CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 精神科医を信じてはいけない | main | 精神医学「死を生み出す産業」展示会(1/10から宮城県民会館) >>
薬を売る為に病気は造られる
製薬会社は、次々と病気診断のチェックリストを造ります。
次のチェックリストをためしてください。

双極性障害自己チェックリスト

きっと、ほとんどの人が「双極性障害」か「うつ病性障害」になってしまうと思います。
それも、調子が悪い時ほど心配になって、精神科に行ってしまうでしょう。
「薬を売る為に病気は造られる」、ですね。

皆さん、騙されてはいけません。
精神科の敷居は高くあるべきです。

精神科での誤診誤治療は、日常茶判事です。
次の本を読めば、いいかげんな精神科の実情がわかります。
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎

| 精神科医にプロはいない | 22:21 | comments(14) | trackbacks(0) |
コメント
製薬会社が作りそうなリストですよね…。
「精神科の敷居は高くあるべき」という意見に同感です。
| 年金太郎 | 2009/01/06 8:15 PM |
>年金太郎さん
そろそろ皆が気づいてよい頃と思うのですが・・・。
家族会などでも裏の事実の話しなどすれば良いと思うのですが、それがタブーなのですね。
残念ながら、精神科の敷居はどんどん低くなっていますね。
| 仮福真琴 | 2009/01/07 11:31 AM |
たぶん、患者も家族会も
「自分で考えることを放棄している」から
「受動的な治療」になるのでしょう。

本来、精神疾患の治療となると
「患者の治そうという意志」が大切なのですが、
病気の治療まで人任せというのが…。
(ある意味では病気の治療も医者任せともいえますね)

「治る意志がない人」が社会保障を受けることになると…。
「社会保障依存(疾病利得)」になってしまい
「病気が治る」ことはほとんど期待できないでしょう…。
| 年金太郎 | 2009/01/07 4:48 PM |
>年金太郎さん
医者と患者は、「主=従」関係になってしまいます。
医者は、薬を出し、沈静化させようとする。
医者の出した薬をその通り飲まない人は、治療ができないといわれる。
これがおかしいです。
自分で考えたくても、頭が回らなくなります。
家族は、医者に任せておけば安心という誤解があります。
だから、誤解の上に成り立つ医療なのでしょう。
こんな事を言っては不謹慎ですが、私、都立の大病院で初めて障害年金があることを知り、私ももらえると聞きびっくりしました。それで、主治医に聞いたら、
「健常な夫がいてもらえるわけがない」
と、言われもらいませんでした。
あんな、薬漬でひどい目に遭って、もらえばよかったと思っています。
| 仮福真琴 | 2009/01/07 8:18 PM |
障害年金に対する医者の見解っておかしいですね。
でもって、あの人達って人が悪いですね〜
私なんか、ちよっと前まで3割り負担でしたもの..
もう20年経っちゃいましたけど、やはり
>健常な夫がいてもらえるわけがない
同じ事を言われました、、、この国って自分たちで年金使い込みして無くなったら、私たちに泣き寝入りしろって言ってるみたいなものですね。
医者でも薬でも治せないなら、逆に医者でも薬でもない訳ですよね。
こんな医学がまかり通ってるのもおかしいね。
| さゆ | 2009/01/09 3:26 PM |
>さゆさん

>障害年金に対する医者の見解っておかしいですね。

ほんとうですね。
私は、途中から32条を使わせてもらいましたが、
これも、医者ではなく知り合いに教えてもらいました。
とある家族会に、健常な夫がいて障害年金をもらっている人もいました。
年金もそうですが、必要のない薬を長年飲ませる医者の見解の方が、もっとおかしいですね。
| 仮福真琴 | 2009/01/09 10:04 PM |
仮面うつ病ってご存知ですか。
体の不調はうつ病から来るものだという医学書を信じ、
本当にうつなのか知りたくて精神科を受診しました。
躁鬱病といわれ、半信半疑のまま薬を服用。
始めはなにも起こりませんでしたが、疲れやすく、
外出しても大変疲れるようになりました。
疲れるにはうつ病のせいでと思い込んで普段元気だったのが
非常に疲れる体になってしまいました。
医者の話せば、薬を増やされますます悪化。

