CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 精神科で苦労されている方へ | main | 統合失調症の典型例も治療できないヤブ精神科医たち >>
本来必要がない人までが、薬物治療を受けている
読売新聞の朝刊一面に、次の記事が出ていました。

*****(2009年12月4日03時04分 読売新聞)******************
うつ病100万人超す、10年で2・4倍に 

 抑うつなどの症状が続くうつ病の患者数(躁(そう)うつ病を含む)が、初めて100万人を超えたことが3日、厚生労働省が3年ごとに実施している患者調査でわかった。

 長引く不況などが背景とみられる一方、新しい抗うつ薬の登場が患者増につながっていると指摘する声もある。

 患者調査によると、うつ病が大半を占める「気分障害」の患者数は、1996年に43万3000人、99年は44万1000人とほぼ横ばいだったが、2002年調査から71万1000人と急増し、今回の08年調査では、104万1000人に達した。

 10年足らずで2・4倍に急増していることについて、杏林大保健学部の田島治教授(精神科医)は、「うつ病の啓発が進み、軽症者の受診増も一因」と指摘する。

 うつ病患者の増加は、新しいタイプの抗うつ薬が国内でも相次いで発売された時期と重なる。パナソニック健康保険組合予防医療部の冨高辰一郎部長(精神科医)は、「軽症のうつは自然に治るものも多い。しかし日本ではうつを早く発見し、薬を飲めば治るという流れが続いており、本来必要がない人までが、薬物治療を受けている面があるのではないか」と話す。
**********************************************

そして、この新聞記事ですが、
「本来必要がない人までが、薬物治療を受けている面があるのではないか」
と話す。
で、終わっています。
これが、大きな問題で、私も娘も必要の無い薬を長年飲まされました。
必要のない人が必要の無い薬を長年飲まされたらどうなるか?世間はもっと知るべきです。
私など、抗鬱薬を含め、14種類の精神薬、2週間に1回のデボ剤注射漬けの15年間でした。減薬もまともに出来ない主治医でした。
お蔭で今も、精神薬の後遺症に悩まされています。
慢性的抑うつ、神経過敏をこじらせ、抗パ剤による能力低下等など。
娘は年齢が若かった分、もっと悲惨で、必要の無い処方薬による発病、精神科治療によるPTSD。これが隠されている、精神科の中核の問題「薬剤性精神病」です。
多くの精神科医は、治療の必要の無い人の除外診断をせずに、安易に薬をだし、精神薬の副作用を病気が進んだと誤診し、更に薬漬けにしてしまうのです。
素直な患者ほど、医者のいいなりになってしまい、事態がどんどん悪化します。
この事実を、世間が早く知るべきです。

世の多くの精神科医の皆さん、もっと、しっかり勉強してください。
勉強は、製薬会社の書いた薬の処方マニュアルや先輩医師の受け売りではなく、患者から学んでください。患者の状態を良く見て、薬が合うか合わないか、副作用が出ていないか、慎重かつ迅速に見極めてください。
患者の話、家族の話、そして生育歴もしっかり聞き、カルテにまとめ、真面目に取り組んでください。
そして、患者の将来を大切に考えてください。
安易に、薬を出さないでください。
内科や外科の誤診は、直ぐに結果がわかり、その場で命が奪われる事が多いでしょう。
精神科の誤診は、その場で分かりませんが、その先、患者の人生のレールが大きく狂い一生を台無しにします。

| 薬害 | 22:38 | comments(12) | trackbacks(0) |
コメント
頑張ってね〜〜
| うつ病 | 2009/12/05 11:40 PM |
仮福さんの意見に同感です。
除外診断もまともにできずに「症状だけで病名を決める」
大多数の精神科医には退場してほしいです…。
| 年金太郎(karma) | 2009/12/06 10:03 AM |
DVDを見てもらうことで、大勢の方が見て見ぬふりをしている精神医療の問題をもっと知ってもらいましょう。
| satoshi | 2009/12/07 6:32 PM |
真琴さん、ご無沙汰していました。
断薬して一切の症状がなくなってから、1年ちょっと経ちました。
7年間服薬していて、ずっと不安定な精神状態でしたが、断薬してからは一度もそんなことはなくなりました。

低血糖症だと分かり、3月から栄養療法のクリニックで治療を受けていました。
治療開始から半年くらいで、体調がものすごく良くなり、物心ついて以来、今が一番良いと思えるほどです。
私の場合、小さい頃から低血糖症体質だったようで、常に食べ物の影響を受けていた為、ADHDっぽさもありました。
でも、今はそのようなこともなくなり、だらしなさが軽減してきました。

