CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 「これって、統合失調症?」4「幻覚、妄想、子供には普通」を読んで | main | 「精神医学の知られざる実態」文京シビックセンター >>
誤診の長年にわたる多剤併用は断薬後も能力が戻らずマイナス思考にする
今日の読売新聞「医療ルネッサンス」は、「ネット相談で誤診気づく」でした。
引きこもり不眠などで精神科へ訪れた方に、精神科医は、
「大切なのは今の症状。昔の事は関係ない。」
と、両親が話そうとした生育過程のことを聞かず、統合失調症に診断しました。
ところが、服薬を続けると両親への暴力、暴言が激しくなり、
不審に思った両親がネットで「精神科セカンドオピニオン」に相談し、
アスペルガーだった事が解り薬を減らすと落ち着きを取り戻したというお話しでした。
この方は、1年くらいで気づきましたので、能力低下など後遺症はなかったようです。

セカンドオピニオンの笠先生は、
「発達障害やアスペルガーの人に、向精神薬をのませると、とんでもない事になる。」
と、おっしゃっています。その通りだと思います。
発達障害やアスペルガーは、脳が繊細なので薬に反応しやすく、
少量の精神薬でも副作用も出やすくおかしくなってしまう方が多いです。
私は、15年誤診誤治療の多剤併用にあいました。
5年前に断薬しましたが、いまだに能力が戻りません。
頭の働きが偏ってしまい、家事だけなら問題はないのですが、
家庭以外に行き場がないし、人付き合いはないし、コミュニケーション能力は落ちているし、
能力が落ちてパート一つ出られません。
そして、マイナス思考に陥り、そこから出られなくなる事が多くなりました。
かといって、今は薬は取っていないので作業所、ディケアは利用できません。
こういう、私たちのような被害者の後押しをしてくれる組織や行き場所がないので、
作ってほしいなと思います。

ほとんどの精神科医は、このような後遺症を知らないどころか、
薬の副作用ででる症状すら病気が進んだといいます。
そして、精神科医は、自分勝手な5分診療で、ぬくぬくと偉そうにし、罪に問われる事はありません。
人の人生をメチャクチャにするこんなひどい犯罪はありません。

みなさん、この事実に気づいてください。
そして、被害者をひとりでもすくなくしましょう。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
| 薬害 | 21:47 | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
「精神三科」(精神科,心療内科,心身医学科)では
「多剤処方」と「誤診誤処方」が頻発しています…。
今回の読売新聞の記事でもそうですが、
「大多数の精神科医には診断能力がない」ということを
もっと多くの人が知ってほしいと思います。
| 年金太郎 | 2008/11/08 6:51 AM |
 田舎の方だけかどうか分りませんが、統合失調症のほかに「問題外病」みたいのありますね。
 犯罪を犯すというわけでもなく、隠微に仕事能力と生活能力が低く、親の厄介になっているとか、ほんとに不良になる根性もないような傲慢な人間とか、何かの関係で精神科に入院したあと、一応まあ、統合失調症という診断になっているとかありますね。
 福祉施設とかがそういう人向けに成り立っていて、統合失調症患者は職員より低級な人間だと思い込んだりしています。
 統合失調症の平均発病年齢は30歳くらいで、男性の6割は大卒な筈です。
 「問題外病」ばかりに目が向けられていて、本当に統合失調症の人は小さな会社とかに転職してうまくやっているのかもしれません。
| 犬儒@北海道の田舎 | 2008/11/10 7:46 PM |
>年金太郎さん
そうなんです。
まともな精神科医は、砂の中からダイヤモンドを探すくらいの確率です。
でも、世間的には医者の言う事は信じ、私たちの訴えはたわごとに聞こえるのでしょう。
残念です。

>犬儒さん
まだまだ誤診や偏見が多い世の中ですね。
ネットが出来て、大分明るみに出ましたが、
皆が声を上げれば風穴が開くでしょう。
また、遊びに来てくださいね。
| 仮福真琴 | 2008/11/12 11:28 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/779616
トラックバック