CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 自然治癒力について | main | トラウマサバイバーとして >>
精神医学「死を生み出す産業」展示会(9/15から3日間)
CCHR(市民の人権擁護の会日本支部)主催の精神医学「死を生み出す産業」展示会が開催されます。
どうぞ、精神医学の実態を知ってください。

日にち 9月15日、16日、17日 の3日間です!
場所 東京、文京シビックセンター (地下鉄後楽園&春日駅)

明日からですが、お近くの方、お時間があったら、是非足を運んでみてください。
| 精神科不要論 | 09:27 | comments(9) | trackbacks(0) |
コメント
CCHRのやり方は陰謀論です。サイエントロジー教会が母体だからでしょう。
| Txx | 2010/09/15 6:25 PM |
サイエントロジー教会だけが問題視にしているように思っている方がいますが、違います。
偶然ブラジルから来日しているプロテスタントの牧師さんと話をしたことがありますが、こう話していました。
「教会内では精神薬の問題はかねてから問題になっていて、皆牧師は知っています。悩み、苦悩こういった問題は薬では何の解決にもならないです。」
精神医療の暴走は他の教会でも問題視されているんです。
| 橋本みゆき | 2010/09/17 2:01 PM |
はじめまして。仮福真琴さんのブログや被害者幸子さん遺族か精神科医を告訴した件を見てとてもショックを受けました。ここまで日本の精神医療が荒廃して利益、利己主義になっているとは思わなかったからです。亡くなった幸子さんは主治医の間違った精神療法により心がレイプされた状況になってしまったのだと思います。幸子さんがなくなってもなお、元主治医は責任を取ろうとせずに今も現場にいることを思うと恐ろしくなります。都会の精神科だからもっと患者主体の医療が行われているのかと思いきや、ますます薬を多剤投与して患者を副作用や自殺に苦しめ、挙句何の根拠もない懲罰的な電気ショック療法が再開されているという現実。
心の病になったら精神科にいけばすぐに治るというのは製薬会社と悪辣な精神科医が結託した陰謀広告であるのに多くの国民はだまされているのですね。少しのことくらいで精神科にいけば最後、その人間は廃人になるまでその精神科とそれをとりまく利益産業の餌食にされてしまうところか、一生犯罪者のようなレッテルを貼られてまともな医療も受けられないなんて絶句しました。認知療法やカウンセリングも結局は支配でありそれらを受けることでますます病気が悪化して依存関係を作り二次被害を作るのだという悲しい現実。結局今現在の日本の精神医療はカルトと一緒ではないだろうか。家族を否定し、家族から患者を引き離し、その人間の一生を弄び重大な後遺症を残す。精神科医にはろくな人間が織らず、本当に実力ある精神科医はほんの一握りである。
| ノリ | 2010/10/04 6:12 AM |
ノリさん、私は精神科医から処方された薬で、精神科医に好意を持ちました。今から考えると、気分の衝動が大きくなったと思われます。好感が持てる態度→恋愛感情、嫌な態度→憎悪というように気分が大きくなっています。そういった薬の副作用が幸子さんと医師の関係に問題を生じた原因ではないかと思います。
もし、幸子さんが薬の影響下でなければ、医師に好意を感じなかったかも知れません。
自分自身が薬の影響に気づかないことが、精神医療で傷を深める原因の1つだと思っています。
| 橋本みゆき | 2010/10/04 12:04 PM |
橋本さんお返事ありがとうございます。本当に精神が病んでいる人に限って、周囲や他人に迷惑をかけてもまったく反省しないで日本の社会で図々しく生きてますよね。その人たちこそ本来ならば精神科にかかるべきなのに、彼らはかなり性格がゆがんで意地が悪いから、周囲の他人を平気で心病むまで攻撃、利用し続けるのです。結局精神科医になるのは楽だから、医療ミスもないから、あまり他科に比べて勉強しなくてもなれるからではないかと勘繰ってしまいますね。製薬会社の猛烈な接待攻勢に揺るがない心の持ち主はどれ位いるのでしょうか。日本は、欧州に比べて精神医療が遅れているのでしょう。日本においては老人病院と同じように姥捨て山にされているのが精神病院だと思いませんか。家族から捨てられた人たちが行く場が精神病院。でも老人病院のほうがはるかに患者の安全と人権が守られているからよっぽど安全ですよね(笑)
| ノリ | 2010/10/07 6:38 PM |
私も精神疾患に効く薬が麻薬であることはまったく知りませんでした。なにしろ棄権だからと麻薬覚醒剤では呼びかけている類のものですから、それを薬を患者に処方しているとは全く思いも寄りませんでした。
精神医療はシャブ漬け医療と改名すべきです。

精神科医になるめり意図はノリさんのご指摘のとおりです。
設備が少なく、病気の根拠を調べなくても、医師が独断と偏見で疾病名がつけれるなんて医師にとっては夢のような仕事です。しかも処方ミス・診断ミスは症状が悪化したとか、薬の作用によって本来表に表れなかった症状が出てきた、とかですべて逃げ切れるようになっています。

薬でおかしくでき、患者を増やし、治す必要もない科なんて、対面でいい加減な人がしやすい職場です。

老人病院も眠剤をだされたりで向精神薬漬けだとおもいますよ。
| 橋本みゆき | 2010/10/08 10:59 AM |
なるほど、精神薬が麻薬のようなものなのですね。
それが事実ならば、患者はよくなるどころかその常習性から一生病気でい続けますね。精神薬の重大な副作用がなぜ国民に知らされないまま処方され続けるのか。それを考えるとだまされないように国民の側が賢くならなければいけませんね。社会的弱者や国にとって邪魔な存在である人間は向精神薬漬けにしておとなしくさせて排除するということなのだろうか。精神科にかかることでかえって自殺など重大な事を引き起こすならば、患者になる前に正しい知識を身につけて困難を乗り越えるようになることが必要ですね。自分の甘えを捨てて冷静に判断して努力しないと彼らの餌食になってしまいますね。
| ノリ | 2010/10/08 10:44 PM |
躁、うつ、仮面うつ病、統合失調の多くはストレスが関係しています。下垂体のはたらきと副腎髄質、副腎皮質などの訪問によって、様々な症状が体に起きます。
「フリーライターかこさん」のブログでアップしていきますので呼んでください。
| 橋本みゆき | 2010/10/09 9:55 AM |
> Txxさん 橋本みゆきさん ノリさん
おはようございます。
橋本さん、いつもありがとうございます。
お返事が遅れ、申し訳ございません。
ここ数日、いろいろありまして、パソコンを開けていませんでした。
ごめんなさい。
蕁麻疹で足が腫れ、やっと腫れがひいたので、昨日は久しぶりにガーデニングをしました。
久しぶりに、自転車にも乗りました。
今日も、秋晴れかと思いましたが、朝から雨で、うっとおしい一日です。
また、いらしてくださいね。
| 仮福真琴 | 2010/10/12 10:17 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/1215586
トラックバック