他の病院に行ったら断薬。
断薬したら、頭痛、筋肉の異常な痛み、不眠、何も思い出せない、何も考えられない、漢字はすべて思い出せない、記憶は一字さえ1秒でも記憶保持ができない。・・・
やめてからも元の能力は戻らず、失業したまま。
無理をするときにおきる不調を仮面うつ病として
精神科に誘導していく精神科医のほうが心を病み、人格障害にふさわしいと思います。
| 橋本 みゆき | 2009/01/20 5:03 PM |
>橋本みゆき様
コメントありがとうございます。
32才の頃の私と同じ様な不調で精神科につながってしまいましたね。
私は、産後うつでした。
現在私も、断薬後の同じ様な症状で悩んでいます。
頭痛・神経過敏・能力低下。
せっかく断薬できたのですから、薬は二度と摂らず、
今は、漢方とビタミンで乗り切っているところです。
お互い、がんばりましょうね。
このようなお話しを伺うと、これからも情報発信をしなければと、思います。
| 仮福真琴 | 2009/01/20 10:27 PM |
返信ありがとうございます。
真琴様のブログは精神薬の記憶障害を検索している時に出会いました。
私は教員をしていましたので、風以外の欠勤もなく、もちろん浪費妄想はありませんでした。ただ、多忙でした。
朝、5時に起き、できるだけ12時には仕事をやめ、寝ようと心がけていました。県指定の研究校で研究論文に毎年追われていました。
さて、医師の診断に?を思っていましたが、今は「社会生活は普通に営めて普通より少し陽気で疲れている」だけで2型の躁うつ病と立派な精神疾患に定義されるのですね。

薬を売るために病気にされた自分がいいモデルと思うので
ここでもう少し経過を書かせてください。

受診したときはうつ病になる前に相談しようと思っただけで、疲れとかいった自分自身困る症状は全くありませんでした。

薬はリチウム、トリプタノール、エチゾラムでした。
精神科の薬は安全なのかといった心配もありましたが、たいしたこともないので強い薬ではないだろうと自答して飲みました。
最初の症状は2週間。少し歩かなければならなかったときいくら歩いてたどりつかない感じでした。
1ヶ月して土を一輪車で運んだとき2時間の労働で4日間寝込みました。冬休みでした。
春外出したときに非常に疲れるのを感じました。
5月何かを取ろうと3歩歩くと忘れるので、おかしいと思い医師に伝えるとリタリンを夜寝る前に飲むよう指示されました。
6月非常に疲れて苦しく、怒りやすくなったので
うつ病が進行舌のではと思い医師に学校を休んで休養させて欲しいと話し、1月の療休をとりました。
その後もただ、疲れがひどく我慢する日々でした。
きちんとした病院にいこうと年休をとろうとしましたが
「精神病院に通っているのが世間に知られたら困る。病院に行くなら年休の許可は出さない。」
といわれました。

床につくとすぐ眠っていた私でしたが床について30分してから眠るようになったと話したら
「軽い入眠剤を出しましょう。」
と中程度の睡眠剤を出されました。

自分では睡眠はとっていて眠れないということは全くありませんでした。入眠剤が睡眠薬であることも知りませんでした。何のためなのか疑問を持ちながらも飲みました。
その結果現れたのが、朝起きられない、昼間眠くなる症状でした。睡眠薬を飲んでいるという知識は全くありませんでしたのでその症状が薬であることに気づきませんでした。

薬は体にあらわれていました。
髪が異常に脱毛する。
眉毛が脱毛し、薄くなる。
体毛が生えなくなる。
ガンジタ病になる。
婦人になる。
味覚がわからなくなる。
経験したことのない便秘になる。
肥満になる。
アクセルを踏む力が出ない。

薬を飲み始め、3年半目に
度重なる腹痛と眠気でおかしいと思い別の病院に行きました。

断薬すると2週間は疲れがなくなりほっとしました。
しかし、その後の離脱症状は尋常ではありませんでした。

頭皮はぶよぶよになり分泌物の塊ができやすくなる。
物が二重に見える。
歯から血が出て、歯はぐらつき物をかむと痛みに襲われる。
呼吸ができなく苦しい。
筋肉がやけどのように痛む。
力が入らない。
物を持つと手が震える。
集中力がなく、料理の仕方が思い出せない。
火をつけても火をつけていることを忘れる。
甘いとかしょっぱいとかいった味覚がなくなる。
漢字は全く思いだせないし、記憶は全くできない。
消化ができなく、かんだ状態で便として出てくる。
つめが紙のように薄くなる。
眠れない。
激しい頭痛。首の引きつれ。吐気。異常な疲れ。

