CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< まともな精神科医は砂の中にダイヤモンドを見つけるくらいの確立? | main | 私と性格がそっくりな愛娘 >>
カルテに精神科通院が書いてあったことで内科で不当な扱いを受けた
先週土曜日の朝、急に体調が悪くなり、動悸→吐き気→頭痛・顔面痛・発熱と続き物が飲み込めなくなりました。治療中で放置していた虫歯が原因かと思い、「デンタルナビ」の口コミで評判がよさそうな笑気ガスのある内科・歯科を併設してる地元のクリニックにいきました。
内科の先生は、よくTVなどマスコミに出る医師で、ちょっと心配でしたが、歯科の方はマスコミには出ていないようでしたので、そこに行きました。マスコミなどによく出る医師は、私は信用できません。お金儲けの方に走り、肝心の治療をおろそかにする人が多いように感じているからです。
歯科の先生は、ちゃんと診てくれましたが、虫歯が原因とは言いがたく、2日以上固形物を食べていなかったので、とりあえず体力を回復するのが先決と内科に回し、栄養剤の点滴をするよう手配してくれました。

その後、ひどい目にあいました。

付き添ってくれた夫は、内科の診察室には入れないということで、待合室で待っていてくれました。
内科の理事長の女性のSY先生は、点滴を試みようとしました。内科として、私の問診や診察もせずいきなり点滴を試みました。しかし、血管が細すぎるとの事で、何箇所も点滴を試みましたがうまくいかず、私の腕はあざだらけになりました。30分位試みたあげく、うまくいかないということで、以前(H16)私を診察したことがあるという院長のMY先生を呼びました。院長なら、旨く点滴できるかもしれないという理由でした。
MY先生は、私の腕も見ないで、血管が細すぎるということで点滴はできないと処置をあきらめました。また、院長先生も問診もなにもしないで、「3年前私が診察したことがあります。ものが食べられないのなら、入院する必要があります。内科ではなく精神科です。」と言いました。私が「3年前とは、状況が違います」と言うと、「そうだね。だけど、こんなに血管が細くては点滴するには、皮膚を切って血管を腕から引き出さないと無理だ。ここでもやれば出来るけど、入院した方がいい。」とおっしゃいました。どうして、問診もせず、いきなり精神科なのでしょうか?そして、何の処置もなく、追い返された格好になりました。点滴液には、何の表示もありませんでした。通常は、ブドウ糖などの表示があるはずなのに、無表示の点滴とはいったい何だったのでしょうか?

私は、精神科に通院し薬をもらっていた頃、精神科が信用できなくなった時の緊急処置として、3年前の断薬直前にこの内科に薬をもらいに行った事がありました。その時のカルテを見て、「面倒な患者は診たくない」ということになったのかと感じます。人間はそれほど強くありませんので、人によっては一生のうち一度くらいは、死にたい気持ちになったり、心を病んでしまうような時期もあるのではないでしょうか?今回は、純粋に体の不調で診察に行ったのに、診察も問診もせず厄介者扱いにされたのかと思います。

「Cクリニック」で診察後その日のうち(12月10日)に、私は、行きつけのクリニックで栄養剤の点滴してもらいました。行きつけのクリニックの先生はお若いのに、いっぱつで点滴の針を刺してくれました。全く問題なく、点滴ができました。点滴をしてもらい大分楽になりました。
また、昨日(12月11日)は、物が飲み込めない事を治療するため、耳鼻科に伺いました。飲み込めない理由は、喉の炎症が潰瘍化したためでした。もともとの原因を調べるため、内科の検査用に血液を採りました。ここでも、一発で血管に注射針は刺さりました。耳鼻科で炎症を抑える薬をいただき、もう大分喉の腫れが収まり、物も飲み込めるようになってきました。熱も下がりました。

院長先生のおっしゃった、「血管を引き出さないと点滴が出来ないくらい血管が細い」という話は、真っ赤な大嘘でした。こんなに、直ぐばれる嘘はつくものではありません。

夫が、昨日「Cクリニック」宛てに、苦情のメールを出してくれました。その中には、以下のようなことを書いてあります。どんな返事が来るか期待しないで待っています。まだ、返事は来ません。返事しだいでは(返事も無い場合も)、知りたい方にはクリニック名を公開しようかと思います。

***** 苦情のメール *****
・・・・・
女性の先生は、何箇所も点滴を試みて、全部失敗しています。院長先生は、見ただけで血管が細すぎて通常の点滴は無理だとおっしゃいました。妻は、「厄介者は来てほしくないから、わざと点滴を失敗し、院長先生と口車をあわせて追い返したのだ」と感じております。もし、わざとでないとすると、ちょっと血管が細いと点滴もうまくできない「評判倒れのやぶ医者のクリニック」という事をお認めになるのでしょうか?
繰り返しますが、他のクリニックでは、問題なく一発で点滴がうまくいきました。添付の写真(点滴がうまくいった写真を添付した)をご覧ください。
手の込んだ締め出し(追い払い)をされたのなら、診察前に(少なくとも内科のカルテを見た時点で)はっきりと「この病院では、精神科にかかっていた人は扱えない。」と言ってもらった方が納得できました。そうしたら、理解のないクリニックと思い、直ぐに帰ったと思います。病気の人を、偏見なく出来る限りの心のこもった治療をするのが、本当によい病院・よい医師だと思うのですが。
・・・・
***** 苦情のメール ここまで *****

こころない医者は、精神科通院患者を嫌い、ひどい仕打ちをするものです。
とくに、マスコミに熱心な方ほど、患者の治療よりお金儲けのことを考えている気がするのは、私だけでしょうか?
| 精神科通院暦者への不当な扱い | 14:05 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
信じられない医者が多いのですね…。
自分の技術の未熟さを棚に上げて
「精神科に通院しているから云々」との発言は
あまりに不穏当としか思えません。
| 年金太郎 | 2007/12/13 6:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/385458
トラックバック