CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< ありがとう、セカンドオピニオン | main | 精神科医との折衝 >>
春を待つガーデニング
ここに本文を記入してください。
JUGEMテーマ:趣味
 本年も、よろしくお願いします。
毎日寒い日々が続きます。
この寒さの中、しばらくやっていなかった、ガーデニングを続けて3日ほどやりました。
ビオラ、パンジーは、昨年暮れに植えました。
マーガレットは、昨年鉢植えで買ったものを今年は地植えにして初夏には株が大きくなり、花がたくさんつくのが楽しみです。
つる薔薇の誘引がまだ残っています。
昨年植えたミニ水仙、ムスカリが、少し芽を出しています。
昨年植えたガーデンシクラメンが、葉だけになってしまったと思っていたら、葉の下に小さなつぼみをたくさんつけて、暖かくなるのを待っています。
クリスマスローズも、新しい葉を出していました。
春は、もう直ぐですね。
白い花 ムスカリと水仙の芽 寄席植え ミニ水仙 ビオラ スノーボール
| 日常の日記 | 18:56 | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
ネットで批判することしかできないのかwwwww

この弱虫がwwww

精神科の先生の立場考えて物事考えろよwww

たまたまあんたがいい先生が当たらなかっただけだろwww

世の中には治った人もいるんだよ。そんなことも知らないのか?おつむが悪いからしょうがないかwwwバーカ(笑
)
| 匿名希望 | 2011/01/19 4:26 PM |
色んな意見がありますね。どうぞ、皆さんご覧ください。
間違った常識にとらわれないで、事実をしっかり見ましょう。
お馬鹿かどうかは、読んだ人が判断すればよい事です。
| 仮福真琴 | 2011/01/20 10:52 PM |
>たまたまあんたがいい先生が当たらなかっただけだろ
このブログでの問題提起のひとつは精神医療の現状が勝率の低いギャンブルに過ぎないかもしれないということでは?

>世の中には治った人もいるんだよ。
臨床現場から経験的に「薬物療法によって」多くの人が治癒したのだとの声があっても、それはプラシーボ効果であって、処方された薬物の化学的作用に拠るものではないのではないかという議論があります。極端化してしまえば、薬物療法の一部に関しては「信じるものは救われる」というだけではないかということ。

ここの方は精神医学そのものを否定したいわけではないのですよね?
| ちょっと | 2011/01/30 6:42 PM |
>ちょっと さん
こんばんは。初めまして。
私のブログを全て読んでいただければ解ります。
私は、精神医学を全て否定しませんし、精神薬も全て否定していません。
精神科に掛かり良くなった方も、知っています。
良くなった方は、フラシーボ効果の人も居るとは思いますが、薬の効果があった方のほうが多いのではないでしょうか。
私の訴えているのは、精神科と看板をだしながら、何もわかってない、いい加減な精神科医が多いという事実です。
いい加減なだけなら良いですが、多剤多量処方を受けると、二次障害三次障害で人生を棒に振ってしまいます。
そうなると、それを治せる精神科医は、砂の中のダイヤモンドほどの確率しか居ません。
ちょっと勉強すれば、直ぐにその辺の精神科医のレベルを超えられますよ。
| 仮福真琴 | 2011/01/30 10:36 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/1222103
トラックバック