CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
<< 精神疾患に悩む人の「駆け込み寺」 | main | 本来必要がない人までが、薬物治療を受けている >>
精神科で苦労されている方へ
皆様、こんばんは。
私たちと同じ目に合った方からのメールを多数頂戴しております。
又、こちらのつたないブログ・HPが、ご自分の誤診誤処方に気づくきっかけになったと、お礼のメールもいくつか頂いております。
又、ご自分の大切な恋人を精神科誤治療で亡くされた方から、
「パズルが解けたようにわかった」
と、お礼のメールを頂いております。
少しは、人様のお役に立てたのかと、嬉しく思います。

このブログ・HPを読んでも、ピンと来ない方もいらっしゃいます。
又、感情論とか一部の偏った意見とか、あるは、視野狭窄という方もいらっしゃいます。
このブログ・HPは、自分の体験談だけなので、社会一般の精神科の誤処方のことは、次のHPをご覧ください。
精神科医の犯罪を問う
精神医学は医学じゃないです
精神医学の闇
このブログ・HPは、精神科の誤診にあい、苦労した方のためにあります。
当然、精神科で苦労していない方もいらっしゃいます。
私の知人の中にも、そういう方がいます。
現状は、苦労した方があまりに多い科なのです。
どうぞ、その辺、気づいてください。
又、そういう苦労をされた方、どうぞ、声を上げてください。
ネットの中で、ハンドルネームで結構です。

3年前、私は娘の誤診誤処方をいくつかの家族会で訴えました。
反応は、とても悪かったのを覚えています。
その後、笠陽一郎先生の「精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて」が出版されました。
大分、皆さんの意識も高くなった事でしょう。


今、私たちが毎日取り組んでいる事は、
私は17年間の誤処方で蓄積された精神薬に蝕まれた体を元に戻す事。、
そして、娘のご治療によるPTSDを治す事に取り組んでいます。

人には、迷惑をかける人とかけられる人が居ます。
私は人に迷惑をかけるなど、考えられません。
当たり前の事ですが、運命が大きく変わるとき、取り巻く人間もがらりと変わりますよね。
私は、20年前不必要な精神科医療にかかり、友達ががらりと入れ替わりました。
5年前、精神科医と縁を切ると、いままで足を引っ張っていた人と全て縁が切れました。
それから、多くの方に助けられ支えられました。
そして、今日があるなと、思います。

| 精神科医にプロはいない | 20:12 | comments(15) | trackbacks(0) |
コメント
お久しぶりです!

私は相変わらずです。

最近、あまりお見かけしなかったので、ちょっと心配をしておりました。

精神医学のウソがどんどんと白日の下にさらされてきています。

こちらの方にもお越しくださいませ。

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=4591200

| サイクバスター | 2009/10/26 10:27 PM |
お久しぶりです。
私も薬の副作用や離脱症状で人格が変わり、多くの人間関係を失いました。
今も減薬で苦労しています。

精神科の実態が早く社会に広まることを望みます。
| みお | 2009/10/27 10:04 AM |
>サイクバスターさん
こちらこそ、ご無沙汰しております。
サイクバスターさんも、ますますご活躍されているようで、
いつも、応援させていただいております。

>みおさん
私も、同じです。
はやく、事実を知ってもらいたいですよね。

| 仮福真琴 | 2009/10/29 12:10 AM |
お久しぶりです。

ご紹介いただき、ありがとうございます。
『精神医学は医学じゃないです 』のsatoshiです。

NHKスペシャルの内容も本になりました。
さらに新しいDVDも出ています。

巨額の資金で広告された向精神薬産業の真実が、これからどんどん暴かれていきます。

この危険に気がついて他の人に伝えようとしてきた仮福さんの思い。すばらしいと思います。

体の健康をしっかりと保ち、心身ともによいことをなさっていってください。
| satoshi | 2009/10/31 12:42 AM |
少しはお元気になられましたが?
http://asp.atomicweb.co.jp/id/happyegg/bbs/

子供も上記を参考に減薬に励み10ヶ月で・・・・・という薬を一ミリグラムまでになりましたがトレーニングをしすぎて帯状疱疹になったりと壮絶な闘いをしています。

過労から慢性疲労症候群になり抗うつ薬を処方されどんどん具合が悪くなり去年の暮までは食事以外は寝ている状態になりました。

現在は散歩を一時間くらい出来るようになりましたが
本を読んだり考えたりする事が出来なくなってしまったようです。

会社は解雇されすべてを失い無収入でこの先の事を思
うととっても不安になります。

会社を訴えようとカルテをといいましたら保険医なのにカルテが無いといわれました。

クリニックに人生を滅茶苦茶にされ悔しいです。
お若い仮福さんの情報有難く思っております。

お体お厭いくださいね。
| は〜ぶ | 2009/10/31 1:54 PM |
はじめまして。減薬の方法をインターネットで調べていてこちらのホームページにたどり着きました。
ご相談させて頂いてもよろしいのでしょうか。
お時間があるときにでも、助言頂けたら本当に幸いです。

