CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
乱造される心の病
乱造される心の病 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・レーン
RECOMMEND
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて
精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて (JUGEMレビュー »)
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち,笠 陽一郎
RECOMMEND
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス)
あなたの診察、録音しました。―精神科医との実況生中継! (ブログブックス) (JUGEMレビュー »)
優月 葵
精神科に何年も通って良くならなかったの診察を録音した人の本です。いかに診察がいい加減かの実態がわかります。
RECOMMEND
誤診だらけの精神医療
誤診だらけの精神医療 (JUGEMレビュー »)
西城 有朋
精神科医による現代の精神科医療の内幕がよく書かれています。お世話になった八木剛平先生のおおぞらクリニックの待合室にも置いてありました。福祉の方に貸しましたら、良くぞここまで書いてくれたと感心していました。もう一度読み返したいと思っています。
RECOMMEND
精神科医はいらない (角川文庫)
精神科医はいらない (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
下田 治美
自分が鬱になった体験談や色々な事例が紹介されています。精神科医の言いなりになっていたら治る病気も直らないと思います。
RECOMMEND
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか
普通に生きられない人たち 私たちは人格障害とどうつきあえばいいのか (JUGEMレビュー »)
磯部 潮
精神科医者の立場から、境界性人格障害の治療場面を書いています。これを読んで、いかに精神科医とのやり取りがくだらないかと痛感しました。境界性人格障害なんてありえないと思います。
RECOMMEND
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (JUGEMレビュー »)
レイ モイニハン,アラン カッセルズ
製薬会社が医者を洗脳して、薬を売るために病気が作られる現実です。昔は病気で無かった人も、今では病人として薬を飲まされています。精神科の場合は、深刻です。
RECOMMEND
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術
危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術 (JUGEMレビュー »)
矢幡 洋
アダルトチルドレン?幼児期のトラウマ?PTSD?心の問題をすべて過去や親のせいにする精神分析は、時として個人に深刻なダメージを与えます。精神分析的手法の誤謬性を明らかにしています。
離脱症状に苦しむ皆様へ −苦しみには終わりがあります−

離脱症状のお問い合わせを、時々いただくもので、久しぶりに投稿しました。

私は、来年の春で、断薬して10年になります。
服薬期間は、15年、多剤・大量処方で2週間ごとに、デポ剤の射ちっぱなしでした。
今のようなネットの情報が、全く無いころで、自分の勘だけを頼りに減薬をしたのですが、毎日が綱渡りのような孤独な戦いの日々でした。

どうにか、断薬したものの、待ち受けていたのは「娘の薬害」の事実でした。
娘を治す為に、自分の症状は横に置かなくてはなりませんでした。
ブログを更新していた頃は、娘をどうにか治さなければと、毎日が必死でした。
しかし、実際、離脱症状の苦しいものは苦しく、そうも、言っていられません。
今思うと、だからこそ、ここまでがんばれたのかと、思います。
ですが、苦しみながら判ったことは、離脱にしろ「苦しみ」には必ず終わりがあると言う事です。
自分を信じることです。
一人一人に与えられている自然治癒力は、神からの最大のギフトです。
病気にしろ、離脱症状にしろ、造った原因は精神科医にあったとしても、自分で治すほかありません。
自分の体が心地よいと感じるもの、自分の感性が信じられることをいろいろ試してください。

そして、精神疾患、離脱を含めて「苦しみの期間」は、一人一人、既に定められているように、今は、思います。
苦しみを通して、少しずつ心は耕され、成長し、新しい生き方にリセットするするプロセスのように思います。
「苦しみの期間」は、定められているとはいえ、その人の努力しだいで、短くも長くもなるのだと思います。

2014年が皆様にとって、明るい良い年であることを願っております。JUGEMテーマ:健康

| 薬害 | 11:23 | comments(3) | trackbacks(0) |
精神医療ダークサイド

内容紹介

警告!
これはフィクションではありません!
ブラック精神科医たちの衝撃の実態
・通院歴もないのに突然、精神科病院に拉致監禁
・薬漬けで廃人状態にして18年間の監禁生活を強要
・自殺願望に悩む患者に首つり自殺の方法を教える
・「性行為でイクかどうか」を問診して、治療方針を決定
・大量の薬物投与と電気ショックで26歳男性の言葉を失わせる
 
| - | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
早期介入の問題を考える会 意見交換会
JUGEMテーマ:健康