けれど、脳の働きが異常に悪くなっています。
本の内容や、人の言葉が覚えられないことが多いです。
人と話す時、なかなか言葉が出てこなく、しどろもどろになります。
数年前を考えてみると、人と話す時に言葉が出てこなくて困ることなんてありませんでした。
歩くのと同じように、自然にできていたことが今は出来ません。

周りにいる、もっと年配の人たちを見ても、話すのなんて普通にできているし、そこそこ論理的な流れで(頭を使って)話せているのに、それが出来なくなりました。
明らかにおかしいんです。

やはり、精神薬の後遺症なんでしょうか。

父も相変わらず、高血圧関連の薬を大量に出されており、デパス・ハルシオンも4年以上服薬しています。
鬱っぽい時が多く、劇やせしてしまいましたが、医師の言うままになっています。
精神科以外でも、これらの精神薬が気軽に出され、副作用で病気になる現状に憤りを感じます。
| ayame | 2009/12/10 6:41 PM |
> 年金太郎(karma)さん
ご無沙汰しております。お元気ですか?
来年は、展示会などでお会いしたいですね。

> satoshi さん
DVDは、私も知り合いに貸しています。
代替医療の先生には、1枚差し上げたのですが、患者さんに見せて、薬を止めた方もいらっしゃるようです。良いことですね。

> ayame さん
こちらこそ、ご無沙汰しております。
体調は、良くなったようで、良かったですね。
わたしも断薬後、6年経ちますが、精神状態とか体調は段々良くなったのですが、ずっと頭が働かず、使い物になりません。
本が読めないとか、思ったことを言葉に出来ないとか、全く同じです。
認知能力が低下したのだと思います。
本当に精神薬の後遺症は、しつこく、先が見えません。
お父様、心配ですね。
病気を、治療する薬はありません。
病気を治すのは、人間の本来持っている治癒力です。
薬は、治癒力を高める為の補助として使うことを良く考えたいものです。
| 仮福真琴 | 2009/12/11 7:58 PM |
仮福真琴

あけましておめでとうございます。そして、はじめまして。私は実名を出して訴えています。今、医療者の危機意識のなさに、ショックを受けています。

同じ医療者が受けとめなければ、被害者は、どこに行けばいいのでしょう。ショックで自殺する人もいるくらいです。訴える人は稀なんですよね。
精神科の治療に苦しめられる人がいることは、どうすればわかってもらえるのでしょう。

負けそうになったけれど、ここに集まる皆さんに勇気をもらいました。一度は絶望感から死のうとしたんだから、こわいものはありません。

またがんばります。


| まるまる | 2010/01/02 1:27 PM |
>まるまる さん
明けましておめでとうございます。
こちらこそ、初めまして。
精神科医は、あまりに無知で無責任ですよね。
もっと、しっかり勉強しろよ、と言いたいです。
この精神科領域は、甘い蜜を吸おうと思ったら、思う存分吸える領域です。
まるまる さんは、実名で訴えていらっしゃるのですか?
すごいですね。よかったら、どちらで訴えてらっしゃるのか教えてください。
もし、コメントで書けないのでしたら、このブログの右上にある「仮福真琴に連絡」から、メールをいただければと思います。
| 仮福真琴 | 2010/01/02 10:12 PM |
仮福真琴様

返信ありがとうございます。落ち込んだ時に、気持ちが通じる方に声をかけていただくと、救われますね。

もう少しだけ時間を下さい。私は仮福さんとここに集まる方の声を大切に考えています。はじめて読ませていただいた時、涙がこぼれました。なるべく形になるように、がんばります。仮福様には必ずお伝えさせていただきます。
| まるまる | 2010/01/03 9:53 AM |
>まるまる さん
解りました。
それでは、いつか、ご連絡ください。
今日まで、生き抜いた自分を信じて、お互いがんばりましょう。
どうぞ、お元気で。
ありがとう。
| 仮福真琴 | 2010/01/03 10:01 PM |
仮福さん
訳ありで連絡のところにメールしましたが出来ませんでした。

お手数おかけしますが↑のコメント削除お願いします。

| は〜ぶ | 2010/01/05 4:31 PM |
>は〜ぶ さん
新年おめでとうございます。
コメント、削除致しました。
「仮福真琴へ連絡」は、ジャバスクリプトがオンになっていなければ、送信できないかもしれません。もし、オフになっていたら、オンにしてください。
どうぞ、ご連絡ください。
息子さんのご快復と、ご健康を祈っております。
| 仮福真琴 | 2010/01/05 7:59 PM |
仮福さん
ご多忙のところ早速削除して下さって有難うございます。

一縷の望みだったのですが知人が調べて止めた方が良いという結果になりました。

メールの仕方が出来るようになりましたらご連絡させて頂きますね。

寒さ厳しい時節柄どうかお体お厭いくださいね。

| は〜ぶ | 2010/01/05 9:30 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/1119964
トラックバック