CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
精神医学「死を生み出す産業」展示会(9/15から3日間)
CCHR(市民の人権擁護の会日本支部)主催の精神医学「死を生み出す産業」展示会が開催されます。
どうぞ、精神医学の実態を知ってください。

日にち 9月15日、16日、17日 の3日間です!
場所 東京、文京シビックセンター (地下鉄後楽園&春日駅)

明日からですが、お近くの方、お時間があったら、是非足を運んでみてください。
| 精神科不要論 | 09:27 | comments(9) | trackbacks(0) |
「精神科医の犯罪を問う」管理人さんの至急のお願い
精神科医の犯罪を問う の管理人 kebichan55 さんが、次の体験を募集しています。
kebichan55 さんは、悪徳精神科医を摘発している方です。
該当される方は、是非、ご協力をお願いします。

******* kebichan55 さんのブログから転載  ********
早急に動きたいことがありまして皆様にお願いします。
精神科のずさんな診断・投薬でひどい目に遭ったという体験をお持ちの方、私までメールいただければありがたいです。
特に以下1〜4に該当される方がいらっしゃいましたら至急ご連絡下さい。
1.簡単に「うつ病」と診断され、投薬された。
2.その投薬によってひどい目に遭った。
3.比較的最近(ここ1〜3年)の話である。
4.できれば都内の事例
上記に該当されない方も是非メールを下さい。今回の動きでまた大きく前進するかもしれません。
メールは以下までお願いします
kebichan55@yahoo.co.jp

※追記
・都内でなくてもかまいません。どんどん情報下さい
・以前は他科の勤務医などであったが、突如畑違いの精神科を開業し、ずさんな診療を続けているというクリニックをご存知の方、メールあるいはコメントして下さい。コメントには「内緒」機能があります。
****************************************************
コメントの場合は、精神科医の犯罪を問う のコメント欄に入れてください。このブログのコメントではありません。
| 精神科不要論 | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
精神医学「死を生み出す産業」展示会(1/10から宮城県民会館)
CCHR(市民の人権擁護の会日本支部)主催の精神医学「死を生み出す産業」展示会が杜の都「仙台」にて開催されます。
どうぞ、精神医学の実態を知ってください。

東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)5階展示室
1月10日(土) 16:00〜19:00
1月11日(日) 10:00〜19;00
1月12日(月) 10:00〜19:00
1月13日(火) 10:00〜15:00


東北地方の皆様、ふるって足をお運びください。
そして、スタッフから話を聞き、精神科治療の事実を知ってください。
多くの精神科医の治療はでたらめです。
正しい知識は、あなた(ご家族)の心と体を守ります。
| 精神科不要論 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
「精神医学の知られざる実態」展示会(12/8から豊島区民センター)
仮福真琴は、ハンドルネームです。
よく、いろいろな方から、「なぜ、この名前なのか?」と、聞かれます。
そのたび、「よっしぁー!よくぞ聞いてくれた!」と、思います。
CCHR(市民の人権擁護の会日本支部)のスタッフ方からも聞かれ、
「よっしぁー!仮と福は、私のかつての2人精神科主治医から取りました。
一人は仮○○聡、もう一人は福○○治、
真琴とは、本当の事だよ、という意味です。」
先月、かなり素晴らしいケースワーカーにお会いし、仮福の名前の意味を問われました。
「なるほど、仮と福に真琴にひどい目に合ったという意味ですね。」
と、そのケースワーカーが言いました。
で、「よっしぁー!」でした。

さて、展示会のお知らせです。
CCHR(市民の人権擁護の会日本支部)主催の「心の健康大切にしていますか?」の展示会が開催されます。
精神医学の知られざる実態を知ってください。

大量処方、多剤処方、監禁、身体拘束、暴力、電気ショック、精神外科手術などの
“治療行為”を通じて、多くの人々を傷つけ、不幸をもたらしている、
精神医療に対して、市民の人権擁護の会(CCHR)が
10月・11月・12月に集中砲火を浴びせる3回目の展示会です。