激しい身体の痛みと痴呆になったという絶望で死にたいと思いました。
薬を飲んでから身体の異常が始まったので薬はやめました。
新しく変わった医師から
「精神疾患はないので精神病の病名はかけない。」
と言われました。
「薬のせいでは」
と医師に何度も言ったのですが
「薬でそんな副作用があるということは聞いたことがない。」
といわれました。
しかし、そんな体の状態で仕事ができるわけがなく
退職をしました。

薬をやめて9年になりますが
なぜこんなことになってしまったのか随分と原因を調べました。後遺症をどうしたら改善できるかを。
薬をやめても、
車を運転するまで2年かかり、車をどこに駐車したか思い出せず苦労をしました。
赤信号でも気がつかないことが多く、よく事故をおこさなかったと思います。

首の狭さく間で首を絞められているような苦しさで、整形外科に毎日随分と通いました。無駄でした。漢方薬で緩和しましたがまだ、口の中が違和感が残っています。

呼吸が楽になるのに4年かかりました。

精神科の言葉や薬の効能を鵜呑みにしたばかりに、身体を壊し、家庭の経済を困窮に追い込み、自分だけでなく家族の夢や希望を失望に変えていきました。

夫は早く死にたいということが多くなりました。

薬害とわかっていても生活保障はされません。

リチウムは躁うつ病に有効であるけど、健常人には作用を示さないとよく文献には載っています。
こういった馬鹿な捏造よって服用によって異常を起こすと
「精神疾患だった。」
という言い訳に使えるのでしょう。

昨夜
「リチウムの効果はたんぱく質およびイノシトールの活性阻害によって、細胞内の情報伝達系に障害を与えるためだと考えられる。」
という文献を見つけました。
イノシトールは大切な脳細胞に栄養を与え、神経を正常化するのに必要な物質です。
不足すると脱毛、便秘、貧血、筋肉の萎縮、目の異常、精神
異常を起こすそうです。

情報伝達系に障害を起こす薬を飲ませてよくなるわけがありません。
この薬の誕生はマウスに飲ましたら活動していたマウスが活動しなくなったことから精神薬として使用が始まったようです。マウスは単に脳や体がおかしくなって動けなくなったとは話しませんから。

よく真琴様のブログをよみます。
娘さんのことは残酷な出来事だと痛感します。

私は経済的なことで将来がないということで、
死ねる薬があったらのみたいと思っています。
経済的な保障があればそんなことはしたいと思いません。

薬の副作用では済まされないものです。
精神科で悩みが解決できるどころか健康な体を心身の障害に導き、はてしない苦悩を与え、家庭、人生を破滅に導いていることに気づいてほしいと思います。

一般の人は精神に効く薬が心身を健康にする薬と信じています。医師が、製薬会社が、厚生省が心身に良くない薬を服用させるわけがないと。

基本的に向精神薬がビタミンを阻害する作用があるのにそんな作用があるものが健康にできるわけがありません。

私の体験は多くの人に知ってほしいと願っています。













| 橋本みゆき | 2009/01/22 4:07 PM |
茨城で医療ミスから自殺に追い込まれた方がいます。
病院の前で焼身自殺をしました。
私や家族の人生が医師や製薬会社のわずかな利益のために
崩壊されたことにどこに怒りを出したらいいのか。
苦悩と戦う日々です。
| 橋本みゆき | 2009/01/22 4:40 PM |
>橋本みゆき 様

貴重なご自身の経過を詳しく書いていただき、ありがとうございます。
私と同じ様に、断薬後の症状で苦しまれた事、良く解りました。
とても、貴重な内容なので、コメント欄に埋もれさせるのは、とても惜しい気がします。
もしよろしかったら、この文章をブログでご紹介しても、よろしいでしょうか?一人でも多くの方に、精神薬がどんなに恐ろしいものか、お知らせできればと思っております。

