CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 大場久美子さんの衝撃の告白 | main | 夜寝付けなく悲しみのコメントを頂いた方へ >>
昔の名前・癲狂院の精神科医こそが狂っている
日本の精神医療の水準は、先進国の中でも呆れるほどレベルが低いらしい。
それは、産業社会に入り世の中に精神病院が設立された時、日本は行政と結びついたかららしい。

東京のある公立の精神病院のずさんさ、おそまつさ、といったら口があいてふさがらない!!
治せないものを、治すふりだけするプシ公たち。犯罪者もいいところだ。
日本の精神病院の社会的入院患者の数は、世界一だそうだ。これは、長い間、ヨーロッパの国々から日本は指摘され続けていたそうだ。ヨーロッパの精神病院は、私立が多く日本の精神病院ほどひどいことはないらしい。
私と娘が通っていた公立病院も、お役所仕事といったら。今思うと、ぞっとする。
かつての主治医は言った。
私は、薬漬けのせいだったので、副作用だたったのか、
「毎日毎日疲れて仕方ありません。」
と訴えると、
「お母さんていうのは、みんな疲れているよ。」
と応えた。
一人一人、ストレスは違う。かかえている事情が違うので。10人ひとっからげの医療、3分間診察、薬漬け。
更に、ある時かつての主治医は、
「男の仕事は、左のものを右にやるだけだよ。だけど、女の人の仕事は大変だね。」
あの人たちの仕事は、おそまつなお役所仕事、ホント、カルテを左から右に回すだけ。それで何人の患者が薬漬け、病気の幅(DSM検砲鮃げて、レッテルはり、お粗末なものだ。
私のまわりでも、何人亡くなったことか。

精神科医ほど、言い逃れの出来る領域はない。
あきれかえり、声も出ない。

ここに、私が取り寄せた14年間のカルテがある。
いかに、いい加減ででたらめな処方がされていたかが、今見るとよく解る。
次の薬が多剤併用で、とっかえひっかえ出された。ある薬を出して、違う薬をためし、又戻ったり・・
これでも、14年間の2/3の期間で、このあとも他の薬も処方されている。

Cp Py Sl ジアゼパム/セルシン Vegetamin B セレネース ピレチア Vegetamin A アモバン Wypax メイラックス テグレトール セノコット レキソタン イミドール Somelin ミラドール コントミン バレリン リーマス Rivotril ポララミン プロピタン ジアゼパム Lp ハルシオン アキネトン サイレース ベンザリン ポンタール アナフラニール アーテン セルシン ダーゼン HPD プロピタン ワゴスチスミン オメプラール リスパタール デプロメール/ルボックス レンドルミン アキネトン ハロマンス ホリゾン Lp ヒルナミン HPD セレネース Atalaxp・・・・・・・・

この公立病院へ行く前、大学病院入院中の良心的な主治医の処方は見事だった。
次の通りで、私もかなり調子はよく、数年で薬を切れる予定だった。
コントミン50mg、ピレチア50mg  3T
ベゲタミンB            1T
残念ながら、大学病院はかなり遠かったので、良かれと思い近くの公立病院へ行ってしまった。
単剤処方で、この処方の紹介状が渡ったにもかかわらず、公立病院ではひどい処方をされた。
昔の名前・癲狂院の外来主治医の、まさに、やりたい放題されて、14年間を無駄に送ってしまった。私の運命、そして娘の運命まで、狂わせた。
その名のごとく、この病院(の医者たち)は癲狂院だ!!

入院中は出た事の無かった副作用アカシジアが、癲狂院では出て、薬を減らさずアキネトン(副作用止め)注射を毎回討ち。

この先、こういったひどい事をした精神科いたちは、いいことが無いぞ。
人は騙せても、自然界は騙せない。
| 精神科不要論 | 20:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
はじめまして。

旦那の交通事故以来、私は夜寝付けなくてほとんど寝ずに毎日過ごしてます。
しょっちゅう泣いてしまいます。

子供はまだ五ヶ月で成長に影響しないか不安です。


心療内科に行くべきか悩んでいるのですが、行くのが怖くなりました。

もうどうしたらいいのか解りません。
| あゆみ | 2008/01/21 2:23 AM |
はじめまして。

>あゆみ様

精神薬の危険さは自分も強く感じています。

漢方で精神不安によいものがあるそうですので、
漢方薬局などに相談してみるのもよいかもしれません。

体質などに合わせた処方をしてくれると思います。



| あっぷる | 2008/02/11 12:07 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/443079
トラックバック