場所:豊島区民センター1階展示場(東京都豊島区)
12月8日(月) 15:00〜19:00
12月9日(火) 11:00〜19:00
12月10日(水) 11:00〜15:00

皆さま、どうぞ足をお運びください。
そして、スタッフから話を聞き、精神科治療の事実を知ってください。
多くの精神科医の治療はでたらめです。
正しい知識は、あなた(ご家族)の心と体を守ります。
| 精神科不要論 | 21:21 | comments(2) | trackbacks(0) |
「精神医学の知られざる実態」文京シビックセンター
CCHR(市民の人権擁護の会日本支部)主催の「心の健康大切にしていますか?」の展示会が開催されます。

精神科医は、大量処方、多剤処方、監禁、身体拘束、
暴力、電気ショック、精神外科手術などの
“治療行為”を通じて、多くの人々を傷つけ、不幸をもたらしています。

何故彼らがそうするのか…?
いつからそんなことが始まったのか…?
どこでそんなことが起きているのか…?
どうして人々はこのような事態に落とし込まれるのか…?
誰がそのターゲットとなっているのか…?
そして、この先彼らは何を目指しているのか…?

こういった「?」の答えを得ることができるイベントです。

場所:文京シビックセンター1階展示室2(東京都文京区)
11月11日 15:00〜19:00
11月12日 11:00〜19:00
11月13日 11:00〜15:00

皆さま、どうぞ足をお運びください。
そして、スタッフから話を聞き、精神科治療の事実を知ってください。
多くの精神科医の治療はでたらめです。
正しい知識は、あなた(ご家族)の心と体を守ります。

行けない方は、12月8〜10日に豊島区民センターでも開催される予定です。
| 精神科不要論 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
「心の健康大切にしていますか?」の展示会開催中
CCHR(市民の人権擁護の会日本支部)主催の「心の健康大切にしていますか?」の展示会が開催されています。
精神科医の誤診誤治療の実態、ひどさがわかります。

場所:浅草公会堂展示ホール(東京都台東区)
10月31日 15:00〜18:00
11月1.2日 11:00〜18:00
11月3日  11:00〜15:00

皆さま、どうぞ足をお運びください。
そして、スタッフから話を聞き、精神科治療の事実を知ってください。
多くの精神科医の治療はでたらめです。
正しい知識は、あなた(ご家族)の心と体を守ります。
| 精神科不要論 | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
「精神医学の知られざる実態」(浅草公会堂→文京シビックセンター→豊島区民センター)
CCHR(市民の人権擁護の会日本支部)主催の「心の健康大切にしていますか?」の展示会が続けて開催されます。
精神医学の知られざる実態を知ってください。

大量処方、多剤処方、監禁、身体拘束、暴力、電気ショック、精神外科手術などの
“治療行為”を通じて、多くの人々を傷つけ、不幸をもたらしている、
精神医療に対して、市民の人権擁護の会(CCHR)が
10月・11月・12月に集中砲火を浴びせます。

何故彼らがそうするのか…?
いつからそんなことが始まったのか…?
どこでそんなことが起きているのか…?
どうして人々はこのような事態に落とし込まれるのか…?
誰がそのターゲットとなっているのか…?
そして、この先彼らは何を目指しているのか…?