それと、私宛にメール連絡できるようにしました。
このブログの右上の方に「連絡メール」の項目を作りましたので、「仮福真琴に連絡」の文字をクリックしていただければ、連絡フォームが開きます。ご連絡して頂ければ、嬉しいです。
| 仮福真琴 | 2009/01/22 5:43 PM |
返信ありがとうございます
「精神科医の犯罪を問う」のブログの管理人Yさんから
真琴様のことをうかがっていました。
メールをして連絡をしたいのですが、メールで主人の逆鱗に触れ、使えない状態なんです。
ここに書かれたことは本当です。ブログに転載したりできるだけ多くの人に知っていただきたいと思います。以前Yさんにいわれレポートを書きましたが完璧にかいてはいません。
実際にはもっとたくさんの症状がありました。
筋肉の異常は胃腸だけでなく心臓や横隔膜やのどにあらわれ、水を飲むのもできにくくなり痛みがともないました。
4年ぐらいご飯を食べてものどに詰まることがありました。飲み込めないというかのどで移動しないというか。

断薬のときに体温が下がり、夏だというのに電気毛布に包まっていました。
真琴様は頭痛が残っているとのことでしたが、私は金具で頭を締め付けるような痛みで何年も苦しみました。
私が声を大にして薬害といえるのは全く病気だといえるものがなかったからです。

真琴様のブログで自分だけでないのかと思いました。
精神薬を飲む前この飲むときちがいになるのではと心配しましたが、不幸にもあたってしまいました。
薬で何が起こるのか知識があったなら、精神科に行くことはなかったと思います。
娘の友人で眠れないからと精神科で睡眠薬を飲み、おかしくなっていく友人に私のことを話し、とめたそうです。周囲からも薬を飲み始めてからおかしいといわれていたので、薬はやめ、不眠の原因の仕事をやめ、眠れるようになったそうです。

首の引き攣れや肩のこりは漢方薬の半夏厚朴湯でだいぶ楽になりました。
特に肩の凝りは1回で潮が引くように痛みが消えました。
断薬した時、一月で12キロやせ生理がとまってしまいましたが3年たって婦人科に行って治療をしました。ホルモン治療をして体が少し楽にはなりました。

首の引きつれが苦しく、整形外科から心療内科に行きました。メイラックだったら副作用もなく安全といわれましたが、症状は改善せず、息ができなくなり、あわてて信頼ある整形外科に行きました。医師は今までの事情を聞き、漢方薬を勧めてくれました。院内にありましたから。

気分がどうしても沈んだままなので懲りずに精神科に行ったこともありましが、家庭の不満を話したら、適応障害と診断されました。薬は効くまで1週間ごとに効く薬が見つかるまで変えるといわれました。薬はもらったものの飲まず、通院はしませんでした。

人間が健康に生きる要のホルモンの分泌の異常を起こさせる精神薬は毒としかいいようがありません。

真琴様のブログには本当に感謝しています。
多くの方が薬と体の因果関係がわからないと思います。どこに行っても薬の後遺症だという医者はいませんでした。
| 橋本みゆき | 2009/01/22 9:19 PM |
>橋本みゆき様
解りました。ありがとうございます。
早速、ブログで紹介させていただきます。
「橋本みゆき」さんのお名前は、ハンドルネームですよね。
このお名前で、紹介させていただきたいと思います。

断薬から9年とは、長いですね。
私も、1回目の断薬からは、約5年たっています。
断薬直後は、良かったのですが、その後ストレスで調子を崩し、薬を頓服的に摂ったりした事で、更にややこしくしてしまったようです。
こんな事は、どこの精神科医に聞いても知りません。
私は、数ヶ月前にR先生からはっきり断薬後症状といわれ、
今までのなぞが解けた思いです。
日本で、断薬後症状の事を知っている先生は、数人しか居ないと思います。

Yさんは、私も良く存じ上げています。
お若いのに、しっかりした方です。

メールは、できないとの事で残念です。
できる状況になりましたら、いつでもご連絡ください。

| 仮福真琴 | 2009/01/22 11:27 PM |
コメントの掲載をお願いします。
名前はハンドルネームです。メールの件は夫に頼んだのですが、ダメでした。
常に健康状態でありたいと願い努力したことがこんな悲惨な状態になり、毎日なすすべもなくただ生きているというだけの日々です。

難聴の件ですが、義父が胆石の痛みを抑えるのにモルヒネを使いましたが、それ以来耳が聞こえずらくなってしまいました。

本当に精神に異常があるとか、幻聴幻覚があるというのはごく少数の人だと思います。普通の人に薬を飲まして診断通りの症状を作り上げて果ては脳の異常を作っているとしか。
| 橋本みゆき | 2009/01/23 12:25 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/845038
トラックバック