CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 「心の健康、大切にしていますか?」展示会 ストレスの多い現代、正しい知識と実践が、あなたや大切な人を守ります。 | main | 精神科医がどんなに酷い治療?をしてきたか >>
対人過敏、強迫、パニック障害、雑念、心気症、不完全感(完全主義)に日々悩んでいる方
森田療法をやっていたという学生時代の友人が、生活の発見会というところを教えてくれました。

ピリ ピリ ピリ ピリ ピリ ピリ ピリ ピリ ピリ ピリ ・・・・
私の神経質は生まれつきなのは、以前ブログに書きました。
母は、私と違って、ふてぶてしいというか図々しいような性格でした。

友人が言うには、
「あんたも、私も森田神経質の領域よ。」
私の行っていた障害者作業所や大袈裟な病院(癲狂院)には、私のような神経症は、ちょっと見かけませんでした。
生活の発見会の集談会に行ってみると、私のようなタイプの人間ばかりでした。対人過敏、強迫、パニック障害、雑念、心気症、不完全感(完全主義)に日々悩んでいる方ばかりでした。
神経症ですから、専業主婦か会社員などそれなりにピリピリしながら働き、生活できている人です。
誰かが、
「ここは、小心者の会。」
と言っていましたが、まさにその通りでした。参加者は、見るからに神経質そうで、眉間にしわが入りやせている方が多かったです。
参加者の半分くらいは、薬を飲んでいませんでした。薬を飲んでいる人は、一日一粒(抗うつ薬、SSRI、あるいはパキシル)で、普段こだわって流せない事が、これで楽になるとの事でした。

つくづく、私は変な方向に、変な医者にかかり、変な病院で、人生を無駄にしたと、頭に血が上ってきました。

皆さん、このような性格で悩んでいる方は、森田療法の本を読むか生活の発見会に顔を出される事をお薦めします。


軽度・神経症を治す―考え方しだいで心は楽になれる
軽度・神経症を治す―考え方しだいで心は楽になれる
北西 憲二
| 精神科領域は患者の方が解る | 22:14 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
おはようございます

精神科医によって人生をめちゃくちゃにされている人
多いですね。
この貴重な人生の時間は戻って来ないんですから更に
悲惨です。

お母さん、ふてぶてしいとの事。
心理療法士が言う75%は母親の影響を受けて
似たような性格になる...嘘ですね。。

精神病を考えると合併症も多いですね。
それだけ複雑なんでしょうけど科学的裏付けは何も無いのは
医学では治せない事を意味してる以外にありませんね。

ある医者は、精神科医ほど変わり者は居ないと言って
ます、というのは前世うんぬんを口にすると言って
ます、確かに医者は目に見えないものを論じてはいけないと
教育されているから、そう言うしかないでしょう。

しかし、精神病を考えた時、医学者達は何百年に渡って
研究しても、ほとんど進歩がないのですから、それも
否定されても、なんら不思議ではないですよね。

やっと自分にあった会をみつけられて良かったですね。


| さゆり | 2008/03/18 9:19 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/513294
トラックバック