CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 精神科医との折衝 | main | 日本の精神科医は遷延離脱症状を知らない >>
遷延離脱症状
JUGEMテーマ:健康
長い間、ブログをお休みしてしましました。
今日は、私の近況報告をしたいと思います。

私は、多剤多量服薬を8年前に断薬して、その後、いれかわるように娘が誤診されたため、娘の対応で調子を崩し、5年前から再服薬→再断薬→自分に合った医療探し、と経過してきました。

現在は、体重が相変わらず、一定せず元に戻りません。
ベスト体重は、46Kgですが、前回58Kgまでいった体重が、やっと52kg台に戻ってきたかと思うと、また、徐々に増えだし54kg台くらいになってしまいした。
朝起き、体重が増えていると、全てがイヤに、マイナス思考になります。
未だに、急な気分の変調・神経過敏・イライラ、離人症、引きつるような筋肉のこわばり、、セネストパチー、体重の増加と減少を繰り返えし、身体が分厚くなる、便秘などの症状がよくなりません。

 最近、私のこれらのいろいろな症状は、「遷延離脱症状」だったと確信しました。
今思うと、いろいろな遷延離脱症状が出たとき、ちょっと精神薬を再服薬したりして、事態をどんどん悪くし、長引かせていたようです。
また、発達障害のフラッシュバックや過敏性などと症状が重なる事もあり、ぴったり合った治療に、結び付かなかつたように思います。
娘が、発達障害をこじらせ、遷延離脱症状が酷い時も、娘のために情報集めし、さらに私の症状を悪化させていたようです。
娘はアスペルガーで、私は、ADDが根底にあったようで、今思うと、一般の方に比べ子育ても大変だったようです。
 
今は、毎日、「この身体を治すこと」をしております。

「遷延離脱症状」の第一人者は、イギリスのアシュトン教授だそうです。
アシュトン教授の書いた、通称「アシュトンマニュアル」は、各国語に翻訳されていますが、日本語だけありません。なぜでしょう???
誰か、英語のできる方、翻訳していただければ助かります。
「遷延離脱症状」は、急ぎすぎた減薬・断薬後、しばらくして(場合によっては数年後)に出てくる様々な症状です。
私は、ずっと、断薬後の後遺症と訴えてきましたが、「遷延離脱症状」だったようです。
イギリスには、サポートする機関もあります。
日本では、「遷延離脱症状」認識すらありません。
まして、サポート機関があるはずがありません。私の場合、断薬後の後遺症をどの医者に訴えても、「薬の影響は、何年も残りません。」とあしらわれました。
たまたま付けられる診断名は、「身体表現障害」で、患者に責任を負わせる、医者にとって都合のよいものでした。
このように、まともに対応できる医療・支援を受けた事がありません。

人によって、「遷延離脱症状」の出る時期・年数、症状は様々です。
飲んだ薬の量・種類、環境によっても異なるそうです。外国の論文では、断薬後10年たっても苦しんでいる方もいるようです。
知識があっても、病気の再発・元もとの病気・性格と「遷延離脱症状」の区別は難しい事です。
まして、「遷延離脱症状」の知識がなければ、正しい診断は全く望めません。
私の場合も、そうでした。
娘のストレスでかたずけられる事がほとんどでした。
「遷延離脱症状」のことが日本でも認識され、診断やサポートできる機関ができる事を、願ってやみません。


「遷延離脱症状」に関しては、次が参考になります。
ベンゾジアゼピン離脱症状 精神医療の真実、聞かせてください、あなたの体験
グリーンフォレスト・ベンゾジアゼピン離脱症状を延々と バッファローのブログ
たまごのブログの掲示板
| 精神科医にプロはいない | 13:41 | comments(0) | trackbacks(3) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/1222105
トラックバック
発達障害は自宅で治せます!
あなたの育児ストレスが一瞬にして解消され、発達障害のお子様がお利口さんになる方法をお教えします。
| 発達障害の子育て教育体験記 | 2011/04/20 7:58 AM |
アスペルガーを自宅で治す!
アスペルガー症候群は原因をきちんと理解して適切な方法を行えば、自宅で簡単に対策・改善ができます。
| アスペルガー症候群改善術 | 2011/04/20 8:31 AM |
アスペルガーを自宅で治す!
アスペルガー症候群は原因をきちんと理解して適切な方法を行えば、自宅で簡単に対策・改善ができます。
| アスペルガー症候群改善術 | 2011/04/25 8:52 AM |