CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 輪廻転生について | main | 精神医療ダークサイド >>
早期介入の問題を考える会 意見交換会
JUGEMテーマ:健康

 
明日、早期介入の問題を考える会の意見交換会があります。
以下、早期介入の問題を考える会のページを引用します。
多くの方が参加されることを望みます。

**** 以下、引用 *****
私たちは子どもたちへの早期発見・早期介入に反対します  


2010年、精神保健医療改革の実現に向けた政策提言がされました。「こころの健康政策構想会議」と呼ばれる提言書は、自殺や精神疾患の弊害から国民を救済するには、国民全体の精神保健を充実させなければならないとうたっています。そして、心の変調について学校や地域の窓口で気軽に相談でき、熟慮した多職種の支援者チームが対応し、訪問も行うとまで言っています。特に若い人が罹患したときには、直ちに治療を開始してなるべく早く回復させることが国の損失を少なくすると提言しています。そして、ついには「こころの健康推進」を日本の基本政策にまでしようとしています。
  私たちはこの提言をそのまま受け入れてよいのでしょうか?


実際には、精神科の治療を開始して、薬をもらえばもらうほど、かえって本格的に具合が悪くなってしまうことが、とてもよくあります。その事実を、受診した本人も家族も、一部の謙虚な医療従事者たちも、多く経験してきています。何故でしょう? 「こころの健康政策構想会議」では、精神科の治療実績がこれほどまでに悲惨であるのは、「受診するのが遅かったためだ」と言います。本当でしょうか? 


  ところが、非常に早くに治療を受けた多くの子どもたちが、不適切な薬漬けなどによって、余計に深刻な苦しみから抜け出せなくなってきているのが実際です。


心の病気を早く見つける=早期発見


    その病気を早く治療する=早期介入


早期発見、早期介入すれば、本当に心の疾患が治り、提言書にある安心社会の実現がされるのでしょうか?


  こころの健康問題は、若年から始まることが多いのだからという理由で、学校教育の中でこころの健康のテーマを、より早いうちに取り上げようとしています。そうすれば、より早いうちに、子どもたちが不適切な薬漬けや介入にさらされていく、その危うさも高まります。 これまでの精神医療は、早く受診してよくなったという実績が、本当はとても少ないどころか、かえってこじらせることが多かったのが実際です。それなのに何故、「もっと早く、もっと気軽に受診しましょう」という国策を提言するのでしょう? これまでの精神医療の中身の過ちを、立ち止まって省みることなしに、何故かえって拡大しようとするのでしょう?


私たちは早期発見・早期介入の弊害から子供たちを守ろうと立ち上がりました。


早期介入の問題を考える会 意見交換会を開催します
被害に合われた方、もしかしたら誤診かもしれないと思われている方
この問題に関心のある方、その声を聞かせて下さい。
どなたでも参加できます。


○日 時 平成24年1月21日(土) 14:00〜16:30
○場 所 世田谷区北沢タウンホール 第一集会室
     世田谷区北沢2-8-18  http://kitazawatownhall.jp/map.html
○参加費 1,000円
○お申し込み 精神科早期介入の問題を考える会  事務局
        soukimondai@gmail.com
 氏名・所属・ご連絡先・お申し込みの動機など差し支えない範囲でご連絡ください。

| 薬害 | 11:40 | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
仮福真琴さん、はじめてメールをさせていただきます。
仮福真琴さんのホームページを拝見させていただきたいのですが、どのようにしたら、ホームページへたどりつけますでしょうか?
インターネット初心者の為 ご迷惑かと思いましたが ご指導をいただけましたならと願っております。

よろしくお願い致します。
| なおこ | 2013/11/08 9:31 AM |
なおこさん

コメント、ありがとうございます。
このブログの右上のほうの、LINKSの次にある、「仮福真琴の精神科医はうそだらけ」をクリックすれば、たどり着きます。
私への直メールは、右側のその上にある「仮福真琴に連絡」をクリックすれば、できます。

ただし、私のホームページは、最近更新していませんので、あしからず。
| 仮福真琴 | 2013/11/08 10:20 PM |
仮福真琴さん、おはようございます。お返事をくださり、ありがとうございます。
メールの場所までいきメールをさせていただこうと書いていたのですが、携帯からのアクセスですが、なぜか、途中から文字が書くことができなくなってしまいます。
パソコンがないので、あのような中途半端な文章が送信されてしまい、申し訳ございません。
精神科の怖さを私も知りました。また、それと同じぐらい、霊能力者の方々の恐ろしさも知りました。
こん世、生きてきたなかで60組ほどの霊能力者に御縁がありました。勉強不足、愚かな自分でした。
仮福真琴さん、どうか、どうか、私達のように、愚かな悲しき人間との御縁に、これ以上、傷つかないでくださいませ。

苦しんでいる皆様方々の為にと、あのようなお話を書いてくださり、本当にありがとうございます。

私は、精神病は霊障と考えている人間です。もちろん人間は神経をもっている人間ですので悲しいことがあれば神経をやむこともあるかとも思いますが、ですが、ほとんどの病気は霊の心が、関与してきていると考えています。

私のこん世での課題が何なのかはわかりませんが、ただ、ただ、苦しむだけの人生では終わりたくはありません。
いつか元気になって、私のような悲しい人間関係で傷ついてしまわないよう、いつの日か、どなたかの助けになりいきてゆきたいと思い願って生きています。
このような場所に長々と書いてしまい、すみません。
なぜか、私の心をお聞きしていただきたく、身勝手にもコメントをさせていただきました。
ご迷惑なことでしたなら、許してくださいませ。
真琴さん、ご家族様が、元気な笑顔で生きてゆけますよう、
もちろん、私達家族も笑顔になれますよう、共に豊かに笑い会えますようにと祈り願います。
読んでくださり、ありがとうございました。
| なおこ | 2013/11/09 10:21 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/1222119
トラックバック