CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
輪廻転生について
JUGEMテーマ:健康


「私の前世」の続きを書こうとしたのですが、霊のことを書き出すと、周りにワーッと集まってきます。
最近少しずつ霊感が戻ってきましたので、その日にもよるのですが、ワーッ、ゾゾ。シシッ。と来るので今日は止めました。
今日は、軽く輪廻転生について書きます。
人は、輪廻転生を何度も繰り返して、魂を成長させ、元々生まれてきた宇宙の根源・神の元に返り、「この世」の修行を卒業します。
人は、死ぬとまず、幽界に行きます。
ここに留まる年数、あるいは日数は、人それぞれでしょうが、幽界でこの世の思い執着を落とすと、その上の霊界に入ります。
こちらは、それぞれ、いくつもの階層があり、魂の修業により一つ一つ上がっていきます。
そして、自分の魂のレベルに合った階層に留まり、そこでは、類魂といって、自分と似たような思考、好みの集落に留まります。
ここでその中で特にカルマが強かったりした魂は、類魂の成長の足を引っ張る事になります。
そこで、類魂の中で話し合い、今度はどの魂が転生するかとなります。
その時に、その魂の成長のために、なにをテーマにするか、そのテーマを達成する為には、生まれる時代、民族、両親、性別はどうするかなど、皆で話し合い決めます。
類魂の中で、一番浄化の進み成長した魂が、守護霊となり、誕生から死ぬまで見守り、導き役として付き添います。
霊界では、魂は、今回の転生だけでなく、過去の全ての転生の人生を、スライドのように見ることが出来、過去の人生も、振り返り、深く反省します。
そして、今度こそと、「カルマの解消」などテーマを決め、決心して、転生を望むのですが、生まれる前に待合場につれていかれ、そこで、全ての記憶を消されます。
そして、転生し、生まれてきます。
しかし、消されてしまったそれまでの過去の転生での記憶は、すべて潜在意識に残っています。
例えば、子供が3歳でピアノの前に座ると、習った事も無いのに、両手でピアノを弾いたなどというのは、前世でかなりピアノを弾いていた方でしょう。
霊能力というのも、転生しても、潜在意識の中に残っていますので、今回の転生でも、自分で気がつかなくても、何かの拍子に突然目覚めるかもしれません。



この世、現世は、厳しく辛い修行の場ですから、過去に転生の多い方ほど、人生の経験が多いわけで、引き出しが多くなり、つまり、人として優しく、人の痛みがわかり、人格(霊格)が高くなります。



転生は、男にも生まれ、女にも生まれ、金持ちだった人生、貧乏だった人生、平凡な人生、貴族から奴隷まで、強い人間から、障害者まで一通りやります。
私は今回、精神医療被害、薬害を学ばせていただきました。
これは、今回の転生は、初めての経験だと思います。
私は、100年に一度程度転生しているようで、100年前は精神薬もなく、日本には精神病院はありましたっけ?
私は、こういった経験をする前は、精神病者に対して、世間で言う偏見を持っていました。
なにか、良くわからないけれど、怖い者。
私は、きちがいと言う言葉が大嫌いです。
本当の精神病者は、ほとんどいません。
ほとんどは、不要な薬による医原病です。
私がこの先、来世で、もしまだ精神病院・クリニックがあったら、まず、門はたたかないでしょう。そして、子供も不用意に連れて行きません。
今生で得た精神医療被害のこの記憶は、潜在意識にしっかり記憶され、魂に焼き付けて、あの世に帰り、報告しようと思います。

そして、来世で、わたしは精神の病に苦しむ当事者、そのご家族に出会ったら(来世では今生の記憶は消されておりますので)、その方達の苦しみやご苦労を知りもしないのに、不用意な言葉を決して口にしないと思います。

| スピリチュアル | 23:43 | comments(0) | trackbacks(1) |
| 1/1PAGES |