CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< スピリチュアルを知ると楽になる | main | Merry Christmas! & A Happy New Year! >>
精神症状は憑依現象?

 皆様にとって、今年は、どんな年でしたか?


減薬に、こぎつけた年でしたか?
断薬した方もいらっしゃるでしょう。
いろいろな方がいらっしゃり、それぞれの思いがあると思います。


私たち一家にとりましては、私と娘の精神科医療を通しての私の本来の役割に導かれ、気づき、目覚めた年でした。
これから、来年になりますが、それを皆様にお伝えいたします。


今、減薬されている方は、どうぞ、自信を持って、ご自分に誇りを持って、ゆっくり、ご自身のペースで、減薬してください。
今が、減薬には、最適の浄化の時期です。
かならず、健康は、取り戻せます。


私が思いますには、発達障害という診断を下されている方の中には、本来、スピリチュアルの方が(前回のブログで書きました、縦の役割)自分の魂と繋がれず、その苦しみを精神症状と、精神科医に勘違いされ、薬漬けにされているケースが、非常に多いのではと、感じております。
発達障害と診断されやすい方とは、生きにくい方の事です。


もちろん、そうでない方もいらっしゃいます。
皆が皆、スピリチュアルではありません。
薬の効果のある方も、一部ですが、知っています。


本来は縦の役割でも、発達障害ではない方、定型の方というのは、発達障害の方より器用ですから、横の役割もこなせるのです。
我が家の夫と次女など、このタイプで、この2人は、定型発達で、発達障害の私や長女より、ずっと、器用に人中で(社会)やっていけますので、精神症状のようなものがでません。


すこしずつ、お伝えしますが、
内容は、
私の前世からみた、今生の人生の意味、使命、
母の降霊、
母と娘のカルマ、
霊媒体質、(自律神経失調症?)
精神科における憑依現象(気分変調症?)、
日常の軽い憑依、
家系が絶系になるとき使命を持った子が生まれる、
ご先祖様の除霊神事、


こういった内容を、お伝えしていきます。


それまでに、皆様は、スピリチュアルの最も基本的なこと真理を、前のブログで紹介した事をちょっと読んでおいてください。
自然界の真理を知ると、自分が楽になります。


今は、ネットの時代ですから、素晴らしいブログがたくさんありますので、
魂のしくみ by Naomi Angel
スピリチュアル ティーチング
等をお読みください。

11月2日のブログより、私の文章は、自動書記となりました。



世界の人口が、急増し70億人を突破しそうなことは、新聞にも書かれていました。
なぜでしょう?
今生まれてきたい人が、いっぱいいるからです。
なぜ今の時代でしょう?


これから生まれてくる子供たちは、本来の私がそうであったように、生まれながらに霊感を持ち、瞳と瞳の間の第6チャクラに、インディゴブルーの魂を持った地球に使命を持って生まれてくる子供たちです。
この子達は、私と同じ様に、生まれながらに、見えないものが見え、聞こえないものが聞き取れます。インディゴチルドレンといいます。
この子達は、ADD、ADHDと診断(レッテルを貼られる)ことが、多いでしょう。
生まれながらに、見えないものが見える子供達の数が、見えない子供達の数を上回ります。
この使命のある子供たちを、薬漬けにさせない事も、私の使命の一つです。
そのことは、ゆっくり後でお知らせします。

インディゴチルドレンとクリスタルチルドレンのページ 


皆様、どうぞ、良いお年をお迎えください。

| アセンション | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/1222114
トラックバック