こういった「?」の答えを得ることができるイベントです。

★第一弾
10月31日〜11月3日 
浅草公会堂

★第二弾
11月11〜13日
文京シビックセンター

★第三弾
12月8〜10日
豊島区民センター

皆さま、どうぞ足をお運びください。
そして、スタッフから話を聞き、精神科治療の事実を知ってください。
多くの精神科医の治療はでたらめです。
正しい知識は、あなた(ご家族)の心と体を守ります。
| 精神科不要論 | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
「精神医学の知られざる実態を知ってください」展示会(豊島区民センター)
また、CCHR(市民の人権擁護の会日本支部)主催の「心の健康大切にしていますか?」の展示会が開催されます。

******* CCHRサイクバスターさんの紹介文を掲載します**

精神医学の知られざる実態を知ってください。
大量処方、多剤処方、監禁、身体拘束、暴力、電気ショック、精神外科手術などの“治療行為”を通じて、多くの人々を傷つけ、不幸をもたらしている、精神医療…。

何故彼らがそうするのか…?
いつからそんなことが始まったのか…?
どこでそんなことが起きているのか…?
どうして人々はこのような事態に落とし込まれるのか…?
誰がそのターゲットとなっているのか…?
そして、この先彼らは何を目指しているのか…?

こういった「?」の答えを得ることができるイベントです。

9月20〜23日にかながわ県民センターで開催された展示会には、とても関心の高い人が多くいました。口コミでこの展示会を知った健康管理士会のトップが来場し、全てのDVDとパネルを見ていきました。彼は、この展示会に感銘を受け、CCHRの活動に賛同してくれました。その結果、健康管理士が多く来場しました。

世間では、精神科医の評判は悪くなっています。教師やカウンセラーなどの専門職の人も多数来場しましたが、精神科にかかることで人々が悪化していることについてとてもリアリティーを持っています。「精神医学は医学でも科学でも哲学でもないと言い続けてきた自分の意見が正しかったとわかった」とこの展示会に深く感動し、次回の開催の際には是非色々と手配させて欲しいと言ってくださった人もいました。

徐々にではありますが、確実に精神医療の実態を知る人が増えています。
この事実を知った最後の人とならないようにしていただきたい!

******* CCHRサイクバスターさんの紹介文、ここまで **

場 所 : 豊島区民センター1階展示場
と き : 10月6日(月) 15〜20時
      10月7日(火) 11〜20時 
      10月8日(水) 11〜15時

皆さま、どうぞ足をお運びください。
そして、スタッフから話を聞き、精神科治療の事実を知ってください。
多くの精神科医の治療はでたらめです。
正しい知識は、あなた(ご家族)の心と体を守ります。
| 精神科不要論 | 10:43 | comments(4) | trackbacks(0) |
7月19日(土)精神医学 死を生み出している産業 パネル展示会
7月19日(土)お昼ごろから夕方5時過ぎまで
代々木公園 (NHKの前)ケヤキ並木において

「精神医学 死を生み出している産業 パネル展示会」 (無料)
 主催:CCHR Japan 市民の人権擁護の会

が開催されます。

主催のCCHRは、精神科医、精神医学の人権侵害や不正、薬物による薬害
などに長いこと取り組んできた市民団体です。
精神医学の実態を多くの人たちに伝えるためのパネル展示会です。

どうぞ、精神医学に疑問をお持ちの方は、ぜひ見に行ってください。

| 精神科不要論 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
精神医学は心の病を治せない
知人が奨めてくれた勉強で、精神医学が心の病に無効だという事が、はっきりしました。
いわゆる心の病は、その人の奥深く潜むものに寄ります。
対人過敏やこだわりも、過ぎると心の病の範疇になります。
調子を崩すと、この奥深く潜むものが動き出し周りからは逸脱した行動をしていると見られます。
調子がよければ、この奥深く潜むものは出てきません。
これに対して精神医学は全くの方向違いでした。

心の病を原から治す本物の治療法がありながら、精神医学という全く間違った方向へ流れ、現在も多くの心を病む人が薬漬けにされ、その結果治らないでいます。
薬物療法の前は、ECT(電気ショック)、ロボトミー(脳の一部を切り取る手術)。
何をやっても、土台が無いのだから、間違った方向へ流れて当然の精神医学です。
精神科医は、治し方を知りません。
| 精神科不要論 | 11:13 | comments(3) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>