CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< スピリチュアルな観点から精神医療をみる | main | 精神症状は憑依現象? >>
スピリチュアルを知ると楽になる

 精神医療を抜け出して、7年。
私は、実に、様々な苦労を経験しました。
精神医療のずさんさは勿論の事、減薬・断薬の危険性、遷延離脱症状の恐ろしさ、後遺症の事、発達障害のこと、精神科医が拗らせてしまった娘を治すのに苦労した事、こうなるとほとんどの精神科医は無能だった事、私は精神医療の隠された実態の生き字引のような存在になりました。


そして、その後、導かれ、たどり着いたのが、スピリチュアルの世界でした。
私は、宗教は持っていません。
これからも、持つつもりはありません。
スピリチュアルは、子供の頃から興味はありましたが、知識は全く無く、テレビでオーラの泉を良く見ていた程度でした。
私の生まれた家も、スピリチュアルとは全く無縁な環境でした。
特に、母は、唯物主義のかたまりのような人で、子供の頃、私が「魂ってなあに?」「人は、死ぬとどこへ行くの?」「人は、生まれ変わるって本当?」と、聞くと、「なに言ってるの、この科学の世の中に」と、言われ、更に追求すると、「屁理屈!!」と、しかれら否定されました。
しかし、私は、神なるものとつながる事、そして、自分の魂と繋がり、高次元からのメッセージをキャッチし、宇宙と一体感を持つ事、風となり、星となり、空となり、全ては一つであるという実感の中で、自分自身が生きていけること、これは、長い間私が、求め続けた生き方でした。


スピリチュアルな領域に、やっと、たどり着けました。
長い間、私の魂は、待ち望んでいたであろうと思いました。
そして、これから、私が、このブログを通して、お伝えしていく事は、このように、回り道し、苦労したからこそ、体験したものしか解らないことです。
本来、薬が必要でないのに、精神医療に引っかかってしまった方の中には、スピリチュアルな領域の方が、紛れ込んで、自分の魂とつながれずに、薬漬けに遭い苦しんでいる方が多くいらっしゃるのではないかと思っております。
このような方々に対して、私は、これから、ブログを通してお伝えできたらいいと思います。
人の役割には、縦の役割と横の役割があります。
スピリチュアルの人は、縦の役割で、天から繋がりの役割がある人のことで、横の役割の人とは、人とのつながりの中で役割を果たす人といったら、よいでしょうか。
布地も縦糸と横糸があって、一枚の布地となります。


ここ4〜5年、減薬・断薬を心がけ、達成していく方が増えています。
とても、良い事です。
本来、薬が必要なかったからです。
必要なかった薬を止めた後はどうなるのでしょうか?
自分自身に戻りますね。
そして、本当の自分、本来の自分は、どうでしょうか?
薬を止めた後、離脱症状が治まったら、本来の自分は、どうでしょうか?
どうぞ、本来の自分を生きてください。


なぜ、この時期に、減薬・断薬だと思いますか?


世界中では、今まで隠されていた悪事が、どんどん浮上するようになりました。
政治の世界でも、企業でも、そして、精神医療もその一つです。
悪事は、毎日のように新聞紙面をにぎわせています。
今日は新聞休刊日ですが、昨日の新聞にも、ロシアの選挙不正のこと、オリンパスの会計不正の事など、でていました。
ネットの力でエジプト・リビアなどの独裁者打倒が、起きたことも、読売新聞の一面に書いてありました。
そして、今年の3月11日の東日本大震災以来、人々の意識は、大きく変わり、2極化されました。
本来の自分に目覚め生きようとする若い方たちが増えています。
本来の自分、人間は本来、困っている方を助け、また、助け合い、分かち合い、支えあうものです。
私は、震災の後、ボランティアの方たちが各地から集まり、助ける姿を見て、日本人もまだまだ捨てたものではないと、思っておりました。
この時は、私は、まだ、離脱症状の中で、自分も目覚めてはいませんでした。
そして、あれから9ヶ月経ち、世の中の2極化は進み、本来の自分を求め、誠実に、正直に、人に優しく生きようとする者と、もう一つは、相変わらず弱肉強食の世の中で、自己中心的な考え方で物質主義な者、この2極化は、後少しで、本来の自分派が、物質主義派の数を逆転するといいます。


精神医療の領域でも、ここ数年で、大分2極化が進みました。
笠先生のような、良心的で、的を得た治療の出来る精神科医と、従来の多剤多量の垂れ流し、権威主義の精神科医は、まだまだ存在しますが、やがては、笠先生派の精神科医の数が、従来派の数を上回ると思っております。


地球は今、急速に浄化が進んでおります。
気付きのあった方達が、減薬・断薬をされるのは、当然のことと思います。
そして、地球とともに、地球で生きる私たちも、今浄化されていますので、減薬をするには、とても、良い条件となります。
そして、地球の浄化といいましたが、アセンションが近づいています。
地球の次元が上昇し、波動が変わります。密度が変わります。
私自身も、今、自分自身の浄化とともに、霊性に目覚め、これから、自分の魂と繋がる修行中です。
自分の浄化が進んでから、スピリチュアル、アセンションのホームページを立ち上げてから、お伝えしようかと考えておりましたが、それでは、遅すぎるようなので、私の体験を通して、解ったことから、お伝えさせていただきます。


スピリチュアルを知ると、とても、自分が楽になります。
あまり知識が無く、いきなりアセンションを勉強すると、混乱するかもしれません。
私が、そうでした。
まず、魂の仕組みを知ってください。
輪廻転生のこと、カルマの法則、波調の法則、前世、守護霊、指導霊、死後の魂の浄化について、これらは、基本的な知識ですが、同時に、真理です。
自然界の真理を、まず、知ってください。
知ると、自分がとても楽になります。
そして、人は、皆、愛され、守られている存在であり、命の重さを実感します。
減薬中の方も、できましたら、ご無理のないように、読んでみてください。
いまは、ネットがありますので、私が、後からお知らせいたします。

| アセンション | 10:58 | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/1222113
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2011/12/21 4:17 PM |