CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 本来必要がない人までが、薬物治療を受けている | main | 当事者の思いと家族の願いのズレ >>
統合失調症の典型例も治療できないヤブ精神科医たち
私の2人の知人で、統合失調症を発病して、20年以上過ぎている方がいます。
2人とも、メリレル単剤で症状が治まり、作業所に通い、10年以上入院もなく地域で安定した生活を送っていました。
数年前、メリレルが発売停止になりました。2人とも、メリレル単剤の処方をした主治医から現在の主治医に変わっていました。処方はそのまま引き継がれていました。しかし、メリレルがなくなってから、2人とも現在の主治医の変薬がうまく行かなかったのか、多剤になり、入退院を繰り返すようになりました。
2人とも、ネットは使えず、薬の知識もなく医者任せの方たちでした。

一人は、この2年間に4回入院し、そのたびに薬の量も種類も増えているそうです。今も入院中で、退院の目処が立っていないようです。

もう一人は、この2年間で7回入院しました。薬は多剤になり、幻聴・幻覚・妄想がひどくなり、私に何度も電話をしてきました。処方を見ると、治療方針も何も見えません。メリレル単剤の時は、幻聴・幻覚・妄想が全て治まっていたし、これらの内容を聞いても、診断は統合失調症に間違いがないかと思います。私は、治療は単剤処方が一番良い事を伝えました。この人が主治医に、単剤の相談をしたら、「そういうやり方もある。」と言って、処方を一向に変えないそうです。そしてついに、この処方で症状が治まらないなら電気ショックを勧めてきたそうです。その主治医は、都内の有名な精神病院の院長だそうです。

2人とも、せっかく単剤で安定した生活が送れていたのに、薬がなくなった時の主治医がいいかげんな精神科医だったために、変薬がうまく行かなかったと思います。精神科の良い先生は、砂の中のダイヤモンドを探す確率です。この2人は、統合失調症の典型例だと思いますが、典型例は割りにヤブ精神科医でも治療しやすい患者と思います。この2人の主治医は、箸にも棒にも掛からない本当のヤブと思います。これは、決して珍しい話ではなく、精神科ではよくある話です。

なんとも気の毒な話しです。
| 精神科医にプロはいない | 23:18 | comments(6) | trackbacks(0) |
コメント
僕も今は安定しているけど今の薬が使えなくなったりしたらこまるよなぁ、またリスパダールとかいやだしな。栄養療法でうまくいけばよかったのだがまぁしょうがないか
| アルファ | 2010/01/22 5:36 AM |
このような医者は「ヒモ医者」といいます。
そのこころは?・・・かかると死にます
これは、落語にもある有名なお話ですが、
精神科の医師では別の意味でも使います。
そのこころは?・・・患者を食い物にします
本当に精神科は「ヒモ医者」だらけなのです。
| Shimachin. | 2010/01/22 9:37 AM |
>アルファ さん
お久しぶりです。最近如何ですか?
今は、合う薬が見つかったのですね。
安定しているなら、いいですね。
栄養療法は、うまく行かなかったのですか?
又、いらしてください。

>Shimachin さん
お久しぶりです。
「ヒモ医者」・・・本当ですね。
患者を食い物にする精神科は、これが多いのですね。
早く世の中の人々が、気づくべきです。
| 仮福真琴 | 2010/01/22 10:12 PM |
お久しぶりです。とうとう統合失調の症状が出て、50日ほど入院しました。少し元気になったと思っていましたが、現実と空想の世界がまぜこぜになり、入院しました。妄想は入院して4日ほどで消えました。ただ、以前もなにもする気が起きなかったので統合失調が潜伏しいていたのでしょう。
こんなことになった家族にもし分けないという気持ちときっかけになった13年前の抗うつ薬の摂取が原因であるかと思うとやりかれません。離婚をして死にたいと夫に告げたのですが、少し頑張ろうと慰めてくれます。
他の人たちはどうしているのかと思います。
処方はルーランと眠剤が主になっています。ルーラン、サイレース、アキネトン錠を処方をうけています。
統合失調の陰性の症状が怖くて飲んでいます。他の人たちはどうしているのでしょうか。
| 橋本みゆき | 2010/02/15 4:39 PM |
>橋本みゆき さん
お久しぶりです。
最近どうしていらっしゃるかと、気になっていました。
このような症状が出るのは、ストレスがあったり、いろいろ大変な思いをされたのでしょうね。
少し、ゆっくりされては如何でしょう?
どうぞ、お大事になさってください。

| 仮福真琴 | 2010/02/17 6:57 PM |
お忙しいのにありがとうございます。中川昭一さんが暗殺された話から政治に興味を持って長時間没頭していました。
しかし、そもそも原因は13年前過労から体調を気にし、精神薬を飲んだことから始まります。
病院は開放的で患者さんも重い症状の感じの人は少なかったです。また、私は妄想がすぐに消えましたが、自分は神とかイエス=キリストの生まれ変わりだとか思っている人がいました。そういった人たちは元気でした。わたしは統合失調でも陰性の症状が強くたまたま元気が出てきて家事がスムーズにできると思いしやこの病気でした。人生を早く終わりにしたい心境です。
| 橋本みゆき | 2010/02/18 2:40 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/1139863
トラックバック