CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
日本の精神科医は遷延離脱症状を知らない
JUGEMテーマ:健康

 今まで何度か書きましたが、日本にも数少ないまともな精神科医がいらっしゃいます。
この人たちは、使っても少量の精神薬で、減薬も慎重にされる方々です。
ですが、遷延離脱症状については、知っている方はいませんでした。
何度も何度も、断薬後症状と訴えましたが、どの先生も、首をひねるだけでした。
お一人だけ、私の話を最後まで遮らずじっと受け止め「脳が損傷したかもしれない」という先生はいらっしゃいましたが、どうも、離脱症状は断薬後せいぜい数ヶ月で消えると言うのが、日本の精神医学会の常識なようです。
最近、この方々に、アシュトンマニュアルグリーンフォレストのHPを紹介しております。

少しでも、遷延離脱のことを理解した精神科医が増えればと、だめもとで、やっております。
 
こんな状況ですので、私は、遷延離脱症状のサポートを受けた事もございません。
離脱の自助会でもあれば、助けになると思うのですが、それもありません。

最近、次の書籍が発売されました。

向精神薬の減薬・断薬 メンタルサポートハンドブック
常葉まり子 著

遷延離脱症状のサポートのことが書かれています。
私も読みましたが、とても参考になります。
でも、この内容を理解しているクリニックやサポート機関はないというのが現状です。
日本にも、はやく、サポート機関ができる事を期待しています。

| 精神科医にプロはいない | 22:21 | comments(4) | trackbacks(0) |
遷延離脱症状
JUGEMテーマ:健康
長い間、ブログをお休みしてしましました。
今日は、私の近況報告をしたいと思います。

私は、多剤多量服薬を8年前に断薬して、その後、いれかわるように娘が誤診されたため、娘の対応で調子を崩し、5年前から再服薬→再断薬→自分に合った医療探し、と経過してきました。

現在は、体重が相変わらず、一定せず元に戻りません。
ベスト体重は、46Kgですが、前回58Kgまでいった体重が、やっと52kg台に戻ってきたかと思うと、また、徐々に増えだし54kg台くらいになってしまいした。
朝起き、体重が増えていると、全てがイヤに、マイナス思考になります。
未だに、急な気分の変調・神経過敏・イライラ、離人症、引きつるような筋肉のこわばり、、セネストパチー、体重の増加と減少を繰り返えし、身体が分厚くなる、便秘などの症状がよくなりません。

 最近、私のこれらのいろいろな症状は、「遷延離脱症状」だったと確信しました。
今思うと、いろいろな遷延離脱症状が出たとき、ちょっと精神薬を再服薬したりして、事態をどんどん悪くし、長引かせていたようです。
また、発達障害のフラッシュバックや過敏性などと症状が重なる事もあり、ぴったり合った治療に、結び付かなかつたように思います。
娘が、発達障害をこじらせ、遷延離脱症状が酷い時も、娘のために情報集めし、さらに私の症状を悪化させていたようです。
娘はアスペルガーで、私は、ADDが根底にあったようで、今思うと、一般の方に比べ子育ても大変だったようです。
 
今は、毎日、「この身体を治すこと」をしております。

「遷延離脱症状」の第一人者は、イギリスのアシュトン教授だそうです。
アシュトン教授の書いた、通称「アシュトンマニュアル」は、各国語に翻訳されていますが、日本語だけありません。なぜでしょう???
誰か、英語のできる方、翻訳していただければ助かります。
「遷延離脱症状」は、急ぎすぎた減薬・断薬後、しばらくして(場合によっては数年後)に出てくる様々な症状です。
私は、ずっと、断薬後の後遺症と訴えてきましたが、「遷延離脱症状」だったようです。
イギリスには、サポートする機関もあります。
日本では、「遷延離脱症状」認識すらありません。
まして、サポート機関があるはずがありません。私の場合、断薬後の後遺症をどの医者に訴えても、「薬の影響は、何年も残りません。」とあしらわれました。
たまたま付けられる診断名は、「身体表現障害」で、患者に責任を負わせる、医者にとって都合のよいものでした。
このように、まともに対応できる医療・支援を受けた事がありません。

人によって、「遷延離脱症状」の出る時期・年数、症状は様々です。
飲んだ薬の量・種類、環境によっても異なるそうです。外国の論文では、断薬後10年たっても苦しんでいる方もいるようです。
知識があっても、病気の再発・元もとの病気・性格と「遷延離脱症状」の区別は難しい事です。
まして、「遷延離脱症状」の知識がなければ、正しい診断は全く望めません。
私の場合も、そうでした。
娘のストレスでかたずけられる事がほとんどでした。
「遷延離脱症状」のことが日本でも認識され、診断やサポートできる機関ができる事を、願ってやみません。