 
明日、早期介入の問題を考える会の意見交換会があります。
以下、早期介入の問題を考える会のページを引用します。
多くの方が参加されることを望みます。

**** 以下、引用 *****
私たちは子どもたちへの早期発見・早期介入に反対します  


2010年、精神保健医療改革の実現に向けた政策提言がされました。「こころの健康政策構想会議」と呼ばれる提言書は、自殺や精神疾患の弊害から国民を救済するには、国民全体の精神保健を充実させなければならないとうたっています。そして、心の変調について学校や地域の窓口で気軽に相談でき、熟慮した多職種の支援者チームが対応し、訪問も行うとまで言っています。特に若い人が罹患したときには、直ちに治療を開始してなるべく早く回復させることが国の損失を少なくすると提言しています。そして、ついには「こころの健康推進」を日本の基本政策にまでしようとしています。
  私たちはこの提言をそのまま受け入れてよいのでしょうか?


実際には、精神科の治療を開始して、薬をもらえばもらうほど、かえって本格的に具合が悪くなってしまうことが、とてもよくあります。その事実を、受診した本人も家族も、一部の謙虚な医療従事者たちも、多く経験してきています。何故でしょう? 「こころの健康政策構想会議」では、精神科の治療実績がこれほどまでに悲惨であるのは、「受診するのが遅かったためだ」と言います。本当でしょうか? 


  ところが、非常に早くに治療を受けた多くの子どもたちが、不適切な薬漬けなどによって、余計に深刻な苦しみから抜け出せなくなってきているのが実際です。


心の病気を早く見つける=早期発見


    その病気を早く治療する=早期介入


早期発見、早期介入すれば、本当に心の疾患が治り、提言書にある安心社会の実現がされるのでしょうか?


  こころの健康問題は、若年から始まることが多いのだからという理由で、学校教育の中でこころの健康のテーマを、より早いうちに取り上げようとしています。そうすれば、より早いうちに、子どもたちが不適切な薬漬けや介入にさらされていく、その危うさも高まります。 これまでの精神医療は、早く受診してよくなったという実績が、本当はとても少ないどころか、かえってこじらせることが多かったのが実際です。それなのに何故、「もっと早く、もっと気軽に受診しましょう」という国策を提言するのでしょう? これまでの精神医療の中身の過ちを、立ち止まって省みることなしに、何故かえって拡大しようとするのでしょう?


私たちは早期発見・早期介入の弊害から子供たちを守ろうと立ち上がりました。


早期介入の問題を考える会 意見交換会を開催します
被害に合われた方、もしかしたら誤診かもしれないと思われている方
この問題に関心のある方、その声を聞かせて下さい。
どなたでも参加できます。


○日 時 平成24年1月21日(土) 14:00〜16:30
○場 所 世田谷区北沢タウンホール 第一集会室
     世田谷区北沢2-8-18  http://kitazawatownhall.jp/map.html
○参加費 1,000円
○お申し込み 精神科早期介入の問題を考える会  事務局
        soukimondai@gmail.com
 氏名・所属・ご連絡先・お申し込みの動機など差し支えない範囲でご連絡ください。

| 薬害 | 11:40 | comments(3) | trackbacks(0) |
輪廻転生について
JUGEMテーマ:健康


「私の前世」の続きを書こうとしたのですが、霊のことを書き出すと、周りにワーッと集まってきます。
最近少しずつ霊感が戻ってきましたので、その日にもよるのですが、ワーッ、ゾゾ。シシッ。と来るので今日は止めました。
今日は、軽く輪廻転生について書きます。
人は、輪廻転生を何度も繰り返して、魂を成長させ、元々生まれてきた宇宙の根源・神の元に返り、「この世」の修行を卒業します。
人は、死ぬとまず、幽界に行きます。
ここに留まる年数、あるいは日数は、人それぞれでしょうが、幽界でこの世の思い執着を落とすと、その上の霊界に入ります。
こちらは、それぞれ、いくつもの階層があり、魂の修業により一つ一つ上がっていきます。
そして、自分の魂のレベルに合った階層に留まり、そこでは、類魂といって、自分と似たような思考、好みの集落に留まります。
ここでその中で特にカルマが強かったりした魂は、類魂の成長の足を引っ張る事になります。
そこで、類魂の中で話し合い、今度はどの魂が転生するかとなります。
その時に、その魂の成長のために、なにをテーマにするか、そのテーマを達成する為には、生まれる時代、民族、両親、性別はどうするかなど、皆で話し合い決めます。
類魂の中で、一番浄化の進み成長した魂が、守護霊となり、誕生から死ぬまで見守り、導き役として付き添います。
霊界では、魂は、今回の転生だけでなく、過去の全ての転生の人生を、スライドのように見ることが出来、過去の人生も、振り返り、深く反省します。
そして、今度こそと、「カルマの解消」などテーマを決め、決心して、転生を望むのですが、生まれる前に待合場につれていかれ、そこで、全ての記憶を消されます。
そして、転生し、生まれてきます。
しかし、消されてしまったそれまでの過去の転生での記憶は、すべて潜在意識に残っています。
例えば、子供が3歳でピアノの前に座ると、習った事も無いのに、両手でピアノを弾いたなどというのは、前世でかなりピアノを弾いていた方でしょう。
霊能力というのも、転生しても、潜在意識の中に残っていますので、今回の転生でも、自分で気がつかなくても、何かの拍子に突然目覚めるかもしれません。



