CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
私に降りた啓示

 精神医療の被害を訴え続けて7年が過ぎました。
初めは「一部の偏った意見」「病気の人が医療に繋がるのが遅れたらどうするんだ」など、お叱りのご意見ばかりいただきました。
私は、服薬期間は15年、14種類の多剤多量処方で、2週間に一回のデポ剤をうたれ、体重は25kg増えました。
当時、ネットには、今のような減薬断薬の情報はなく、一人で手探りで、どうにか断薬までこぎつけました。
薬無しの生活の喜びをかみしめたのは、1年余りでした。
そのあと、長女も私と同じ主治医の誤診で、薬害から精神障害1級になった事を知りました。
私は、酷いショックで、鬱状態になり、再び薬を摂りました。
それから、薬の再燃は、それはそれは酷いものでした。
薬の再燃ともしらず、娘を救う為、薬を飲んでは連日のように家族会に出かけ、ブログを更新しました。
再燃と離脱症状と娘を抱えて、夫と私は愛媛の笠陽一郎先生のセカンドオピニオンにたどり着きました。
笠先生は、精神医療に誤診が多く、悪処方を怒り、嘆き、無償でインターネットを使って、セカンドオピニオンをされていました。
私たち親子のように誤診誤処方にあえぐ患者が、全国から、1千人を超えていました。
私たちのように、途中で気づいて、笠先生にたどり着ければ、まだ、良い方です。
世間には、ネットも知らず、主治医の言うままに、誤診とも知らず、必要も無い薬を長年飲んで人生を狂わされた方の数が常識では考えられないほど多い事を知りました。
笠先生に出会って初めて、娘と私は、発達障害の重ね着症候群、二人とも、過敏で薬に弱く、減薬も難しい事、適正理解と部分サポートが必要なことを知りました。
その後もずっと、笠先生には助けられ、また、笠先生の下に集まったセカンドオピニオンの患者家族の方々に支えれら、教えられ、助けられました。
笠先生に共鳴された良心的で優秀な精神科の先生方にも、本当にお世話になり助けられました。


笠先生はじめ皆様のお蔭で、娘も、やっとやっと、ここまで来ました。
自立までの道のりは、まだ、もう少しあるようです。
お蔭さまで、私も、7年以上続いた離脱症状も、ほとんど治まり、体型は、やっと薬を摂る前の9号に戻りました。
私たち家族の、長い長い戦いでした。
笠先生は、砂の中に輝くダイヤモンドでした。
そして、私たち家族にとっては、ずっと、主治医のような存在でした。


ほっとしたのも、束の間でして、私には、次なるお役目(?)といいますか、また、私でも出来ることを、微力ながらもお伝えさせていただこうと思いました。


全ては、導きでした。
全てに意味がありました。
人生に無駄なものは、一つも、ありませんでした。
ホームページも、新しいところに行きますので、少しお待ちください。
それと、夫は本当は「不甲斐ない夫」ではなく「頼もしい夫」なのです。
これは、私と娘の誤診に気づかず、仕事で飛び回っていたことで喧嘩した時に思わず書いてしまいました。
ずっと、気になっていたのですが、直すと検索に引っかからなくなるので、出来なくなりました。
すみませんね。
夫婦は仲良くです。


みなさま、長い間、私どもの拙いホームページ、ブログをお読みくださり、本当にありがとうございました。
読者の皆様に、励まされ、支えられ、勇気付けられ、今日の私たちがありますこと、心より、感謝いたします。
私の本名は、ハンドルネームの真琴と似たような名前で、真理と言います。名は、体を現すと言いますが、その名通りの性格、人生と思います。そして、ハンドルネームの仮福真琴は、仮と福は、私のかつての主治医から、一文字づつもらいました。真琴は、真理の真、そして私と娘に起こった真実をお伝えし、皆様の心の琴線に触れていただけるように、願いを込めてつけました。


これから、新しく、お伝えしていく内容は、精神医療ではない、地球的、宇宙的規模での真理、真実を、私なりに微力ながら、お伝えできれば幸いです。


数日前に、一人で自転車で買い物の帰り道に、心の中で、「このことは、また、世間の人々に何らかの方法で、お知らせした方が良いのだろうか?だけど、私のようなただの主婦が、知識も学歴もない、私ごときが、他にもっと立派な方が伝えればよいだろう。」その時、突然、天から聞こえたというか「ハンドルネームで書けばよい!!!!」その声は、私の魂を大きく揺さぶり、突き上げました。これで3回目の啓示でした。
「そうか、ハンドルネームで。そうか、そうか、これが一番手っ取り早く、少しでも多くの方に、また、私なりの方法で、私の身に起きた体験を通して、お伝えできるかもしれない。また、少しは人様のお役に立てるだろうか・・・・」
だけど、薬害で本も読めなくなり、文章をまとめる能力も以前よりかなり落ちてしまい、色々心配しましたが、全ては、導きのようなので・・・・
良く解りませんが。


どうぞ、これから、私が皆様にお伝えする真実が、どうぞ皆様の、心の、魂の、琴線に響きますように。


そして、皆様が健康で、幸せで、本来の魂の叡智を取り戻し、光と愛に包まれますことを祈ります。


仮福真琴


瑠璃色の地球 / 松田聖子【歌詞付き】 - YouTube

| 啓示 | 00:24 | comments(0) | trackbacks(1) |
| 1/1PAGES |