10年くらい前から一日三回レキソタン5咫▲疋哀泪繊璽50mgを処方されて飲んで居ました。

不安感や視線恐怖、自殺未遂など、如実に精神的な不安定を感じるようになったので、通院する事にしたのですが。

飲み始めてからは、精神的にも安定していたので気にもせずに10年もの間飲んでいたのですが。
しかし、人間関係の破綻や仕事での失敗など、色々な事を考えているうちに、私はこれを一生飲まなければいけないのか?と言う単純ではありますが漠然とした疑問が生まれました。そして、薬がもたらす副作用が色々な生活に支障をきたしているのではないか?と疑問だらけになったのです。

そこで、医師に相談してみると、徐々にレキソタンから減らしていっても良いでしょう。との事でした。
しかし、いざ減薬を始めてみると、もの凄い辛いのです。
日によって差があるのですが、視線恐怖が強まったり、言い表せない心の緊張などがあります。

医師は、話を聞いて治すと言うよりか、患者に処方量を意思決定させているように思えます。それは過度な量を決めさせていると言うものではなく、「アナタがそう思うなら、そうしても良いのでは?」と言う感じです。

今は、仕事も辞め減薬に集中出来る環境にありますが、方法を間違うと良くないとも聞いたので、そんな経験がある方から助言や経験談など聞けたら、私の減薬生活にも変化があるのかと思いコメントさせて頂きました。
また、良い精神科・神経科がある病院も探そうと思っています。

お忙しいとは思いますが、是非ご助言いただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
| K | 2009/10/31 2:34 PM |
>satoshi さん
お久しぶりです。お元気そうでなりよりです。
精神科産業の隠されてきた事実が、どんどん暴露されていますね。
聡さん達のご活動のおかげです。
お疲れ様です。
私や娘のような犠牲者を、これ以上増やさないように
これからもどうぞ、お願いします。

>は〜ぶ さん
お久しぶりです。
は〜ぶ さんも、酷い精神科医にかかり、ご苦労されたお一人ですね。
息子さん、お散歩が出来るまで快復されたのですね。
良かったですね。
私も未だに、本はほとんど読めず、集中力がないのか、頭に入りません。
精神薬を飲んでいたときのように、
脳をピタと押さえつけらているように働きが悪く、
喋っていても、隣のスピーカーから私の声が出ているような状態が、
5年くらい続いています。
少しずつ良くなると思うのですが、悔しいです。
家は、26歳の娘が、とても面倒な事になり、
この先どれだけお金がかかるかと思います。
全くの薬害なので、お金をもらいたいと思います。

>K さん
はじめまして。
ご丁寧なコメントを頂戴してありがとうございます。
大変苦労されているのですね。
他の方にもお伝えしているのですが、
このブログでは、個人的な治療に関するご質問には、お答えしておりません。
個々の抱えている事情は、はかりしれませんし、
私には、責任をもてないからです。
大変申し訳ございませんが、どうぞご了承ください。
| 仮福真琴 | 2009/11/01 10:15 PM |
ご無沙汰しています。ずっと更新されていなかったので、心配していました。
人間関係が変わるって、物凄く共感出来ます。
最近、季節の変わり目のせいで久しぶりに喘息発作が起き、初めて飲み薬を処方されたのですが、1日2錠なのに余りにも副作用が酷く、すぐに服用を中止しました。それを医師に告げたら別の薬に切り替わったのですが、今度は別の形で副作用が現れました。
1日中眠り続け、手がブルブルと震える自分に、昔の恐怖が蘇りました。(精神薬の副作用なんてこんなもんじゃなかったですけど)
私は副作用が出やすい体なのかもしれないけれど、薬って本当に怖いですね。今回、その事を再確認出来ました。

精神科医療と私の戦いは、これからが本番だと思ってます。
お互い頑張りましょうね。
| はな | 2009/11/02 12:14 PM |
真琴さん お久しぶりです。
しばらくお見えにならなかったので心配してました。
ブログのご紹介ありがとうございます。
ヤフーの方でも真琴さんのブログ紹介しようと試みたのですが何分にもメカ音痴な為に失敗しておりました。

症状が出たため精神科医に処方された薬による副作用と後遺症があることを、つくづく感じました。

長年精神薬を飲まされた結果、副作用と共に説明しがたい後遺症に悩まされ人生を台無しにされては、この医学に不審を抱くのは当然で、その怒りは収まりません。

私は認知療法に振り回され、各種療法が真っ赤な嘘であることを知りました。
薬だけではなく、各種療法が何の意味もなかったこと。
むしろ症状を固定化し慢性化させ、減薬しても後遺症(物忘れ、記憶障害)が残る。