この世、現世は、厳しく辛い修行の場ですから、過去に転生の多い方ほど、人生の経験が多いわけで、引き出しが多くなり、つまり、人として優しく、人の痛みがわかり、人格(霊格)が高くなります。



転生は、男にも生まれ、女にも生まれ、金持ちだった人生、貧乏だった人生、平凡な人生、貴族から奴隷まで、強い人間から、障害者まで一通りやります。
私は今回、精神医療被害、薬害を学ばせていただきました。
これは、今回の転生は、初めての経験だと思います。
私は、100年に一度程度転生しているようで、100年前は精神薬もなく、日本には精神病院はありましたっけ?
私は、こういった経験をする前は、精神病者に対して、世間で言う偏見を持っていました。
なにか、良くわからないけれど、怖い者。
私は、きちがいと言う言葉が大嫌いです。
本当の精神病者は、ほとんどいません。
ほとんどは、不要な薬による医原病です。
私がこの先、来世で、もしまだ精神病院・クリニックがあったら、まず、門はたたかないでしょう。そして、子供も不用意に連れて行きません。
今生で得た精神医療被害のこの記憶は、潜在意識にしっかり記憶され、魂に焼き付けて、あの世に帰り、報告しようと思います。

そして、来世で、わたしは精神の病に苦しむ当事者、そのご家族に出会ったら(来世では今生の記憶は消されておりますので)、その方達の苦しみやご苦労を知りもしないのに、不用意な言葉を決して口にしないと思います。

| スピリチュアル | 23:43 | comments(0) | trackbacks(1) |
私の前世
JUGEMテーマ:健康


人は、輪廻転生を繰り返しながら、魂を成長させ、やがて、生まれてきた神のもとというか、宇宙の源へ帰り、エネルギー体として溶け込み、輝きます。
私も、過去、何百何千回と、転生を繰り返したでしょう。
いまお世話になっている先生にしていただいたリーディングでは、私のひとつ前の転生では、江戸時代、女性で生まれ、生まれながらに高い霊能力を持ち、能力を使う事を母親が、ずっと止めていました。
母親は、そんな能力があると知れたら、世間から何を言われるかわからないと思い、娘を守る為に止めました。
21か22歳の時、これから霊能力を使おうと思っていたところで、私は、死んでしまいました。
その時の母が、今生の母でした。
この事を、私は、母が亡くなって8年目に、そして、断薬して7年目に知りました。
母と私は、そんなカルマがあり、私は、カルマ解消のために、今回は生まれてきました。



そして、私は、今回の転生で、こんどこそ、霊能力を使い使命を果たそうと生まれてきましたが、自分の霊能力を使う事を自分自身が恐れ、魂と感情との間に起こる葛藤が、いわゆる精神科で診断された神経症の症状でした。
そして、私は、以前にもブログで書きましたが、私の生まれた環境も、まったくスピリチュアルとは無縁で、母は、唯物論者で、私がずっと興味を持っていた魂のこととか、死んだ後の世界とか、そういうことを聞くと、「この科学の世の中に!」と、否定されました。
ですが、私はずっと、このスピリチュアルに興味を持ち続けましたが、この歳まで、まったく勉強の機会に恵まれませんでした。
これは、後に知人から聞いた話ですが、私は、1957年生まれですが、就学前に自閉症と診断され、専門機関を2箇所まわりましたが、知的障害がないので、特に異常無しで終わりました。当時はADDとか高機能広範性発達障害とか枠がなかったので、小学校、中学校と公立、高校・短大と私立に進みました。



今日は、ここまでにしておきます。

| アセンション | 22:37 | comments(0) | trackbacks(1) |
| 1/39PAGES | >>