「遷延離脱症状」に関しては、次が参考になります。
ベンゾジアゼピン離脱症状 精神医療の真実、聞かせてください、あなたの体験
グリーンフォレスト・ベンゾジアゼピン離脱症状を延々と バッファローのブログ
たまごのブログの掲示板
| 精神科医にプロはいない | 13:41 | comments(0) | trackbacks(3) |
石川憲彦先生の講演記録
JUGEMテーマ:健康
 私が信頼尊敬する精神科医のお一人に、石川憲彦先生がいらっしゃいます。
一度、講演会でお目にかかり、お話しをお伺いできました。
とても立派で素敵な先生でした。
その石川先生の藤沢市医師会での講演記録を見つけました。
とても貴重なお話しと思いますので、ここで紹介させていただきます。
成長し発達する子どもの診かたと治療的関わり
精神科医には、ちゃんとした教育がないことや、誤診による2次障害が多いことなども、しっかり指摘していらっしゃいます。
| 精神科医にプロはいない | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
トラウマサバイバーとして
最近こういった精神医療の被害を訴えるブログが増えたのですね。
私がホームページを始めた7年前は、ほとんどありませんでした。
いいことです。
ネット社会になり、これまで隠されていた精神科領域の悪事が浮上しました。

私は、この領域の被害の深さ・広さ、そして困っている方達のこと、知りました。
また多くの方たちとつながりました。
知れば知るほど、書きたいことの1/10も書けません。
もちろん、家族も守らなければなりません。
家族を守りながら、自分を治しながら、ギリギリの情報発信で、バランスを取っています。
精神科医療のいいかげんさを訴えておりますが、まともな精神科医も一握り居ます。
精神科の診断は主観であり、いいかげんと言っても困っている事が問題化した時は、正しい診断と治療(方向性)が必要となります。
精神の病で苦しんでいる当事者・家族もいらっしゃいます。
今の主治医に疑問を持った方は、家族会に入ったり、情報を調べたりして、ご自分の足でドクターショッピングをなさってください。
人それぞれ医師との相性がありますので、これは自分の足で探すしかありません。
そして、ご自分の目で選んでください。

夫と私は、娘の入院中には、関東圏だけで、6人の精神科医を訪ねました。
それには、ご自分も勉強し意識を上げなければ、精神科医のレベルを見抜けません。
困っている方は、どうぞ勉強なさってください。
そして、ご家族の方、当事者のために、勉強してあげてください。

薬がヒットしない、長年こじらせて難しいと思った方は、発達障害を勉強してください。

私の体験は、情報の一つ、ほんの一例にしか過ぎません。
| 精神科医にプロはいない | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
掲示板つくりました
精神科の誤治療・誤処方など、いい加減な診断や治療が非常に多いことを世の中に発信できればと思い、仮福真琴の掲示板を開設しました。日本の精神科医は、中には良い方もいらっしゃいますが、ほとんど大多数は、いいかげんな診断・処方です。精神科医本人が、それに気づいていないことにも、大きな問題です。
精神科でひどい目にあった方、どうぞ、思う存分、書き込んでください。この掲示板は、誰でも読めますが、書き込みは、カテゴリーによりユーザー登録された方のみに、限らせていただいています。
仮福真琴の掲示板
| 精神科医にプロはいない | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
精神科セカンドオピニオン2
「精神科セカンドオピニオン2」が、発売されます。
発売もとの、医学・看護学書出版社 シーニュ の紹介文を以下に掲載します。

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン)
精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン)
適正診断・治療を追求する有志たち

