CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 精神薬の減薬を心がけたり、精神医療にかかって悩んでいる皆さん | main | 春を待つガーデニング >>
ありがとう、セカンドオピニオン
JUGEMテーマ:健康

今年も残すところ1日となりました。
皆様は、どんな年でしたか?
我が家は、正に転機の年となりました。
あまり詳しくは書けませんが、ここで、ご報告します。

4年前に、入院した事により急激に症状が悪化し、転院で更に多剤多量処方をうけた娘は、退院後、セカンドオピニオンにかかりました。
そこで、不必要な薬を1年以上かけて減らし、原疾患までやっと戻しました。
それ以降も、何人もの精神科医にお世話になり、助けられました。
とはいえ、これだけ拗らせた娘の状態や、その他諸々複雑に絡み合い、その時々結果は様々でした。
昨年から今年にかけては、PTSDが悪化し、何度も入退院を繰り返しました。
今年になると、かなり悪化しましたが、新しく入院した病院で、単剤処方を受け、それからは、着実に良くなってきております。
私たちは、セカンド以降の精神科医は、全員ダイヤモンドと思って感謝しております。
それは、私たちが、勉強して勉強して、選びに選んだ精神科医たちだったからです。
精神科医だけでなく、いろいろな方々に助けられました。
本当に、ありがとうございました。

来る日も来る日も吹雪で、先は見えず、夫も私も何度も放りだしたいと思ったことでしょう。
しかし、最後まで投げ出さず、良かったと思いました。

娘は、先日こんな手紙をくれました。

「お母さん
 いつもありがとう。
 お母さんのお蔭で、良くなりました。
 これから、親孝行します。
           娘より 」

私は、次の返事を書きました。
 
「お手紙ありがとう。
 とても嬉しかったです。
 私も、お父さんも一生懸命やりましたが、
 最終的に良くなったのは、あなたの中の力です。
 どうぞ、これからは、自分を信じて進んでください。
 いつも、見守っています。
   愛娘へ  父・母より 」

前にも書きましたが、娘は発病して精神科にかかったわけではありません。
きっかけは、娘がちょっと脅迫的になったとき、軽い気持ちで私の主治医(精神科)に連れて行ってしまったことです。
娘と私たちの13年の苦労は、このときから始まりました。

まだまだ、状態は3歩進んで2歩下がったりしていていますが、
娘にとっては、大きく飛躍の年となりました。

皆様、良いお年をお迎えください。
また、来年お会いしましょう。

| セカンドオピニオン | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/1222102
トラックバック