CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 統合失調症の典型例も治療できないヤブ精神科医たち | main | 母の呪縛 >>
当事者の思いと家族の願いのズレ
皆様、こんばんは。
日増しに、春めいてまいりました。
桜の季節は、もうすぐです。
私の日常など話さず、直ぐあちらの話しに入ります。

レベルの低い精神科医には、その医者の治療が間違っていると疑わない患者が多くついているものです。(かつての私のように・・)
精神科医療に疑問を持って勉強した患者は、レベルの高い精神科医を選びます。
これは、当たり前のことですが・・・・・
内科や外科では、直ぐにヤブ医者かどうか見分けがつきますが、精神科の場合これがわかりません。ほとんどの精神科医がヤブだからです。レベルの高い精神科医は、砂の中のダイヤモンドを見つけるくらいの確率です。本当に、困った現状です。
私は、精神医学を、医学とは思っておりませんが、正しい診断などないものと思いますが、困っている事が問題化した時は、「正しい診断、そして、正しい処方(対応)」が必要と思います。
人間は、心が病んでしまうこともあります。このとき、どうしたらよいか?
選択肢が、あまりに少なすぎます。また、勉強して意識を上げないと、レベルの高い医者の言う事も、理解できません。
当事者に対して、手を尽くすほどどんどん病体が複雑化し面倒になっていくのは、当事者の「これから進もうと思っている道」と、親と周り(・医者・カウンセラー)の「こうあったらいいと望んでいる道」、この3つがずれているからでしょう。
当事者の「これから進もうと思っている道」は、親が考えている道とは同じではないのでしょう。ズレている事をするから、余計なお世話で、どんどん複雑化するようです。当事者の進みたい道を理解して、あせらず、じっと見守るのが最善のようです。
| 精神疾患との向合い方 | 23:57 | comments(5) | trackbacks(0) |
コメント
妄想がおき、入院しましたが、今は自宅にいます。薬は強く朝飲むと午後3時まで眠ったしまうものです。生活ができなくなるため、眠剤以外はやめてしまいました。
今のところ妄想は起きません。妄想が起きた時はとても元気になり、音楽を聴いて1日中踊っていました。
今、朝起きるのも辛く眠剤を飲んでいたせいか眠れません。薬は躁を抑えるような薬で何もする意欲が起きませんし、テレビを見ているのも辛くなります。
体の状態に合わせて薬を出してくれるといいですが、無理なようなので今はじっとしています。
| 橋本みゆき | 2010/02/24 9:43 AM |
精神的な症状が出ることは何らかのメッセージだと思います。
それらのメッセージを完全に封じ込めることは、
将来的には人生に破たんをきたすような気がします。
(例:多量の投薬で症状を抑えることに主眼を置くことなど)
もちろん、医療が不可欠になる状況もあると思いますが、
その医療の質も多くが低レベルのままなのが精神科の現状だと、
僕も感じています。そして、幸いにもよい医者に巡り合えた時に、
最大限のサポートというメリットを享受することが出来るように、
まずは当事者自身が力を入れて学ぶべきだと個人的には思います。
(これはなかなか難しいことなのかも知れませんが)
| Shimachin. | 2010/02/24 2:26 PM |
>橋本みゆき さん
こんばんは。橋本さん、大丈夫ですか?
つらいですよね。
ゆっくり休んでくださいね。

>Shimachin さん
お久しぶりです。お元気ですか?
貴重なご意見、ありがとうございます。
私は、毎日、いろいろ大変な状況でして、「精神科養生のコツ」を実践するのが、今の自分にはぴったりです。
セカンド以降、多くの方に出会い、支えれれて今があり、感謝しております。
| 仮福真琴 | 2010/02/24 8:04 PM |
はじめまして、こんにちは。いつもサイトを参考にさせて頂いております。私も通院しています。このサイト様に巡り会い、自分の処方された薬をネットで調べたら、二十四才以下には処方すべきでないものや、興奮する副作用等がある薬が当時十九才の私に処方されていたことに驚きました。(今もその処方です)今思えば、今の病気が酷くなったのはあきらかにこの薬のせいだと思います。人生終わる前に気づけて本当に良かったです。このサイト様に巡り会えて本当に有り難いです!それにしても、こんな危ない薬をぽんぽん副作用も教えずに処方する精神科医はどうかしています。一回処方した医者に味併せてやりたいです。
| 雪哉 | 2010/03/01 6:31 AM |
>雪哉 さん
こちらこそ、初めまして。
ようこそ、いらっしゃいました。
反応が遅くて、申し訳ございません。
この拙いブログが、ご自分の処方薬を見直すきっかけになったのですね。
よかったです。
雪哉さん、どうぞ、良く勉強なさってください。
このブログも、情報の一つに過ぎません。
| 仮福真琴 | 2010/03/02 11:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/1152519
トラックバック