「誤診の原因は、発達障害の見落としだった−」
精神科セカンドオピニオン2
発達障害への気づきが診断と治療を変える

前作発刊後に急増した相談者の約90%が、おとなから子どもまで、発達障害を見逃され、「統合失調症」と誤診されていた人たちでした。現在「統合失調症」とされている人たちのほとんどは、発達障害の二次障害・三次障害であるのに、それを見逃され、「統合失調症」と誤診されている可能性があります。また、不登校、虐待事例(愛着障害)、PTSD、解離性障害、強迫障害、うつ状態、躁状態、精神病様状態、アルコール依存症、パーソナリティ障害などの背景にも、発達障害があったことが確認されています。発達障害に気づけば診断・治療は変わります。向精神薬(特に抗精神病薬)の多剤大量処方から脱出する筋道が見えてきます。(発達障害は本来病気ではないのですから、薬が必要なくなることもあります)。本書では、発達障害に気づき、誤診・誤処方を避けるためにはどうすればよいか、患者・家族・医療者が体験と知識を伝えます。
◎執筆者一覧(50音順)
<適正診断・治療を追求する有志たち >
内海聡(医師)、越智元篤(看護士)、清水誠(医師)、田井みゆき(精神保健福祉士)、冨澤佳代子(臨床心理士)、長嶺敬彦(医師)、早川正樹(医師)、広瀬隆士(ケースワーカー)、三吉譲(医師)、笠陽一郎(医師)
| 精神科医にプロはいない | 13:45 | comments(4) | trackbacks(0) |
精神医療の改善を願う
私のブログを読んだ方から、多数メールを頂いております。
いづれ、ホームページをリニューアルオープンします。
発達障害の誤診誤処方を患者の側からみて書こうと思います。
発達障害の2次障害の症状なのに、よく間違われる統合失調症。
私は、精神医学は医学ではないと思っています。
そして、あまりに日本の精神医療の水準は、低すぎます。
ですが、人は精神を病むことはあります。
生まれつき脳の脆弱性というか、精神的に弱い人も居ます。
私もそうです。
人間、精神を病んだ時、では、どうすれば良いか?
軽い症状なら自分で対応できますが、急性期のような状態になった場合は、精神科に行くしか選択肢がありません。
ところが、多くの精神科医は、まともな診断が出来ません。
精神科の診断は、担当医の主観のみで判断されます。
薬の使い方も知りません。
減薬の方法も知りません。
まだまだ・・・・。
世の中の人は、この事実を知るべきです。
ここ数年で、精神科は、少しは良くなったのでしょが。

例えば。
精神病で、死ぬ事はありません。
癌は、進行すれば死にます。
精神病が原因で死ぬ時は、自殺くらいでしょう。
基本的に、治療薬は、単剤・少量が正しい使い方ですが、命にかかわるとき(自殺・自傷・他傷の恐れのあるとき)のみ、精神薬をドカンと投与し過沈静をさせることもあると思います。
これは、せいぜい長くて半年、短くて数ヶ月だそうです。
ところが、過沈静を、十年以上やっている精神科医が、まだまだ居ます。
私も、娘も、そうでした。
人間の常識からいえば、これはおかしいと気づくはずです。
精神科医が気づかないなら、素人の私たちが勉強するしか、身を守れません。
私の15年間の処方など、ヒルナミン・コントミン・リスパタール・ピレチア・アーテン・アキネトン・セルシン・パキシル・リーマス・フェノバール・テグレトール・ワゴスチグミン・ベゲタミンA・サイレース・
ホリゾン(1A)・ハロペリドール(1A)・下剤が数種類。
関東圏・東京辺りの精神科が、一番ひどいようです。
発達障害で薬剤過敏の私などが、発達の2次障害の抑うつ・気分変調で、東京の精神科を訪れれば、まともな精神科医に当たる確率は、かなり低い。
典型例(典型的な鬱病や典型的な統合失調症)は、まだ、誤診率が低いようですが・・。
日本のいいかげんな精神科医の中にも、おそらく、何人か判らないが、ほんの一握りまともな精神科医が居ます。
今後、日本の精神医療は、大きく変わっていくでしょう。
発達障害、薬剤過敏、この辺をわかっている精神科医は、数少ない。
一握りしかいない、まともな精神科医に、精神科を内科レベルまで?上げてもらうよう、精神医療の改善を願っています。
| 精神科医にプロはいない | 15:03 | comments(5) | trackbacks(0) |
統合失調症の典型例も治療できないヤブ精神科医たち
私の2人の知人で、統合失調症を発病して、20年以上過ぎている方がいます。
2人とも、メリレル単剤で症状が治まり、作業所に通い、10年以上入院もなく地域で安定した生活を送っていました。
数年前、メリレルが発売停止になりました。2人とも、メリレル単剤の処方をした主治医から現在の主治医に変わっていました。処方はそのまま引き継がれていました。しかし、メリレルがなくなってから、2人とも現在の主治医の変薬がうまく行かなかったのか、多剤になり、入退院を繰り返すようになりました。
2人とも、ネットは使えず、薬の知識もなく医者任せの方たちでした。

一人は、この2年間に4回入院し、そのたびに薬の量も種類も増えているそうです。今も入院中で、退院の目処が立っていないようです。

もう一人は、この2年間で7回入院しました。薬は多剤になり、幻聴・幻覚・妄想がひどくなり、私に何度も電話をしてきました。処方を見ると、治療方針も何も見えません。メリレル単剤の時は、幻聴・幻覚・妄想が全て治まっていたし、これらの内容を聞いても、診断は統合失調症に間違いがないかと思います。私は、治療は単剤処方が一番良い事を伝えました。この人が主治医に、単剤の相談をしたら、「そういうやり方もある。」と言って、処方を一向に変えないそうです。そしてついに、この処方で症状が治まらないなら電気ショックを勧めてきたそうです。その主治医は、都内の有名な精神病院の院長だそうです。

