CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
湯治 転地療養
1/31、2/1と、夫と2人で山梨の秘湯へ1泊旅行に行きました。長女がこんなになる前は、2人で年に4〜5回旅行に行きました。

転地療養、湯治とはよく言ったもので、旅行中はずっと頭痛・肩こり一切出ませんでした。いかに環境が大切かと言う事です。今の状態では、長女一人留守番させられないので、二女に頼んでいきました。うちに帰ると、二女は「大変だった。」と、ぷんぷん怒っていました。もう少し、小遣いをアップしないといけません。
私たち家族は、もう、くたくたです。家族会でも、良く出る話ですが、当事者を抱えた家族、もう疲れきっています。うちは、事情が事情でして、統合を発病したというならまだ仕方がないというか、しかし、うちは薬害です。
私たち、特に私は気性が激しいところがあるので、あの担当医、許しませんね。夫にも、「あんたも男ならしっかりしろ!」と、言ってやりました。
この間、昔お世話になった精神保健福祉士の方のお宅へお邪魔した時、京王線のある駅で降りたら、私の前をあの担当医らしい中年男のハゲ頭が歩いていました。私は、後姿を睨みつけておりました。私の視線を感じるのか、(男はもっと足が早いだろうに)一定の距離をとるように歩いていました。
福祉士の方に話をしましたら、「あんた、あの薬の量で、良く生きていたね。」と言われました。

本当です。

人間、無知ほど危険な事はありません。当事者は具合が悪く、薬を飲みながら知識を得る事は出来ません。親御様、ご家族の方、当事者に代わって知識を事実で埋めてください。これは、まず始めに当事者にしてやれる最高の事です。精神医療の領域は、無知ではとても危険です。
事なかれ主義も、ほどほどに。
私は、いろいろな精神科医を見てきました。まず、ろくなのが居ません。中には、一握り立派な方もいますけど、精神医学というもの事態、医学・科学ではないので、土台からして無理なんです。土台が狂っているのですから、いくら研究を積み上げても、結果は出ません。精神医学は、人を幸せにするでしょうか?

薬を長年飲んで、調子のよい方は薬を続けてください。そういう方も、私の周りに数人居ます。
最近、自ら断薬して、その方がよほど調子がいいという方も、周りにいます。統合失調症の方で、症状に慣れて断薬して、調子の悪い時だけ、薬を飲んでいらっしゃる方も知っています。
あいかわらず、何も疑問を持たず、精神科医のいいなりの方もいらっしゃいます。当事者のご家族の方は、疑問を持たないのでしょうか?
選ぶのは、自分です。

抗うつ薬の功罪―SSRI論争と訴訟
抗うつ薬の功罪―SSRI論争と訴訟
デイヴィッド ヒーリー, David Healy, 谷垣 暁美, 田島 治

怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる


| 代替医療 | 11:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
向精神薬(投薬)に代わる治療
抗うつ剤、向精神薬の副作用の事が、最近やっと新聞などでも明るみに出てきました。
私も、ブログの中でドキュメンタリーで訴えております。
では、精神疾患の方は、薬の他に治療の道は無いのでしょうか?
その答えは、あります。
私は、代替医療をお薦めしています。栄養療法です。
私と娘は、栄養療法専門のクリニックに通いだし、3ヶ月が過ぎました。娘は、大分向精神薬が減り、表情も明るくなり、もとの娘に戻ってきています。体質から変わってくるのが解ります。精神状態も、落ち着いてきます。
あと、体をほぐすには、足つぼ、整骨院、指圧、灸、マッサージなどを受けてから、軽い運動をされるのも良いと思います。
私の知り合いで、うつ病の方で抗うつ剤は飲まずに鍼治療に通っている方もいらっしゃいます。
今、精神科クリニックで、従来療法(向精神薬の処方の事)と代替医療と、2つ看板を掲げているところがあります。これは、行かない方が良いです。私と娘がひどい目にあった、元公立病院の主治医も、今はクリニックで看板を2つ出しています。
何故、一つにしない??
これは、薬物療法で治癒できない事、そして悪化させるばかりの事を知っているからです。
私の体験は、ずさんな精神科医療 運命の歯車を更に狂わせた退院後の病院選び
に、書いてあります。
こういうクリニックは、金儲けです。行かない方が良いです。

