CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 朝日新聞で「精神科セカンドオピニオン」の紹介 | main | 「精神医学の知られざる実態」展示会(12/8から豊島区民センター) >>
「境界性人格障害」という診断に思う
「境界性人格障害」なんて病気はあるだろうか?

私に、15年間プレゼントされた病名だった。
初めは、産後欝状態だった。
保健所に相談に行ったのがきっかけで、精神医療につながった。
初めて出会った精神科医が、分析マニアだったのだろう。
分析の結果が、一過性の統合失調症の症状が出て入院し、
(医原性)境界性人格障害の名前をいただいた。
退院後は転院し、都立の巨大でおおげさな精神病院に行ってしました。
そこからが、薬漬けの地獄だった。
いったん、境界性人格障害の名前が付き薬漬けになると、
転院したいと思って紹介状を持って他の病院を回っても、追い返されることになる。
境界性人格障害は差別用語で、これだけ多量に薬を飲まないと
この患者は暴れて強暴だととられるらしい。

境界性人格障害とは、医者がやりたいほうだいやって、
悪化させた患者を入れるゴミ箱だと、私は思っている。

この間、TVで境界性人格障害の特集をやっていた。
この人たちは、精神科医にかかる前からこのような生き方だったら、
こういう人たちもいるのかな?と、思った。
私とは、全く違う。
私は、若い頃から、人に迷惑をかけること、
ましてや異性関係で問題を起こすなど一生の恥と思っている。

境界性人格障害と診断されて、薬漬けになっている方、
なら、現実にはどのようにしたら良いか。

薬歴が長いと自分で薬を急に切る事は危ないです。
かと言って、この診断書を持って他の病院を回っても、
逃げ腰になる医者ばかりです。
これは、個々に事情が違うので、無責任には言えませんが、
ただ言えるのは、もう一度良く思い出し、考えていただきたい。
精神医療につながった時の症状は、何だったのか?
薬を飲んでから、どんな症状が出て、今に至っているか?
そして、疑っていただきたいのは、
「軽度発達障害」「アスペルガー症候群」「LD」はもっていないか?
人中で、いつも違和感を感じなかったか?
違和感は離人感や疎外感に発展しやすい。
「感覚過敏」「対人過敏」は、ないか?
境界性人格障害など、めったにいないと思う。
軽度発達障害、アスペルガー症候群、これなら結構いると思う。
今の時代は、不器用なアスペルガーが生きにくい時代だ。
精神薬を飲み始めると、あっという間に10年20年が過ぎていく。

過ぎた日々は、取り戻せない。
当事者が薬を摂っていて具合が悪いなら、ご家族の方、
面倒でも当事者に代わって勉強してください。
精神科領域は、ほとんどでたらめです。

特に、若い方、どうぞ、命を人生を大切に!

ケアをひらく発達障害当事者研究-ゆっくりていねいにつながりた
ケアをひらく発達障害当事者研究-ゆっくりていねいにつながりた
医学書院
| 精神科医にプロはいない | 13:02 | comments(8) | trackbacks(0) |
コメント
こちらの文章を読ませていただいて、精神科医の診断には全く根拠がないことがあらためて分かります。また診断になんの価値もないばかりか、人々を螺旋状悪循環地獄へと陥れる最初の一歩となることなっている事実がゴロゴロとあります。

これは人間破壊行為以外のなにものでもなく、いかなる犯罪よりも狡猾かつ確実性の高いものであると言えます。

薬が麻薬同然のもの故にそこから離れるのも難しく、続ければますます困難になる…。 そんなものを毎日毎日投与し続けることが出来る人物の「意図」がどのようなものか、推し量るに難くありません。
| サイクバスター | 2008/11/16 3:23 PM |
>サイクバスターさん
コメント、ありがとうございます。
>精神科医の診断には全く根拠がないことがあらためて分かります。
私も、行き着くところはこの意見と同じです。
「軽度発達障害」「アスペルガー症候群」「LD」
   ↓    ↓   ↓
これらは、寺子屋の時代には困る事はなかったでしょうね?
こういう人が浮いてしまうのには、時代の背景も影響していますね。
平和な世の中を、願います。
今後とも宜しくお願いします。
| 仮福真琴 | 2008/11/16 3:41 PM |
「他人と同じことをしなければいけない」という考えが
主流になってしまうと「枠から外れる」人間を
異端扱いするような風潮になりますよね。

私も「枠から外れる」人間だったので
「異端扱い」されることは日常茶飯事でした。
今の仕事は「ストレス源」でもありますが、
私にとっては「異端扱いされない」数少ない場でもあり…。
| 年金太郎 | 2008/11/16 4:52 PM |
>年金太郎さん
コメントありがとうございます。
ご自分にとって、異端児扱いされない場所が見つかり良かったですね。
これを、早く見つけられた人は、幸せと思います。
私なども、かなり今の日本の平均値から外れる人間です。
平均値から外れた人が、精神科へ行くことが、間違っていると思います。
色々な人を認め合う世の中には、ならないのでしょうか?

| 仮福真琴 | 2008/11/16 5:38 PM |
うん、仮福真琴のこの記事、共感した!
そのTVの番組、危ないかもしれないと思った。
人格障害なんて多くの場合、精神科医の都合でつけているとしか思えないことがあります。
| くろたけ | 2008/11/17 8:53 AM |
>くろたけさん
精神科医の診断は、自分の主観だけですね。
また、時代によっても違い、なんか、おかしいですね。
不器用な私など、かなりなアスペ寄りで、昔ならこんなひどい目には合わなかったと思います。
寺子屋に行きたいです。
| 仮福真琴 | 2008/11/17 4:07 PM |
「私は生まれてくる時代を間違えたのかもしれない」
と思うことが増えています。

以前だったら「他人との違いを許容する」ことが
世の中(社会全体)でもある程度はありました。
しかし、現在は「枠から外れた人を異端扱いする」ことで
画一的に押し込めている感じがします。

自分が子供だった頃を思い出して「ADHDチェックシート」
をやってみたのですが、ほぼ全部にチェックが…。
2008年のこの時点で私が子供だったら…。
「ADHD」との診断を受けていたのでしょうね…。
| 年金太郎 | 2008/11/21 9:42 AM |
私は、今チェックシートをやっても、アスペルガーそのものでした。4年前断薬後、自分にはLDがあると思い、覚えたてのネットでLDを検索していたら、アスペルガーのページにたどりつきました。これをよんで、私の今までの人生、全て説明がつきました。

>現在は「枠から外れた人を異端扱いする」ことで
>画一的に押し込めている感じがします。

私も同感です。
人と違うのは個性で、大切なのは人間が人として正しく生きる事ではないでしょうか?
| 仮福真琴 | 2008/11/22 12:01 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/787609
トラックバック