CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 精神科に通院していて悪化している場合 | main | 精神科医が次に狙うターゲットは「妊婦」 >>
精神科はボロ儲け出来るので、いいかげんな医者が多いはずだ
CCHR(市民の人権擁護の会日本支部)では、4年位前から、精神医学がいかに疑似科学かという展示会を始められたそうです。

数年前までは、「なんだこれは?」という反応だったそうでが、最近は大分、見に来る方の反応が変わってきたそうでうす。
「精神科って、酷い所だそうですね。」
「かえって、悪化したりするそうですね。」
「展示会是非頑張ってください。」
という声が多くなってきたそうです。

皆さん、認識が高まったのでしょうか?
わたしも、ほっとし嬉しくなりました。

精神科が、いかに儲かるか?ちょっと考えてみました。
先日、主人がちょっとした怪我をして、近くの外科・内科医院で4針縫いました。初診料を含めて、3割負担で、2千円ちょっとでした。再診の傷の消毒や、抜糸はちゃんとした処置があるのに350円です。他の患者さんを診ていると、ちゃんと診療して、ほとんどの方が数百円の支払いでした。これに比べて、精神科では、初診だけは1時間くらい診ますが、再診は1分でも1500円です。(4月からは、5分ルールになるようですが・・)ちょっと計算したら、保険料を含め簡単に1日100万円くらいの収入になってしまいますね。
これだから、精神科医は一度やったら辞められないのでしょう。
いいかげんな診療で、莫大な利益を得られる酷い科です。
金儲け主義の酷い精神科医が増えるはずです。

本日、展示会はお休みですが、明日もう一日、浅草で展示会があります。
精神科がいかにいいかげんで、酷いところか事実を見てください。

「心の健康、大切にしていますか?」展示会 ストレスの多い現代、正しい知識と実践が、あなたや大切な人を守ります。
主催:CCHR(市民の人権擁護の会日本支部)
3月23日(日)〜27日(木)(26日(水)はお休み) 浅草公会堂1F展示ホールです。
| 精神科不要論 | 11:49 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
精神科は閉ざされている世界なので展示会などが催されて世間にもっと知られた方が医療が健全化されていいですね。

なんだかんだいってテレビで鬱が取り上げられたりしてますが詳しいことは健常者はほとんどしりませんしね。

精神科医は民事の悩みとか人間関係の悩みなどはわかりません。

こういう症状があるので何かいい薬ないですか?と訪ねてそれならこういうのがありますよ、という具合です。

また医師に何か尋ねられても詳しい知識がない患者はこれといって症状が改善されないし自分の中の問題は変わらないままです、と答えるのがいいでしょう。

治りませんよね。薬を多く飲めば廃人になるだけです。

家庭の悩みや会社のストレスまでは医師はわからないんですよね。

精神薬は脳に作用しますので精神科で出される薬を飲めば社会的制度に頼るとかしないと社会で暮らしていく方法がないのも現状ですね。

ほんとに大量服薬なんてのを一度されると薬を減らすのも大変ですよね。
| にじむ虹 | 2008/03/26 3:32 PM |
精神科の「無茶苦茶診療による薬漬け」の被害者が
一人でも多く減ってくれることを願っています。
(ここのところ調子が思わしくないのですが、
そういうときに「薬漬け」を痛感しますね…)
| 年金太郎 | 2008/03/27 6:51 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/521798
トラックバック