CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< セカンドオピニオンに行ってきました | main | すりかえ医療(全身性エリテマトーデス) >>
精神科医より患者の方が真実を解かっている事が多くある
ここ一週間、ブログをお休みしてしまった。
ホームページのほうも工事しなければならない所がたくさんあるのにと思いながら。
長女の事もあり、心身共にすごく疲れているからだ。
一日勉強会に出ると翌日は朝からぐったりし三日くらい寝込み、充電してまた元気になる。
また、本を読んだり、薬物療法のページもまとめなければならないし、やることは沢山あるのだが。更年期の薬として、養命酒を飲んでみた。
昔、うちの明治生まれの祖父が欠かさず飲んでいたのを想い出した。それと、長期にわたる向精神薬の性で下剤が必要なので、近所の内科でアローゼン、プルゼニド。更年期でデパス。頭痛持ちなのでロキソニン、これだけをもらっている。

時々思う。私の「精神科医はうそだらけ」のホームページは、誰かが見てくれて参考になっているだろうか?正直言って(前にも書いたが)、カウントが1,000人を超えたら、私としては消去したかった。ホームページをやって、私は何一つ得な事は無い。第一、得しようと思って始めたページではない。むしろ損をしている感じがする。攻撃剤のような漢方医にもいやな思いをさせられるし、一時2ちゃんねるにも変な取り上げられ方をしたらしい。
そういうものは、捨て置く。

人間の歴史を振り返っても、人間は過ちを繰返してきている。歴史は、本歴史と裏歴史というのがあって、勝ち組によって本当の真実は書き換えられるらしい。
この過ちの繰り返しは、精神医療一つとってもいえることで、医学部も出ていない一主婦の私が、いろいろ書くといぶかしく思う医者もいるだろうが。外科や内科のことは知らないが、この精神医療に関しては、精神科医よりむしろ素人の体験者(患者)の方が真実を解かっていることが数多くある。そんなことを書いてある本を一冊見つけました。「ドクターショッピング(小野繁)」です。
私がこのブログやホームページ「精神科医はうそだらけ」で紹介している本は、全て私が購入したり読んでみて考えることがあった本ばかりです。本の帯だけを見て紹介するようなことは出来ない性格なので。

最近他に3冊本を購入しました。
「日本精神病治療史(八木剛平、田辺英)」「強迫性障害は治ります!(田村浩二)」「障害・病と「ふつう」のはざまで(田垣正普)」です。読んでみて良かったらまた紹介します。
これらは、今の日本のほんの一握りのまともな精神科医の1人と私が思う信頼できる先生の待合室にあった本です。
「ドクターショッピング(小野繁)」も、ここで見つけました。

ドクター・ショッピング―なぜ次々と医者を変えるのか (新潮新書)
ドクター・ショッピング―なぜ次々と医者を変えるのか (新潮新書)
小野 繁
| 精神科領域は患者の方が解る | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/314653
トラックバック