CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 春の花 | main | 精神科医を訴える方が増えてきた >>
精神医療の改善を願う
私のブログを読んだ方から、多数メールを頂いております。
いづれ、ホームページをリニューアルオープンします。
発達障害の誤診誤処方を患者の側からみて書こうと思います。
発達障害の2次障害の症状なのに、よく間違われる統合失調症。
私は、精神医学は医学ではないと思っています。
そして、あまりに日本の精神医療の水準は、低すぎます。
ですが、人は精神を病むことはあります。
生まれつき脳の脆弱性というか、精神的に弱い人も居ます。
私もそうです。
人間、精神を病んだ時、では、どうすれば良いか?
軽い症状なら自分で対応できますが、急性期のような状態になった場合は、精神科に行くしか選択肢がありません。
ところが、多くの精神科医は、まともな診断が出来ません。
精神科の診断は、担当医の主観のみで判断されます。
薬の使い方も知りません。
減薬の方法も知りません。
まだまだ・・・・。
世の中の人は、この事実を知るべきです。
ここ数年で、精神科は、少しは良くなったのでしょが。

例えば。
精神病で、死ぬ事はありません。
癌は、進行すれば死にます。
精神病が原因で死ぬ時は、自殺くらいでしょう。
基本的に、治療薬は、単剤・少量が正しい使い方ですが、命にかかわるとき(自殺・自傷・他傷の恐れのあるとき)のみ、精神薬をドカンと投与し過沈静をさせることもあると思います。
これは、せいぜい長くて半年、短くて数ヶ月だそうです。
ところが、過沈静を、十年以上やっている精神科医が、まだまだ居ます。
私も、娘も、そうでした。
人間の常識からいえば、これはおかしいと気づくはずです。
精神科医が気づかないなら、素人の私たちが勉強するしか、身を守れません。
私の15年間の処方など、ヒルナミン・コントミン・リスパタール・ピレチア・アーテン・アキネトン・セルシン・パキシル・リーマス・フェノバール・テグレトール・ワゴスチグミン・ベゲタミンA・サイレース・
ホリゾン(1A)・ハロペリドール(1A)・下剤が数種類。
関東圏・東京辺りの精神科が、一番ひどいようです。
発達障害で薬剤過敏の私などが、発達の2次障害の抑うつ・気分変調で、東京の精神科を訪れれば、まともな精神科医に当たる確率は、かなり低い。
典型例(典型的な鬱病や典型的な統合失調症)は、まだ、誤診率が低いようですが・・。
日本のいいかげんな精神科医の中にも、おそらく、何人か判らないが、ほんの一握りまともな精神科医が居ます。
今後、日本の精神医療は、大きく変わっていくでしょう。
発達障害、薬剤過敏、この辺をわかっている精神科医は、数少ない。
一握りしかいない、まともな精神科医に、精神科を内科レベルまで?上げてもらうよう、精神医療の改善を願っています。
| 精神科医にプロはいない | 15:03 | comments(5) | trackbacks(0) |
コメント
TVCMの眠れないならなんなんだよ 睡眠薬かよ。

怖い天使だな

今日のドクターの切れ方はミドリ十字の安倍にそっくりだった
| 和孝 | 2010/04/13 8:30 PM |
病院の入院問診票とか

50項目ぐらいの質問で丸つけた分だけ薬は合法的に投与できる。
しっかり紙にサインしてしまったのとおなじなのだ。
不定愁訴なんてだれでもあるぞ〜

医者を信用して、「あ、その症状あります!」なんて言ったら
はい、2点プラス 薬は儲かるなあ
| 和孝 | 2010/04/14 6:08 AM |
レセプトの導入とは

薬が点数ということで
薬を飲ましたい心理とは。医療費増大、健康減少。漢方サプリメントには保険効かない。守製薬会社。


自分で考えて働く人は邪魔(文句はいうし、経営者からは目障り)

| 和孝 | 2010/04/14 8:12 PM |
はじめまして。

私も精神病薬で酷い目にあいました・・・。
セカンドオビニオンどころか
5箇所くらい病院を廻る事になり
その度に、ずさんな精神科医たちにも何人もあい
保険がきく、心理療法やカウンセリング・催眠療法などもないし
今は「ビタミン剤」で治せるという理論をもっている
病院で、それを試し始めたところです。

最近、ひとつ疑問が生まれました。
薬害関連の訴訟も起きているようですが
誰か、データを集めている人はいるのだろうか?

多分いない。

「訴えた人」だけが「まれなケースだ」とでもいうことにされてるのではないか?

すべての患者が、どんな症状で診断の元、どんな経過を辿っているかというデータは無いだろう。
医者からは「昨日は眠れたか、朝ごはんは食べたか」くらいしか
聞かれてこなかったし。

そもそも薬を開発したときに「臨床試験」なんてしてないんじゃないか??人間の心のことをラットに当てはめられない。
「心」と名前をつけられているものが、他の動物と人間との
大きな違いでもあるのだし。

なのに、誰もデータ集めて、研究もしていない。
彼らは、しらんぷり。

NPO法人かなにか、誰かが設立して
患者たちの自己申告での膨大なデータを集めて解析して
つきつけてあげないといけないのではないかと思います。

誰か、その力がある人、たくさんの人々のためにやってほしい!
本当は、それをしないでいて廻りまわって、国家の生産性や財政にもにも負担がかかってることに、気づかないと、です。

製薬会社だけが儲かってても・・・じゃないの?と。
| valley | 2010/05/20 2:20 PM |
>valley さん
はじめまして。ようこそ、いらっしゃいました。
栄養療法をはじめられたのですね。
うまく行く事を願っています。
こういう精神科被害者を救うNPO、これから増えると思います。
また、いらしてくださいね。
| 仮福真琴 | 2010/05/25 11:08 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/1169077
トラックバック