CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 精神障害者の親は身体・知的障害者の親に比べ弱い | main | 精神科医に治療は出来ない >>
私の中の3つの質
私の中には、いくつかの質がある。
思うに、多分前世ではないか。

1つは、子供のお姫様気質。
前世は幼く亡くなっているのかと思う。いつまで経っても少女趣味で、子供っぽくて、人はよく「お子様ババア」と言う。夫は、若い頃から老成していて、若年寄りだった。入社試験の重役面接で、「老成していますね。」と言われたという。こういう人は、前世年を取ってから亡くなった方が多いと聞いた。うちは、おじいちゃんと孫のような夫婦だ。
夫とであったのは、秋川の川原のバーベキューで出会った。私の高校時代の家庭教師の友人だった。きっと、前世で3才位の私をじいやが川で溺れさせてしまい、今生において出会い、育てているのかもしれない。

2つは、武士である男の質。
武士道精神、ならぬものは成りませぬ。弱いものいじめしては、なりませぬ。目上の方は、立てましょう。(武士は食わねど高楊枝)誰からも教わった訳ではないのに、生まれつきこの気質がある。
これは、私の中にある風景だが、海の砂浜で2人の侍が刀を抜いて決闘中に1人の侍の息子(3才位)が、「お父さん・・」と言って近づいてくる。父親は一瞬息子に気を取られ、その隙をつかれ切られてしまう。息子は、涙一つみせず父の敵の顔を脳裏に焼き付ける。そして、その息子は、大人になって、その侍を探し出し敵を討つ。この風景が、どこかにある。

3つは、小学生の頃から福祉への熱き思い。
私の通っていた小学校は、近くに孤児院があり、クラスに3人位孤児院の子供が居た。その子供達から、私は色々な事を学ばせていただいた。
小6の卒業文集に、将来何になりたいか、
男子は、野球の選手。
女子は、スチュワーデス。
など、あの時代は多かった。後、男女とも
宇宙旅行がしたい。
が多かった。
私は、「将来、親のいない恵まれない子供の家を作りたい。」とあった。
すっかり忘れていたが、この間見て、驚いた。
来月は、父の命日である。父は、昇天し16年が過ぎた。父は、私の長女の誕生日に昇天した。父方の祖父は、私の誕生日に昇天した。きっと、覚えていてくれと、言っているのだろう。亡き父の思いは、相変わらず強く、戦争中の話をたまに父がら聞いたことがあった。こちらが聞くまで、自らあまり話さなかった。終戦で、フィリピンから引き上げてくる時、父は日本刀を杖代わりにして、引き上げて来たといっていた。戦友のひとりが、足を痛めたのか、「もう歩けない、先に行ってくれ。」と言った。父は、その戦友を肩から担ぎ、日本刀を杖に帰ってきたと聞いた。その日本刀は、本当に鞘に入ったまま先が20cm位折れ曲がっていた。
弟は、その話はほらだと言った。私は違うと思う。
私も、同じ立場だったら、父と同じ事をするからだ。だから、解る。
その戦友は、父より弱かったのだろう。目に見えるようだ。
あの時の日本刀は、どうなってしまったのか?
父への思いは、いつまでも熱く強い。
| 日常の日記 | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/438587
トラックバック