2人とも、せっかく単剤で安定した生活が送れていたのに、薬がなくなった時の主治医がいいかげんな精神科医だったために、変薬がうまく行かなかったと思います。精神科の良い先生は、砂の中のダイヤモンドを探す確率です。この2人は、統合失調症の典型例だと思いますが、典型例は割りにヤブ精神科医でも治療しやすい患者と思います。この2人の主治医は、箸にも棒にも掛からない本当のヤブと思います。これは、決して珍しい話ではなく、精神科ではよくある話です。

なんとも気の毒な話しです。
| 精神科医にプロはいない | 23:18 | comments(6) | trackbacks(0) |
精神科で苦労されている方へ
皆様、こんばんは。
私たちと同じ目に合った方からのメールを多数頂戴しております。
又、こちらのつたないブログ・HPが、ご自分の誤診誤処方に気づくきっかけになったと、お礼のメールもいくつか頂いております。
又、ご自分の大切な恋人を精神科誤治療で亡くされた方から、
「パズルが解けたようにわかった」
と、お礼のメールを頂いております。
少しは、人様のお役に立てたのかと、嬉しく思います。

このブログ・HPを読んでも、ピンと来ない方もいらっしゃいます。
又、感情論とか一部の偏った意見とか、あるは、視野狭窄という方もいらっしゃいます。
このブログ・HPは、自分の体験談だけなので、社会一般の精神科の誤処方のことは、次のHPをご覧ください。
精神科医の犯罪を問う
精神医学は医学じゃないです
精神医学の闇
このブログ・HPは、精神科の誤診にあい、苦労した方のためにあります。
当然、精神科で苦労していない方もいらっしゃいます。
私の知人の中にも、そういう方がいます。
現状は、苦労した方があまりに多い科なのです。
どうぞ、その辺、気づいてください。
又、そういう苦労をされた方、どうぞ、声を上げてください。
ネットの中で、ハンドルネームで結構です。

3年前、私は娘の誤診誤処方をいくつかの家族会で訴えました。
反応は、とても悪かったのを覚えています。
その後、笠陽一郎先生の「精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて」が出版されました。
大分、皆さんの意識も高くなった事でしょう。


今、私たちが毎日取り組んでいる事は、
私は17年間の誤処方で蓄積された精神薬に蝕まれた体を元に戻す事。、
そして、娘のご治療によるPTSDを治す事に取り組んでいます。

人には、迷惑をかける人とかけられる人が居ます。
私は人に迷惑をかけるなど、考えられません。
当たり前の事ですが、運命が大きく変わるとき、取り巻く人間もがらりと変わりますよね。
私は、20年前不必要な精神科医療にかかり、友達ががらりと入れ替わりました。
5年前、精神科医と縁を切ると、いままで足を引っ張っていた人と全て縁が切れました。
それから、多くの方に助けられ支えられました。
そして、今日があるなと、思います。

| 精神科医にプロはいない | 20:12 | comments(15) | trackbacks(0) |
なぜ精神医学会は患者から学ばない??
当事者の書いた手記、HPから、なぜ精神医学会は学ばないのでしょうか?
患者が良くなるどころか悪くなっていくのを見て、なぜ多剤併用を続けるのでしょうか?
なぜ、必要の無い患者に薬を出すのでしょうか?
薬を出した結果の副作用・後遺症の酷さが解らないのでしょうか?
患者を診ていれば、解るはずです。
製薬会社と癒着し、金儲けをしているとしか思えません。
患者を救うどころか、どんどん患者を悪化させています。
そして、私と娘の元主治医 K N 医師!!
私と娘に謝っていただきたい。
私はもとより、14才から人生を狂わされた娘に謝って頂きたい。

娘についた正しい処方・診断名。
現在26才になった娘のこと。
初診時14才の時の必要の無かった精神科受診してしまったこと。
それを除外診断しなかった主治医のこと。
娘には、
「君は、こういうところに来る人じゃない。病気といえるほどじゃない。」
と言いながら、私たち親には何も説明せず、学校の終わった時間に合わせた次の予約表を渡し、薬の処方もしていました。そして、どんどん薬が増えていきました。
どの薬で、どのような症状が造られ、やがて薬害による精神病が作られたこと。
その時の主治医の対応。
いづれホームページを新しくしますので、のちほど発表します。

そして、多剤併用が当たり前の公立病院と同じ敷地内の思春期親プログラムを仕切っていた K 大の M K 医師の腐りきった意見。etc.
「精神科セカンドオピニオン」の本が出て読売新聞の「医療ルネッサンス」で取り上げられて以来、やっと、家族会も少し目覚めたようです。
まだ、ぬるい。ぬるい。
私は、医者の実名を全てだし、やがては講演して回るつもりです。
K N 医師!! 首を洗って、まっていろ。
このままでは、世界中に犠牲者があふれて、駄目になってしまいます。
| 精神科医にプロはいない | 09:08 | comments(22) | trackbacks(0) |
| 1/4PAGES | >>