CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 私と性格がそっくりな愛娘 | main | 代替医療(栄養療法)を始めました >>
次女のやきもち
次女は、長女や私ほど、激しいところが無く、いつも穏やかで察しが良い。
そして、何より余裕がある。
最近、結構めんどくさがり屋だとわかった。
自分に似ていない子は、あまり気にならない。というか、私の場合だが、あぶなげでない。
次女は、美大の3年で就活だというのに、めんどくさそうだ。
時々、私の部屋に入ってきては1つでもぬいぐるみが増えていたり写真立ての位置が変わっただけでも、すぐに気がつく。そして、10体ある人形を1つ1つ見て、「どれも、お姉ちゃんに似てるね。私に似ているのは、一つも無い。」と、言った。
これには、ドキッとした。

いつも、人形を買う時、小さい時から不憫な思いをさせてしまった負い目からか。
いつも、長女の乳幼児期の面影がある子を無意識に選んできたのかも知れない。
この子は、お姉ちゃんが生まれた時、まだひいおばあちゃんが生きていたので、おひな祭りに買ってくれた人形だと説明したら、
「じゃ、私が生まれた時には、ないのか?」
「もう、ひいおばあちゃんは亡くなってしまったので、ママが、この子、名前はルーシーを買ったの。」
「お姉ちゃんがの人形は、色白で、私のは、この色の黒い子なの?」

次女の発想は私とぜんぜん違うので、いつも予想がつかない。
次女は、小麦色の肌を黒いと気にしている。
とっさに、私は隣の白い服の、わりに色白の子を指差して、「この子、ビアンカ。ビアンは白っていう意味。○○○ちゃんが、およめに行く時、持たせてあげる。」
「ふうーん。」どこか、ひょうひょうとし、さめているが、けっこうやきもちを焼いている時があるらしい。
アルバムを見ては、「私のほうが写真が少ない。」と、言った時も、ドキッとした。
5年前、母のお葬式の時も喪服に私のお古の(20代の時の)7号を、長女に着せた。次女は高校生だったので、制服でいいと思った。
私には、言わなかったが、長女経由で、
「○○○、ママのお古の喪服、うらやましがっていたよ。」と、私の耳に入ってきた。
私も、長女なので、2番目の子ってそうなのだなと、思った。
夫も、長男だ。
| 日常の日記 | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/392182
トラックバック