CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 精神医療ダークサイド | main |
離脱症状に苦しむ皆様へ −苦しみには終わりがあります−

離脱症状のお問い合わせを、時々いただくもので、久しぶりに投稿しました。

私は、来年の春で、断薬して10年になります。
服薬期間は、15年、多剤・大量処方で2週間ごとに、デポ剤の射ちっぱなしでした。
今のようなネットの情報が、全く無いころで、自分の勘だけを頼りに減薬をしたのですが、毎日が綱渡りのような孤独な戦いの日々でした。

どうにか、断薬したものの、待ち受けていたのは「娘の薬害」の事実でした。
娘を治す為に、自分の症状は横に置かなくてはなりませんでした。
ブログを更新していた頃は、娘をどうにか治さなければと、毎日が必死でした。
しかし、実際、離脱症状の苦しいものは苦しく、そうも、言っていられません。
今思うと、だからこそ、ここまでがんばれたのかと、思います。
ですが、苦しみながら判ったことは、離脱にしろ「苦しみ」には必ず終わりがあると言う事です。
自分を信じることです。
一人一人に与えられている自然治癒力は、神からの最大のギフトです。
病気にしろ、離脱症状にしろ、造った原因は精神科医にあったとしても、自分で治すほかありません。
自分の体が心地よいと感じるもの、自分の感性が信じられることをいろいろ試してください。

そして、精神疾患、離脱を含めて「苦しみの期間」は、一人一人、既に定められているように、今は、思います。
苦しみを通して、少しずつ心は耕され、成長し、新しい生き方にリセットするするプロセスのように思います。
「苦しみの期間」は、定められているとはいえ、その人の努力しだいで、短くも長くもなるのだと思います。

2014年が皆様にとって、明るい良い年であることを願っております。JUGEMテーマ:健康

| 薬害 | 11:23 | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
はじめまして、私はアメーバのブログから仮福さんを知りました。

三重県四日市市のパニック障害の者ですが、独学で精神薬の減薬中です。

本当は医師の元ですが、相手にして貰えないです。初めの病院は、6年の通院の末に追い出されました。今の医師も話しを聞こうとしません。

こちらのブログから精神障害者家族会に参加するとセカンドオピニオンの有益な情報がとありましたのでコメントさせて頂きましたが見方がイマイチ分かりません。携帯では見れないのか?分かりませんが。スマホではないです。

私としては、セカンドなどではなく転院したいです。

仮福さんが知っている情報のセカンドオピニオン教えて頂けませんか?

アメーバは、『たか☆』です。現状くらいは書いてあります。

希望を持って前向きに治療や話をしてくれる医師に診てもらいたいのです。

情報貰えませんか?

よろしくお願いします。
| たか☆ | 2014/03/28 8:50 PM |
埼玉県蓮田市山口医院山口修のデタラメな投薬により、廃人にされ殺されかけています
| なな | 2014/04/13 10:03 AM |
離脱症状で苦しんでおり、情報をいろいろ検索していたところ、この記事を拝見し、思わず泣いてしまいました。
苦しみには必ず終わりがあるのだ、と自分が信じることが大切ですね。
とても勇気づけられる記事でした。ありがとうございます。
| ブン | 2014/06/18 9:55 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/1222123
トラックバック