CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
講演企画☆『当事者と一緒』の紹介
今一生(こん・いっしょう)さんという方が、講演企画☆『当事者と一緒』という事業を始めました。今さんは、通信またはメディアの writer,editor,musician の仕事をしている方です。雑誌SPA!によく精神医療の問題を取り上げた記事を書いています。

この事業の趣旨の抜粋は、次の通りです。
「・・・・・・
そこで、僕は「あと一歩」で自立できるはずの当事者を経済的に支援するために、そうした当事者と一緒に講演に回り、講演料を折半して受け取るという事業を始めることにしました。

この「当事者と一緒」という講演事業は、「サポーター」(支援者)や「サバイバー」(かつての当事者)などが今なお貧困にあえぐ当事者を聴衆に紹介し、2人で一緒にリアルな体験談を語ることで、メディアを通じてでは表面的にしかわからなかったワーキングプアの真実を深く知り、経済的な自立に必要な自助努力の体験を共有する、まったく新しい試みなのです。
・・・・・」

精神科医や精神医療の実態について、真実を語れるかもしれません。また、公演料もいただけるようなので、興味のある方は講演企画☆『当事者と一緒』のページをご覧下さい。
| 福祉や補助 | 15:33 | comments(1) | trackbacks(0) |
親なき後の事
昨日は、さくら会の家族教室〜親なき後の当事者の自立生活のメドをつけよう〜をテーマとした滝沢武久氏(精神保健福祉相談員:ソーシャルワーカー)の公演を聴いてきた。

いろいろな家族会には、出席しているが、精神科医の話より昨日の講師のようなPSWや薬剤部長の話の方が、よほど患者の事、精神疾患を理解しているように感じることが多い。

医者というのは、私の経験からもとにかく患者の病気しか見ない。なぜ、患者を観れないのだろうかと思ってきた。

滝沢武久氏も11才年上の兄が発病し、患者の家族という立場で、ソーシャルワーカーの仕事を40年以上続けている。

そして、おっしゃるには医者はとにかく患者の病気を治そうとする。それも、完全に治そうとする。しかし、治らない。治療=薬だからだ。(私の経験からだが、薬が増えたらどんどんバカになる。何も出来なくなる。そういう患者をいっぱい見てきた。)
氏の兄は昔仕事でやっていた株をやりたいと、ずっと言っていたそうだ。でも、医者はそれを妄想として、ますます薬を出した。氏も医者の言葉を信じてその通りにしてきたが、自立環境をを整え1人暮らしを始めさせた時、兄の言うとおり株をやらせてあげたら、それ以来株のことを言わなくなったそうだ。拘りがとれて、病状も良くなったそうだ。

氏がおっしゃるには、兄の例の様に、病をかかえながらも、世間で生きていけるように環境を整えてあげる。それが、一番大切ということ!
世間とは、地域社会である。

まず、住む所(住居)、経済力(最低限暮らせるお金)、役割(自分でやること)、友人。この4つが大切だと言っている。
お金持ちならいいが、普通は、住居と経済力には限界がある。精神障害の場合は、身体障害や知的障害に比べ行政の福祉が遅れている。精神の親は、世間の偏見が強くなかなか立ち上がれない。でも、10数年も病気の子供を抱えているなら、そんなことは気にしていられない。だから、家族会でまず親が立ち上がって、行政に働きかけてくださいとおっしゃった。親は、いつまでも子供を看られないので、行政に任せるのが一番という考えだ。ヨーロッパなどでは、既にそういう制度になっている。

確かに、そうなればすばらしい。十年二十年戦士の親なら立ち上がれるかもしれない。でも、私のように娘が通院を始めて数年の親は、なかなか立ち上がれないと思う。それは、治るかも知れないと思っているからだ。それも、何処まで良くなるかの見当も付かない。そうなると、動けない。まして、うちは病名もハッキリしない。

医者の仕事は、病気を治そうとするだけ。要するに、薬を出すだけで、結果的に廃人を生み出している。ぜひ、ビューティフルマインドという映画を見ていただきたい。病気と共存して生きているお手本だと思う。

私を13年間診てくれた公立病院の医者が言った言葉を覚えているので、書き加える。
「われわれ医者=玄人は、直ぐ諦めてしまうけれど(彼らは病気だから出来なくて当たり前と諦めるけれど)、素人というのは、諦めないところがいいね。素人というのは、作業所の職員のことで、町の気の良いおじさん、おばさんという感じで、作業の出来ないメンバーに出来ないことを出来るように教えようとする。ぼくら玄人は、とっくに諦めてしまうけれどね。」
これが、医者の言葉(考え)だ。

ビューティフル・マインド ― アワード・エディション
ビューティフル・マインド ― アワード・エディション
| 福祉や補助 | 17:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |