2009/02/12 1:50 PM |
>橋本みゆき様
そうですね。医者の言いなりになるとろくな事はありませんね。
副作用を精神疾患が悪化した事にしてしまうのですから・・・

>はな様
精神科医は、薬を出すのが商売なのです。
行けば、性格の問題で薬が必要なくても、ほぼ100%投薬されます。
まさに、精神病を作っています。
| 仮福真琴 | 2009/02/12 5:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/892030
トラックバック