CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 多剤大量処方の結果、家族を自殺や副作用などで亡くした方 | main | 精神医学「死を生み出す産業」展示会(9/15から3日間) >>
自然治癒力について
身体の病気でもそうだが、精神の病でも自然治癒力が働く。
十数年間PTSDをわずらい、フラッシュバック・タイムスリップに年中襲われ、解離症状・強迫的思考パターンでがんじがらめの方がいた。
生来のかたくなな拘り性格で、脳のPTSDの回路が一本の太い獣道のように強化されてしまったのだろう。
いくら周りが気持ちを切り替えるようアドバイスしようが、専門家がアプローチしようが、かたくなな脳は、頑として受け付けなかった。
薬さえも受け付けなくなり、日常生活の全て、脳の回路はPTSD一色になった。
「人生=PTSD」になった。
考えてみれば、たいした業績で、これだけで勲章物だ。

こんな時、人は、どうやって自然治癒力を働かせ治っていくのだろうか?
この方の選んだ手段は、統合失調症だった。

医者もカウンセラーも親も、全てに見切りをつけ、捨てて、夢の世界に逃げてしまった。
最初は、楽しかったが、次第に幻覚妄想に悩まされる統合失調症になってしまった。
「統合失調症とは」、ご両親は嘆き悲しんだ事だろう。
しかし、この方の統合失調症の発症は、自然治癒力の現われだった。
統合失調症になることによって、自分の力ではどうにもならない、脳のスイッチの切り替えが行われた。
幻覚妄想は、自分の意志ではどうしようもなかった。
それは、PTSDに比べ物のならないほど、辛く苦しいものであった。
そして、統合失調症という病を通じで、その方は初めて諦めるという事を知った。
「いままでのPTSDは、諦めればよかったんだ。」
治療は、統合失調症の方がPTSDよりらくだ。患者にとっても、治療者にとっても。
合う薬さえ見つかれば、その後の治療はシンプルだ。
統合失調症が薬で抑えられると、元のPTSDが顔を出す。
統合失調症を通して、過去を受け入れる事を、諦める事を学んだおかげで、PTSDの症状が以前に比べずっと楽になった。

精神の病は、どれも人間臭い病だと、私は思う。
来る日も来る日も、当事者そして家族にとって戦いの日々だ。
だが、最後まで希望を失わない事だ。

当事者の苦しんでいる症状とふりしぼるような苦しみの中にこそ、自然治癒力は、働いているのではないかと思う。

| 精神疾患との向合い方 | 09:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
分析力がすごいと思います。よく観察してると思います。
| ファン | 2010/11/26 6:48 AM |
>ファン さん
ありがとうございます。
また、いらしてください。
| 仮福真琴 | 2010/11/26 10:23 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/1211606
トラックバック