CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 私に降りた啓示 | main | スピリチュアルな観点から精神医療をみる >>
トラウマの再演の意味すること

人の人生の変化のサイクルは、同じ様な形をとります。
私は、7年前、自分が断薬し、ほっとしたのもつかの間で(1年余り)、長女も同じような誤診被害者と知り、長女を救う役目がありました。
このたびは、長女もやっと快方に向かい、ほとんど良くなり、ほっとして私の役目も「これで終わった。フーーッ!」
ほっとしたのもつかの間でして、また次なるお役目があることを知りました。
前置きは、それくらいにして、私の身に起きたことをお話しします。


昨年2010年、春まだ浅い頃でした。
娘が最悪の状態で、ファンタジー妄想が出て、私も夫も精神的にも肉体的にも、かなり疲れ追い詰められていました。
そんな頃、私は、あるちょっとした刺激から、封印してあった記憶の蓋が開いてしまいました。
蓋が開いたのは、これで、2度目でした。
ただ、7年前の減薬の途中で、蓋が開きそうになったこともありまして、その時は、あわてて薬、とっさにコントミンを飲み、収めました。
蓋が開くと同時に、私はバラバラになり空中分解し、5人の人格が一気に飛び散りました。
あたり一面が、記憶の海と化し、記憶の洪水に溺れそうになりました。
そして、その人格の中で、一番しっかりした冷静な人格が、天上から全てを眺め、励まし、導いていました。
一度目の蓋が開いた時と、今とを比べていました。
そして、言いました。
「32才のあの日と、今のお前を比べてみろ!お前は、しっかり事態を受け止め、耐えられるようになり、随分成長したではないか。子供っぽいお前も、もっと、自信を持て!」
今思いますと、蓋が開くのは、その必要があるからで、人生に無駄な事は一切起こりません。


長くなるので、詳しくは書けませんが、それから私がやったことは、自分自身で記憶の整理をし、蓋を閉め、過去の自分が受けた精神医療の包括的意味づけを行いました。
その間、精神症状で苦しみましたので、信頼の置ける数人の精神科医を訪ね、臨床心理士の意見を聞き、薬はリーマスの微量、フラッシュ止めの漢方をもらいました。
私の魂は、それ以外のことは、望んでいませんでした。


蓋が閉まるまでに、4ヶ月ほどかかりました。
はじめの一月は、PTSD様の恐怖症状で物事に取り掛かることも出来ず、蓋の開いた場所には一切近づけず、朝起きて朝食をとった後、それだけで脳がくたくたになり、昼過ぎまで眠り続ける生活でした。
不眠、解離、フラッシュバック、不快記憶の侵入、パニック発作、発汗、離人症、その他不快な症状は、ほぼ治まるのに、7ヶ月かかりました。”トラウマの再演”でした。



その頃、ある方から、一人のカウンセラーを紹介されました。
私は、カウンセラーは女性である事、私よりやや年上で子育ての経験のある方を希望しました。
こちらが願っていると、こちらの願いにピッタリの方が現れ、60代の優しいお母様で、ADHDのお子さんを育てた経験のある方でした。
ご自分の息子さんが、就学前に市の検診でADHDが見つかり、子育てしながら発達のお勉強をされ、カウンセラーのお仕事をしていらっしゃる先生でした。
一目お会いして、私はこの先生が、大好きになりました。
この先生とのカウンセリングは、クライアントが一方的に話して、先生が受け入れるというスタイルではなく、女同士の普通のおしゃべりのかたちで、私も先生も、同じくらいおしゃべりして、先生の発達のお子さんの子育てした時のご苦労など、伺い毎回楽しいものでした。
一回目にお話ししたとき、
「あなたは、アスペルガー受身もあるけれど、私の息子と同じADDの要素の方が強い。」
と、おっしゃり、この時の助言は、本当にありがたく自分の発達特性の見方が大きく変わり、今まで誤解されていた本当の自分を取り戻すことのきっかけにもなりました。
そして、私が、生まれつき霊感が強かったこと、感受性が強く研ぎ澄まされ霊媒体質であったこと、予知的な能力も多少あったこと、子供の頃に、私の身におきた不思議な話しなどいたしました。
先生も、霊感がおありの方だったようで、よく、話しを解ってくださいました。
そして、32才から、私は多剤の精神薬を摂ってしまい、もともとあった霊感がすっかり消えてしまった事、霊感があることすら忘れてすごしていた事、だけど、断薬後少しずつ霊感が戻り、子供の頃には、夜寝る前に毎晩見ていた、よく解らないけれど、あのパラレルワールドだか、前世だかを、たどれるようになったことが、一度か二度あったことなど、話しました。
先生は私に、
「もう、薬は止めたんだから、霊感は徐々に戻ってくるんじゃないの?あなたはスピリチュアルなカウンセラー、○○先生の所に、行くと良いかも知れない?」
と、おっしゃいました。
この時、私の頭の中に、○○先生の名前は、ピタッとフィットされ、いつか行こうと思いました。
この先生とのカウンセリングは、毎回楽しく、4回ほど通いました。
そして、この時紹介された、スピリチャルなカウンセラーの所へ、行こう行こうと思いながら日々が過ぎました。
その間あったことは、断薬後7年間ずっと続いた離脱症状でした。
これを直すのに四苦八苦していました。これが治まり、一段落してから、そちらに伺おうと思っていました。
今思うと、私の魂が、そこへ訪れるべき時期を知っていたのだと思います。


今日は、ここまでにします。
この続きは、次回書きますね。

| アセンション | 16:13 | comments(0) | trackbacks(3) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/1222111
トラックバック
アスペルガーを自宅で治す!
アスペルガー症候群は原因をきちんと理解して適切な方法を行えば、自宅で簡単に対策・改善ができます。
| アスペルガー症候群改善術 | 2011/11/19 4:43 PM |
あなたも心理カウンセラーになりませんか?
わずか1ヶ月で資格を取得し、あなたも心理カウンセラーとしてデビューし活躍することができます!
| 心理カウンセラー資格取得通信講座 | 2011/11/23 7:59 AM |
アスペルガーを自宅で治す!
アスペルガー症候群は原因をきちんと理解して適切な方法を行えば、自宅で簡単に対策・改善ができます。
| アスペルガー症候群改善術 | 2011/12/03 8:17 AM |