私のお薦めの専門クリニックを、ご紹介いたします。
ナチュラル クリニック 代々木
新宿溝口クリニック

向精神薬は、脳に直接作用するばかりでなく、糖尿病、脂肪肝から肝硬変、肝臓癌になる事も多いです。亡くなった方も、沢山知っております。
体重増加しては、運動も出来なくなります。そして、経験上、向精神薬の後遺症がずっと残ります。

何年も薬を飲み続けて良くなっていない方、考えてみてください。
薬で良くなっていらっしゃる方は、良いと思いますが、はっきり申し上げて私は、精神科医って非人間的な人たちと思っています。

私達、1人1人が問題意識を上げて、自分自身を家族を友人を守りましょう。
世の中の正しくない事は、沢山ありますが命に関わることなので、私は声を上げております。

どうぞ、命を、人生を大切に。
過ぎた日々は、帰って来ません。そして、精神科医に奪われた長い時間人生を取り戻しましょう。
| 代替医療 | 13:29 | comments(4) | trackbacks(0) |
代替医療(栄養療法)を始めました
精神医学は、現在は薬物療法が中心ですが、もう当に、いえ、その起源、初めから行き詰っていたのではないでしょうか?
精神科医は、いったい何人の患者を治癒したのでしょうか?
ひとりでもいたら、答えてください。
それより、殺した患者の方が多いのではないでしょうか?
5年、10年、15年、20年、30年、薬を飲んでいたのに、なぜ治らないのでしょうか?
確かに、急性期、重度のうつ病(抑うつや軽うつ等ではなく)には、本当に具合の悪い時は、薬は効をなすのでしょうが。
14〜5年前、作業所で出会った私の友人たちと、何年も経って会うと良くなっている人は、ちょっといない。
真面目で、繊細で、かつては一流大学、一流企業で活躍していたであろう彼らが、精神薬付けで以前より能力が落ちてしまったと聞くと、残念でなりません。

薬以外の治療法は、もっとあるはずです。

私と娘は、今、分子整合栄養医学のクリニックに通い、1ヶ月ちょっとです。
栄養・ビタミンサプリメントと食事療法です。
食事を白米から玄米か胚芽米に代え、青魚を出来れば毎日摂り野菜中心にし、砂糖は摂らない。
パンも胚芽パンに代え、マーガリンからバターに変えました。

毎日、取り入れたい食事
・まめ
・ごま
・わかめ
・やさい
・さかな
・しいたけ
・いも

トリプトファンの多い食材
・かつお
・しいたけ
・こんぶ
・いりこ(小魚) & ばなな
・なっつ

トリプトファン(アミノ酸)→ セロトニン → メラトニン

娘はサプリメントを摂り出して、1週間目に一時的に起こる代謝反応(好転反応=瞑眩反応)が出ました。
私の好転反応は、娘ほどひどくは無かったのですが、断薬して3年経っていましたので、頭痛・目眩・髪のにおいが強くなった等がありました。
栄養療法と同時に行うのが、長年体内の脂肪に蓄積されている薬物の結晶を解毒するために、K・リゾレシチンを摂取しています。
1ヶ月、2ヶ月では、まだ効果は出ないでしょうが、娘や私は、向精神薬・抗うつ剤は効果は無く、むしろ副作用ばかりでした。
栄養欠乏症だったのかもしれません。
食事が全てではないと思います。大気汚染、電磁波などの影響も、人間は受けると聞きます。
生まれつき、神経が細く、脳のシナップスが細い人ほど敏感ですので、良いものにも悪いものにも影響を受けやすい体質です。
私は、敏感な性かすごく霊感も強いです。
質の高い、神社・仏閣に行くと、良いパワーを強く感じます。人によっては、全く感じないという人も、大勢います。
それだけ、悪いものに近づくと「炭鉱のカナリヤ」になってしまいます。
これからは、代替医療の方に、是非頑張ってほしいと思います。


食事で治す心の病―心・脳・栄養 新しい医学の潮流
食事で治す心の病―心・脳・栄養 新しい医学の潮流
大沢 博
| 代替医療 | 16:21 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |