CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 私はもともと森田神経症の領域だった | main | 良い精神科医の見分け方(精神科医に騙されない方法) >>
神経質症について 森田的アプローチ
きのうに引き続き、神経質症について、書きます。

神経質の性格の人に、一般論は通用しません。一般論が通用しないという事は、少数派という事です。多数の方には、解らないだけです。一般論で説き伏せようとしても、まず、無理です。プライドも高く、勝気ときていますから、反発されます。口で言いかえす人もいるでしょうが、私など、よほどでないと笑ってだまっています。品格が下がるのがイヤですから。
腹の中で、勉強が足りない人とバカにしています。

この少数派を理解しようと思ったら、森田正篤の森田療法の本を数冊読み、そして、この少数派の人たちの話、訴え、苦しみを、心の声をよーく耳を澄まして聴くことです。多数派とは、造りが違い悩みの次元、苦労の次元が違うのです。この苦労を、人と比べ意見を言うのはナンセンスです。人それぞれその生を真剣に生きているからです。
神経質症の人は、かなり神経のシナプスが生まれつき細く、繊細で、過敏で、感受性が強い事に気づくでしょう。良心的で考えが深いです。
欠点として、考えが深い分、真面目すぎ、考えに幅がありません。そして、短期戦より長期戦向きです。私などは、短気ですが、神経質症は本来は粘り強く、しぶといですから長期戦が向いています。

神経質は、生まれつきと思います。
私の母は、全く私とは似ていない人でした。
まず、顔も似ていませんし、体型も太っていて太いウエストと同じくらい神経が図太く、私から見るとガサツです。物に動じる事なく、めったに怒りません。社交的です。カッカしない人は、けっこう計算高いと思います。母に似ているところといえば、低い声と足首が細い事、バストが大きいこと、この3点だけです。後は、全く父親似です。良かったと思っています。

(最初に公開した時は、この続きがありましたが、ちょっと話が別になりますので、続きは次の日のブログに入れることにしました。)

ご参考 森田神経質症のことが書いてあるページです。
神経症(不安障害)と森田療法〜財団法人メンタルヘルス岡本記念財団
| 精神疾患との向合い方 | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/487174
トラックバック