CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 私は本当はエネルギーが有り余っている | main | カルテに精神科通院が書いてあったことで内科で不当な扱いを受けた >>
まともな精神科医は砂の中にダイヤモンドを見つけるくらいの確立?
「ぱおぱお」さんからのコメントで、
「精神医療には、かなりの方々に薬も必要ですので。
 ・・・・・
 退院後の受け皿となる精神科医療と地域ケア・福祉の必然性が分かります。
 ・・・」(要点以外省略)
と言う意見をいただきました。

おっしゃることは、良くわかりました。

家族会でも、親御様が病識の無いわが子に大変手を焼き、服薬拒否され、ご苦労されている話、良く伺います。そのために、リパタールの液剤が出来ました。わずかに苦味があるのは、本人自ら飲んでくれるようにとの配慮からだと伺いました。統合失調症の治療は、症状と現実を区別するところから始まる大変な病であることも、存じております。

急性期の治療に対しては、このブログだけでは書ききれないので、そのうち新しいページを作る予定です。急性期治療には、特に薬物は功をなすでしょうが、今の日本の精神科治療の現状では、治療が全て薬物中心となり、症状を抑え込むことが治療の中心になっていることです。薬物は、症状を抑えるだけです。
長女も、急性期病棟から退院後、過沈静でも薬は一年以上減らされず、結局治療の修正をしたのは、私たち両親でした。私たちとしては、薬物療法に関しては、ここでは書ききれませんが、効果も認められなくはありませんが、全体的には批判的です。薬を必要最小限に処方できる立派な精神科医は、ほとんどいない現状だからです。
幸運にも、初めから立派な精神科に当たり治療を受けている方は、精神医療に感謝されるでしょう。ただし、まともな精神科医は砂の中にダイヤモンドを見つけるくらいの確立でしょう。ほとんどの精神科医は、いいかげんな薬物を処方し、患者を薬漬けにしています。私自身も、10年間作業所に通所し色々な方を見て、疑問を感じてきました。薬で症状を抑えることは出来ますが、機能が低下させてしまうのが、見ていて残念でなりません。わが娘もそうです。
精神科医が名医かどうかは、状況と人により異なりますが、客観的な判断は、医療機関の付属でない中立の立場の家族会などで、評判を聞いてみることや、飲んでいる薬が適量かどうかCP値換算をすることをお奨めします。

今、私の長女は、新しい試みとして分子整合医学の治療の道を選んだところです。こちらは、まだ始めたばかりなので、結果が出次第新らしいページをつくり、皆さんにお知らせしようと考えています。
| 精神科医にプロはいない | 14:51 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
私の場合、分子整合栄養医学で効果が出始めています。

今までは「ドグマチール」と「デプロメール」が処方されてましたが
デプロメールを飲むと「この世から消えたくなる」ので
ほとほと困り果てていました。
当面の目標は「デプロメール」をきることですね。

姫うさぎさんのコメントにある
「まともな精神科医は砂の中にダイヤモンドを
見つけるくらいの確立でしょう」
というのに同感です。
大半の精神科医は「薬を処方する」ことしかしません。
生活指導もすることもなく、ただ「薬飲んで休養してください」
というだけの話です。
これでは治るものも治らないと思います。
| 年金太郎 | 2007/12/03 8:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/380459
トラックバック