これこそが薬害以外の何者でもありません。

医者が薬で治らなければカウンセラーに任せ、カウンセリングがダメなら薬と..振り子の原理です。

丸投げしあっているだけなんです。
| なぎさ | 2009/11/02 1:36 PM |
>はな さん
ご無沙汰しております。
ご心配をおかけしました。
薬の副作用、怖いですね。
精神医療との戦い・・・・・
私たちも、これからずっと続くようです。
逃げるわけには行かず、今後の課題です。

>なぎさ さん
ご無沙汰しております。
お変わりありませんか?
なぎささんは、認知行動療法に振り回されたのですね。
大変でしたね。
この領域、カウンセラーもひどいのが多いのでしょうね。
お互い、これからもがんばりましょう。
| 仮福真琴 | 2009/11/02 11:26 PM |
はじめまして soraといいます。
いつもブログ拝見させて頂いてます。
私は15歳から10年間 自律神経失調症やうつ病など様々な誤診を受け薬を服用していました。
1年前から減薬、3ヶ月前から完全断薬をしています。すさまじい禁断症状がありましたが現在はだいぶ収まってきています。がまだ外出は一歩もできていません。
長年の服薬のせいで家族との関係も壊れ今修復しているところです。が家族は西洋医学(今の日本で主流になっている薬物での対症療法)に寄せている信頼が大きい為 なかなか伝わりきりません。
本を読んだりもしているのですが 可能になれば一度薬に詳しい医師に話を聞きたいと考えています。
後遺症の事も大変気になります。
いつもコメント欄も大変参考にさせて頂いています。 
「2009/02/09 精神薬の断薬後症状その1」のコメントにあります
セカンドオピニオンで有名な精神科医 R医師 について教えて頂きたいです。

お手数をおかけして大変申し訳ないのですが
よろしくお願い致します。
| sora | 2009/11/24 3:18 AM |
>soraさん
こちらこそ、初めまして。
ご丁寧なコメント頂戴いたしました。
このブログの目的は、専門医を紹介するものではありません。
また、今私も、当事者でsoraさんと同じ様な症状が長年つづき、長時間ネットに向かえません。

このブログの右上にある「仮福真琴に連絡」から、ご連絡いただけませんか?(お返事が直ぐできるかどうかは、わかりませんが・・・)
| 仮福真琴 | 2009/11/24 3:24 PM |
仮福真琴さん お返事ありがとうございます。
個人的な質問をしてしまいごめんなさい。以後気をつけます。
いつも 携帯のネットでブログを拝見させて頂いているのですが、教えて頂いた「仮福真琴に連絡」という箇所が見当たりません。
私はパソコンをもっていないのですが 携帯のブログからは無理なのでしょうか。
お体に無理のない時に教えて頂けたら嬉しいです。
大変申し訳ありませんが よろしくお願い致します。
寒くなってきました。お体お気をつけ下さい。
| sora | 2009/11/25 1:09 AM |
>soraさん
ご連絡ありがとうございます。
携帯で見られませんか?
このブログの右サイドの右上の方に「連絡メール」という項目があり、その中に「仮福真琴へ連絡」という、リンクがあります。
もし、携帯で見られないのなら、お友だちのパソコンかネットカフェのパソコンを使い、soraさんメールアドレスを記載頂き、一度ご連絡いただければ幸いです。
| 仮福真琴 | 2009/11/25 10:51 AM |
仮福真琴さん 詳しく説明して頂きありがとうございます。
残念ながら 私の知識が足りないのか 教えて頂いたリンクがみあたりません。 長年の服薬の為信頼関係を築けている友人も少なく 近くにはいず また家族とも離れているため今は方法がありません。
症状が少し回復し可能になれば誰かの力を借りるか ネットカフェに行きご連絡させて頂きたいと思います。
本当にありがとうございます。
薬害について調べていく中で ある一人のセカンドオピニオンの医師にたどり着きました。
こちらのブログでおっしゃっていた医師かどうかは分かりませんが その方も薬害について詳しく、長年活動されているようです。
私は長年の薬害の為 医者 という白衣を着ている者全般において不信感を持っていますが 一度母と訪ねに行く予定です。
私の周りにも何人か向精神薬を処方されている人がいます。素人の私からしても危険だと感じる人もいます。事実を当事者に伝える事はとても難しく簡単な事ではないですが薬害の事根気よく時間をかけて伝えていくつもりです。こちらのブログの事も伝えさせて頂きます。
私自信こちらのブログで どれだけ救われ 勉強させて頂いたか分かりません。自力ではなかなかできる事ではないです。
本当にありがとうございます。
ご無理の多い事とは思いますがどうかお体大切にして下さい。
お忙しい中ありがとうございました。

| sora | 2009/11/25 9:30 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogkarifuku.digit-01.com/trackback/1101231
トラックバック