CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 「精神科セカンドオピニオン」の本が大評判 | main | 「精神医学の知られざる実態を知ってください」展示会(豊島区民センター) >>
「こころの病」が治らず困っている患者や家族への「希望の書!!」
昨日に引き続き、「精神科セカンドオピニオン」の本の Amazon カスタマーレビューを紹介します。

精神科に通院していてもちっとも良くならない人は、必読です。
ヤブばかりの精神科医も、読んで少しはましな医者になる事を期待します。
他のカスタマーレビューも素晴らしいものばかりです。アマゾンに行って読んでみてくださいね。

******** アマゾンのカスタマーレビューから転載 ******************

☆☆☆☆☆ 「こころの病」が治らず困っている患者や家族への「希望の書!!」, 2008/8/1
By Rilakkuma Love

わたしも「うつ病」で精神科にかかりました。
10年、同じ病院に通院しましたが、悪くなるばかりでした。
投薬されたものはうつ病とは全く関係がない、寝たきりにさせるような薬剤。
「こころの病」を治療しに行ったはずが「身体をこわし寝たきりに」
とうぜん「こころの病」も悪化する一方。
いくら他院の内科医師の、血液検査などの根拠のある正しい助言を伝えても
当時の主治医は逆上するばかり。
「俺は医師で勉強しているから偉いんだ」と威張ってばかりで、
中身の伴わない、全くの勉強不足な医師でした。
このような精神科医の犠牲になっている患者や家族が全国に沢山います。
そういう人を救うための「希望の書」だと感じました。

******** アマゾンのカスタマーレビューここまで ******************

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
| セカンドオピニオン | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/736470
トラックバック