CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 精神科はレッテルを貼り金儲け | main | 神経質症について 森田的アプローチ >>
私はもともと森田神経症の領域だった
今日は、東京都精神障害者家族会連合会(東京つくし会)に出席する予定でしたが、きのう一日出かけたので、朝からくたびれて1日中寝ておりました。
歳の性なのか、若い頃から疲れやすく会社勤めも体が疲れるというか、神経が擦り減って長く続けませんでした。
こんな日、血圧を測ると上は60代、下は30位になっています。これでは、疲れるはずだと、よく医者に言われました。
きのうは、精神医学 心理学 神経科学 看護学の専門書店の星和書店に行き、久々に昔通った癲狂院のキャンパスの中を歩いてきました。
星和書店では、次の本を買ってきました。
「心の専門家」はいらない (新書y)
「心の専門家」はいらない (新書y)
小沢 牧子

私は、産後うつの状態で実家の近くの保健所に相談に行きました。
そこで、「精神科に行ったほうが良い。」とのアドバイスを受け、知人の知っていた病院を選び、とんでもない精神科医にかかってしまいました。その結果、医原性ボーダーにされました。自分の住んでいる地域の保健所でなかったため、通院後のフォローをいただけませんでした。
初めにかかった医者が言った事には、
「診断は神経症で、あなたみたいな人には、森田療法が合う。」
でした。ところが、やったのは精神分析でした。
この医者は、何を考えていたのでしょう?
そして、入院になり、その後受け持った癲狂院の医者も、13年間薬物をどんどん増やし、いったい何を考えているのでしょう。
私は、神経質に生まれつき、今でも対人面に過敏です。
森田神経質の性格そのもので、過敏+感受性が強く、勝気でしぶといです。
昔、森田療法の本も数冊読んでいますが、からくりも解っています。
森田神経質症に生まれついたものは、世の中にどう生きていくかということも、この歳になれば重々承知です。
だけど、考えてみると、私だけだったらまだしも、娘も含め随分変な方向に行ってしまったと思います。
初めに良い精神科医(一握りしか居ない)にめぐりあった人は、幸せだと思います。
過去は変えられませんので、過去の分析は幸せの生き方とは程遠いとは思いますが、32〜46才までこんなくだらない精神化医たちに人生を奪われなければ、「その間に何が出来ただろうか?そして今何をしているだろうか?」と、思います。
娘がこのような目に合わされ、私たち夫婦の計画していたセカンドライフは見事に打ち砕かれました。
私たち夫婦は、精神障害者1級になってしまった長女のこれからの人生、社会に出られるか、結婚できるか、ずっと支え続けなければなりません。

このブログを書いていたら、だんだん頭に血が上ってきました!!!

こういう性格なので、森田神経症を理解していても、気持ちが付いてこないのですね。
今思うと、多剤併用の薬を切った後のほうが、精神が安定したと思います。

森田神経質症に関係するサイトをお知らせしておきます。
・自助グループ
 生活の発見会
 メンタルヘルス友の会
・モリタセラピー帯広(生活の発見会)の体験者による神経質症に関すること、対応方法 
 玉野井幹雄の、楽しい学習
・代表的治療機関
 慈恵医大森田療法センター


| 精神疾患との向合い方 | 01:03 | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
正直な話、精神科医や心療内科医がなにをしたいのかが
全くと言っていいほどわかりません。
「治療」と称して人体実験をしているのかも…。
| 年金太郎 | 2008/02/24 10:32 AM |
私も森田療法で治療した経験があります。
横浜の相原病院で大原先生の診察を受けました。
約1カ月の入院で大原先生からOKが出て退院しました。
「日々是好日」
の色紙をもらいました。
参考にして下さい。

http://www.yokohama-aihara.jp/pc.html
| サゴジョウ | 2008/02/25 9:34 PM |
香菜子と言います。私の家族は精神疾患・統合失調症です。私は頑固で強情、勝ち気で強気、自意識過剰・自信過剰と言われることもあり、思い込みや妄想・被害妄想も強い性格なので、統合失調症などの精神疾患、人格障害・パーソナリティ障害になりやすいかもしれないと感じています。予防対策として、森田先生の森田療法を学んでいますが、今のところ森田効果は実感できていなくて、最近は不眠症で眠れないことも多いので、1度精神科に精神疾患・人格障害・パーソナリティ障害の相談に行こうかしらと思っていました。でもこちらの記事を読んだら精神科に行くのが少し怖くなりました。森田を続けながら、慎重に考えようと思います。香菜子
| 香菜子 | 2016/06/20 5:17 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/486502
トラックバック