CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 気の強い同志で張り合う母子 | main | 世界に一つだけの花 >>
精神疾患者の犯罪や暴力行為は向精神薬の副作用
今日は、皆さんがあまりご存じない情報をお知らせします。

【報道されない「抗うつ剤副作用の恐怖」】(SPA!2006.5.30号)、【抗うつ剤で自殺増加】(2007.6.28毎日新聞)などは、世間で騒がれだしました。

精神疾患、精神病はやはり恐いと世間は思い、なぜそれで済ますのでしょうか?なぜ、精神科治療、薬物の副作用・攻撃性・暴力性を疑わないのでしょうか?そろそろ世間でも、今まで隠されてきた真実に気づいてもよい頃です。
真実は、その辺には転がっていません。製薬会社が強力なスポーンサーについているTV、雑誌、新聞などでは、なかなか明らかにされません。
明日は我が身です。
そして自分の家族、友人を守る為、事実を知る事は、大切だと思います。
雑誌「週刊SPA!」には、よく精神科の真実の記事が掲載されます。良くご覧下さい。
精神疾患や精神病患者が犯罪や問題を起こすのではなく、実は処方された向精神薬の副作用が異常な行動を引き起こす事が多いのです。私の知っている精神疾患の友人たちは、ほとんど大人しく真面目でピュアな方ばかりです。このピュアな人たちが、犯罪を起こすなど信じられません。最近話題のパキシルの副作用で自殺する人がいるのと同じ現象です。薬は、症状は抑えても治療は出来ず、時には、犯罪や暴力行為などの副作用を促すのです。
薬剤性精神病 −家庭内暴力の日々(薬を使って精神病を造り続ける精神科医たち)も、参考にしてください。また、市民の人権擁護の会 日本支部で編集している ドキュメンタリーDVD「精神医学 死を生み出している産業」には、精神科の実態がデータ付で詳しく示されています。

明日は、私の経験則から、14年間の抗精神薬の後遺症を書きます。
断薬して、3年以上過ぎましたが、自分の能力が元に戻らず、被害者として私の事実を皆様にお伝えします。私以外にも、友人からいろいろな事を伺っています。人様のことは、書けませんので。

精神科医に奪われた人生を、早く取り戻す参考にしてください。
一度しかない人生です。どうぞ、命を人生を大切に。

| 薬害 | 16:03 | comments(1) | trackbacks(1) |
コメント
お書きになっている趣旨に、体験上から僕も同意しました。


病気そのものではなく、薬が病的な行動を起させている面は
すごく感じます。覚せい剤常習者などと同じですね。
だから、本来は、触法精神障害者の通院歴(病歴)を、
要因的背景であるかのように報道するのであれば、
むしろ、麻薬常習者と同じように「向精神薬服用者」として、報じるべきだとさえ思います。

僕も断薬して11年になりますが、元の状態に戻ったとは思えません。
薬を飲んでいた時期に何かが破壊されているような?
大げさに言うと、そんな「損傷」が残っているような気がします。
疲れやすいし、何事も発症以前の5分の一以下の消化しかできないような感覚です。

| mindsave | 2007/12/29 6:43 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/418117
トラックバック
【パキシル】について最新のブログの口コミをまとめると
パキシル に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
| プレサーチ | 2007/12/29 8:59 PM |